【必見!】ANAマイルの賢い貯め方やANAマイルが貯まるおすすめのクレジットカードを紹介!

クレカ

ANAマイルで得するには、どのような貯め方が良いのでしょうか。ここでは、ANAマイルの基本情報、お得な貯め方、ANAマイレージクラブの紹介、ANAマイルが貯まる4つのクレジットカードを紹介します。

ANAマイルとは?ANAマイルの基本情報について

ANAマイルは、全日空空輸グループのマイレージサービスです。2018年の会員数は約3,360万人で、マイレージサービスで最も会員数が多いでしょう。

航空券の購入・ツアー予約はもちろん、ホテル・ショッピング・公共料金の支払いなどでマイルを貯められます。また、ポイントサイトやクレジットカード支払いを活用する「※陸マイラー」も登場し、飛行機に乗らなくてもANAマイルを貯めています。

※陸マイラー:ポイントサイト・クレジットカード支払いを活用し、飛行機へ乗らなくてもマイルを貯める

飛行機に乗らなくても貯められる「ANAマイルの基本情報」は、以下のとおり。

【ANAマイルの基本情報】

ANAマイルを貯めるフライト
国内線
国際線
提携航空会社の利用
国内ツアー
海外ツアー
ホテル
レンタカー
グルメ
遊び・体験
オプショナルツアー
オンラインツアー
ネットショップ
ANAのふるさと納税
ANAグルメマイル
ANA Payの利用
ANAの保険
ANAでんき
提携スーパー/コンビニ/ショッピングモールでの利用
ANAマイレージモバイルプラス(月額330円)
ANAマイルを使うANA国内線特典航空券
ANA国際線特典航空券
ANA国際線アップグレード特典
スターアライアンスアップグレード特典
ANASKYコイン
LCCのピーチポイント交換
ANA国際線超過手荷物料金の支払い
ホテル
レンタカー
グルメ
オプション
海外オプショナルツアー
オンラインツアー
ANAショッピング(A-style)
ANAセレクション(ワイン・家電・家具などへの交換)
ANAが伝える和の逸品 WA+YOSHOP
(江戸切子/モダンジュエリー/テーブルウェアなどの購入)
提携ポイント交換(スターバックス/iTunes/楽天Edyへのポイント交換)
ANASKYコイン(航空券/旅行券の支払い)

還元率の目安ANA航空券の購入
100円=1ポイント=1マイル~1.5マイル(カードによる)

ショッピング利用
100円~1,000円=1マイル~5マイル(カードによる)

ANAマイルは、さまざまなお店や商品に利用できて、カードでマイルを貯められるでしょう。

ANAマイルの貯め方とは?

ANAマイルの貯め方は、航空券の購入以外にも普段の生活で増やせます。主なANAマイルの貯め方は、以下のとおり。

  • オプショナル・オンラインツアーで貯める
  • ANA系・提携ホテルに宿泊
  • ネットショップを利用する(例:A-styleの場合、100円につき1マイル。ANAカード利用で3マイル)
  • ポイントサイトを利用(ANAマイル交換に必要なポイント数を要確認)
  • ANAマイルの貯まるカードを利用(ANA一般カードやANA To Me CARD PASMO JCBなど)

この中でおすすめなのが「ポイントサイト利用」と「ANAカードマイルプラスの活用」です。ポイントサイトは、無料でもポイントが貯められるため、ノーリスクでANAマイルを貯められるでしょう。

ANAカードマイルプラスを利用すると、カード会社ポイント+ANAマイルの2重取りもできます。例えば、1回5,000円のショッピングをすると、年数万~数十万マイルを獲得できます。

ANAマイレージクラブに入会してもっと便利に!

ANAマイレージクラブは、ANAマイルを貯められて、スターバックスやiTunesギフトコードなど提携ポイントに交換できます。

入会費や年会費も無料なので、すぐにANAマイレージクラブ生活をスタートできます。ANAマイレージクラブのアプリをダウンロードすると、プラスチック会員証の代わりやマイルの残高や有効期限も分かります。

さらに、アプリ+ANAStoreの利用で、ANAマイルとお店のポイントの2重取りも可能です。

ANAマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカード

ANAマイルを貯めるには、家賃や生活費などの固定費をANAカードで支払ってください。なぜなら、ANAカードで支払うとマイルが貯まるので、ポイントが貯まりやすくなります。

ここでは、ANAマイルの貯まる4つのおすすめクレジットカードを紹介します。

ANA VISA 一般カード

引用:ANA VISA 一般カード 公式サイト

ANAVISA一般カードは、1年目年会費無料のクレジットカードです。2年目以降も、年会費2,200円(税込)なので、保有しやすいでしょう。

200円ごとに1ポイントのVポイントが貯まり、ANAマイルへの交換ができます。入会・継続キャンペーンとして、以下の特典があります。

【ANA VISA 一般カードのボーナスマイル一覧】

■入会・継続した場合

1,000マイル

■ANAグループの飛行機搭乗時

基本マイレージ×座席のクラス・運賃倍率×10%のボーナスマイルを付与

■提携店での支払い

100円ごとに1マイル

■Edyチャージ+支払い

それぞれ200円ごとに1マイル

また、貯めたVポイントは、商品に交換できる「応募方式」と自動的にANAマイルに交換する「自動移行方式」の2種類があり、選択できるのもメリットです。

ANA VISA 一般カードの基本情報は、以下のとおり。

【ANAVISA一般カードの基本情報】

年会費2,200円(初年度無料)追加カードETCカード、家族カード
ポイント還元率0.50%~2.00%付帯保険海外旅行、国内旅行、ショッピング
貯まるポイントVポイント電子マネー機能iD、楽天Edy
交換可能マイルANAマイルスマホ決済Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ一般カード)

引用:ANA To Me CARD PASMO JCB 公式サイト

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ一般カード)は、To Me CARD PASMOとANAカードが合体したクレジットカードです。

ソラマチ一般カードの魅力は、主に3つのポイントが貯められることです。

■東京メトロを利用

メトロポイント

■JCB加盟店の利用

OkiDokiポイント

■ANAグループ便の利用

ANAマイル

また、メトロポイントとOkiDokiポイントは、ANAマイルへの交換ができます。ポイント還元率は、メトロポイント100ポイントにつき90ANAマイルです。

「普段から東京メトロで通勤している」や「JCB加盟店でのショッピングが多い」という人は、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ一般カード) を利用しましょう。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ一般カード) の基本情報は、以下のとおり。

【ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ一般カード)の基本情報】

年会費2,200円(初年度無料)追加カードETCカード、家族カード
ポイント還元率0.50%付帯保険海外旅行、国内旅行、ショッピング
貯まるポイントOki Dokiポイント電子マネー機能PASMO
交換可能マイルANAマイルスマホ決済Apple Pay、Google Pay

ANA JCBカード ZERO

引用:ANA JCBカード ZERO 公式サイト

ANA JCBカードZEROは、18歳以上29歳以下限定のクレジットカードです。5年間限定で年会費無料なので、長期的にお得な利用ができます。

ANA JCBカードZEROのポイントからマイルへの還元率は、以下のとおり。

■提携店での利用

100円ごとに1マイル

■ANAカードマイルプラス(指定商品と店舗あり)

100円ごとに1マイルor200円1マイル(Oki Dokiポイント交換によるANAマイルと別)

ショッピング利用で貯められる「Oki Dokiポイント」は、1ポイント5マイル換算で自動的にANAマイルへ交換できます。

【ANA JCBカードZEROの基本情報】

年会費無料追加カードETCカード
ポイント還元率0.50%付帯保険ショッピング
貯まるポイントOki Dokiポイント電子マネー機能
交換可能マイルANAマイルスマホ決済Apple Pay、Google Pay

ANA VISA Suicaカード

引用:ANA VISA Suicaカード 公式サイト

ANAVISASuicaカード は、ANAカードとSuicaが合体したクレジットカードです。ANA VISA 一般カードと同じで、入会&継続で1,000ボーナスマイルがもらえます。

ANAマイルのレートは、1ポイント=1マイルとお得です。また、貯めたVポイントは、ANAマイル以外のSuciaにも交換できます。

ANAVISASuicaカードの基本情報は、以下のとおり。

【ANA VISA Suicaカードの基本情報】

年会費2,200円(初年度無料)追加カードETCカード
ポイント還元率0.50%~2.00%付帯保険海外旅行、国内旅行、ショッピング
貯まるポイントVポイント電子マネー機能iD、Suica
交換可能マイルANAマイルスマホ決済Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ

まとめ

ANAマイルの貯め方とカードを解説しました。ANAマイルを貯めて、タダで旅行・出張したいなら「カード」+「ポイントサイトの活用」をしましょう。

スタンダードなカードを選ぶなら「ANAVISA一般カード」で、電車通勤をする人なら「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ一般カード) 」や「ANAVISASuicaカード」を選びましょう。年会費をかけられる人は、ANAマイルの貯まるゴールドカードもおすすめです。

そして、ポイントサイトの紹介や無料案件でポイントを貯めれば、大きな支払いをしなくてもANAマイルを貯められるでしょう。

普段の生活でカードとポイントサイトを併用し、お得にマイルを貯めてください。記事を参考にして、お得な飛行機の搭乗をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました