ドローンスクールとは?学校の詳細や利用するメリットについて徹底解説!!

ドローンスクールとは?学校の詳細や利用するメリットについて徹底解説!! ドローン
免責事項
情報の更新を心がけておりますが、最新情報と異なる可能性がございます。最新情報は各サイトにてご確認ください。このページはアフィリエイトにより収益を得る場合があります。広告を含む商品・サービスには「PR」と表示します。

今や多くの業界で導入拡大が進んでいるドローン、撮影だけでなく測定や運搬、農業における農薬散布など多くの利用方法が考えられております。

さらに利用拡大に伴って拡大している業界、それがドローンスクールです。

この記事ではドローンスクールとはいったいどのようなものか?利用することで得られる知識・技術やメリットなどについて詳しく解説いたします。

ドローンスクールの利用を検討されている方、是非この記事を参考にしていただければ幸いです。

ドローンスクールとは?

ドローン導入を検討されている企業担当者の方やプライベートで利用しようとしている方の中には、ドローンスクールへの参加を検討している方もいるのではないでしょうか?

スクールと聞くと、ドローンについて詳しく教えてくれる学校のようなイメージがありますが、実際にはどのようなものなのでしょうか?

結論、ドローンスクールとは、ドローン飛行についての技術や知識を教えてくれる学校です。

通うことで網羅的に知識や技術を習得できます。

ドローン操縦に向けひつような知識や技術を学べる学校

ドローンスクールは、ドローン操縦時に必要な知識と技術を教えてくれる学校です。

ドローン操縦において免許制度はありませんので、購入したら誰でもすぐに利用できるツールです。

しかしながら安全に飛行するためにはルールや機体構造、メンテナンス方法など多くの知識を習得する必要があり、さらに高い飛行技術を習得する必要があります。

特に飛行技術については独学で身に着けるのには限界があり、専門家によるサポートが必要となります。

その点、ドローンスクールではドローン操縦に必要となる知識と技術を網羅的に習得でき、その結果早期でドローン操縦者となれます。

より専門性の高いコースも有

また、より専門性の高いコースを準備しているスクールも出てきています。

例えばドローンによる農薬・肥料散布に関するコース、ドローンを使った測量に関するコース、ドローンによる荷物運搬コースなど、利用ニーズの高い業務に特化した内容を教えてくれます。

また最近では、大型地震発生時における家屋点検や、最近増加している太陽光パネルの点検業務など時代に合ったコースを準備するスクールまで出てきています。

このような業務に特化したコースを準備しているスクールはまだ見当たりませんが、今後多くの利用方法が確立する中、このような業務に特化したコースは増加していくことでしょう。

既にドローンの知識や技術は持っているが、具体的な業務に利用するエキスパートを目指す方には最適なコースといえるのではないでしょうか?

必要なカリキュラムの受講と試験で民間資格取得も可能

またドローンスクールによっては、卒業時に座学と実技の試験に合格することで民間資格を取得できます。

民間資格とは国土交通省の認可を受けた「管理団体」が運営するスクールで発行される資格、いわば国土交通省のお墨付きといえる資格です。

このような民間資格を取得することはドローン操縦士として就職や転職する際は有利ですし、企業側としてもドローン資格取得者数は業務における一つの優位性として示せますので、資格取得のためにスクール利用する方も増えてきています。

ドローンスクールならスカイファイトがおすすめ

スカイファイト
引用:スカイファイト

株式会社ドローンネットが運営する、スカイファイトでは『UAS LEVEL2』、国土交通省・管理団体認定の技能認定資格を取得できます。

スカイファイトでは、コース中に使用するドローンを全て無料レンタルできるので、ドローン購入費用がかからない点がメリットと言えます。

また、スクールのスケジュールは自由に組めるので好きな時間帯で講習可能です。

営業時間は11時~21時です。

スカイファイトで取得できる資格や証明書は、全部で3種類あります。

スカイファイトで取得できる資格・証明書
  • UAS Level.2 技能認証カード
  • UAS LEVEL2 技能認証(航空局飛行申請用)
  • 10時間飛行証明書

UAS LEVEL2の資格や飛行証明書を持っていると航空局への飛行許可申請が一部簡略化され、スムーズにドローンを飛ばすことができます。

スカイファイトでは、目的に合わせたコースを選択可能です。

認定資格の受講費用は、認定試験料5,000円とコース代が15万円~22万円(税込)です。

基本的な操縦技術から本格的な空撮テクニックまで身につくコースがあります。

スカイファイトが発行するUAS LEVEL2は、ライセンスの維持が必要なので月額980円が必要です。

基本コースでしたら費用をすべて合計しても、およそ16万円です。

ドローンスクールに通う5つのメリット

ドローンスクールに通うメリットはどのようなものがあるでしょうか?

一言で言えば、ドローンに関する必要事項を抜けもれなく習得できる点です。

具体的な5つのメリットについて詳しく解説します。

必要な知識を習得できる

1つ目は必要な知識を習得できる点です。

ドローン操縦には先にも説明した通り守るべき法規やドローンの基本的な構造、メンテナンスや操縦に必要な技術的知識など多くの点について理解する必要がありますが、これらをしっかり習得できます。

この説明だけだと独学でもできそう、と思われるかもしれませんが、スクールに通う最大のポイントは必要な知識について抜け漏れなく網羅的に習得できる点にあるでしょう。

素人の独学だとどうしても抜け漏れが発生してしまい、後で勉強しなおすなど非効率な状態になりがちです。

スクールはプロ講師があらかじめ計画されたカリキュラムに従い授業をおこなうため、効率的に必要な知識を習得できるのです。

ドローンに必要な知識を習得したいが勉強方法がわからない方や、何を勉強すればよいかわからない方には大きなメリットになる点ではないでしょうか?

プロの操縦技術を身に着けられる

2つ目はプロの操縦技術を身に着けられる点です。

ドローンを操縦するには多くのテクニックを身に着ける必要があり、その技量が高ければ高いほど、より技術の高いエンジニアとなります。

しかしながら独学で身に着けることはかなりハードルが高く、時間もかかることが想定されます。

その点、ドローンスクールではプロのドローン操縦が出来る講師から高い操縦技術を学べます。

また実機だけではなく、シミュレータによる授業などで繰り返し練習することで高い技術を定着させることも可能となります。

レベルの高い講師陣とシミュレータなどの機材を利用することで、より高度な操縦技術を身に着けられることはスクール利用の大きなメリットの一つといえるでしょう。

民間資格を取得できる

3つ目は民間資格を取得できる点です。

先にも述べた通り、スクールによっては座学と実技それぞれの試験に合格することで民間資格を取得できます。

民間資格とはいえ、国土交通省が認可した管理団体が発行する資格ですので、いわば国のお墨付きの資格であり、これを取得することは一人前のドローン技術者として認可を受けたことと同じといえます。

資格取得者はドローン技術者として就職時に優位に働くなど多くのメリットを享受できます。

許可、認可が取りやすい

4つ目は、飛行禁止区域での飛行許可・承認を受けやすい点です。

ドローンスクールに通い民間資格を取得していることで、ドローン技術者としての信頼性も高くなります。

これにより国の認可を取得しなくてはならないようなエリアでの飛行許可も取りやすくなり、これによる業務の幅も広げられます。

先ほどもお話ししたとおり、ドローン資格は国のお墨付きをもらったのと同じですので、これにより国の許可も取りやすくなるわけです。

許認可が取りやすいことは業務の幅を広げられることによる収入アップなど、大きなメリットとなるはずです。

卒業後のサポートが受けられる

最後は卒業後のサポートが受けられるケースです。

ドローンスクールによっては卒業後も引き続き講習受講やコミュニティ、関連会社の案件紹介など、多くのサポートをしてくれるケースがあります。

ドローン技術は年々進化していますし、また法律面では年々内容が変化してきています。

こういった変化に追随できるよう継続した講習サポートをしてくれることは大きなメリットといえるでしょう。

また卒業生同士のコミュニティも重要といえます。

同じ業界で働く者同士、情報交換できる場があることで仕事の幅を広げる、時には一緒に仕事をするなど、自身の業務の幅を広げるきっかけにもなるかもしれません。

まだまだ発展していく可能性のあるドローン業界ですから、少しでも多くのコミュニティをもてることもスクールに通うメリットの1つといえるでしょう。

ドローンスクールの選び方

多くのメリットを享受できるドローンスクールですが、どのようなスクールを選ぶべきなのでしょうか。

スクールで得られるメリットを踏まえ、ドローンスクールを選ぶポイントについて解説しましょう。

ポイントは、先に述べたドローンスクールに通うメリットをどれだけ享受できるのかという点です。

認可を受けたスクールは一定の基準に沿った授業内容となる為、その内容はどこも大きくは変わりません。しかしながらその中でも注意すべき5つのポイントがあります。

講師陣の人数とレベル

1つ目は講師陣の人数とレベルです。

特に講師1人あたりの生徒数は重要です。

生徒数に対し講師数が少ない場合、生徒1人あたりについて教える時間は短くなってしまうため、学べる内容は少なくなってしまいます。

目安として講師1人に対し生徒4名程度までが最適な人数といえるでしょう。

また、講師陣の実績や活躍している分野についても確認しましょう。当然業務実績が多いほうがよいのですが、活躍している分野によってその知識は異なります。

できればあなたが活躍したい業界で活躍している講師について勉強するほうが良いですので、その点についても事前に確認するとよいでしょう。

機材の充実さ

2つ目はスクールが持つ機材の充実さです。

スクール内で利用できる機材はスクールを選ぶうえで重要なポイントとなります。

例えば室内練習場をもつスクールであれば天候に左右されずいつでも練習可能です。

また貸出ドローンがあるスクールならドローンを持っていなくとも即時練習可能ということになりますので初心者には重要なポイントといえるでしょう。

またシミュレータを持っているスクールなどでは機材を利用せずとも多くの練習が出来る為、選択するうえで1つのポイントとなることでしょう。

機材の充実さはあなたの上達に直接影響するポイントの一つとなる為、スクール選択時において非常に重要なポイントとなるでしょう。

取得期間や予算

3つ目は資格取得までの期間と予算です。

資格取得を目指す方にとってこれは重要なポイントとの1つとなるでしょう。国土交通省のドローン飛行許可を取得するには最低10時間以上の飛行経験が必要です。

ドローンパイロットとして働く場合、この点を十分考慮した上でスクールを選びましょう。

また短期間で安価な業者には注意が必要です。中には座学のみで格安に資格取得できると説明する悪徳業者もあります。

この手の業者は後で実技は別費用とし最終的に高額な費用を請求されることもありますので、注意が必要です。

民間資格の「管理団体」が運営するスクール

4つ目は民間資格を取得できる「管理団体」が運営しているスクールを選ぶことです。

先にもご説明したとおり、国土交通省が認可している民間資格を取得するには認定管理団体が運営するスクールで規定された授業を受けた後、座学・実技双方の試験に合格する必要があります。

認定団体か否かは業者に確認する方法だけでなく国土交通省のホームページなどでも確認できますので、資格取得が目的の方は事前に確認し取得するようにしましょう。

また最近では地元の自動車学校なども認定団体になっているケースもありますので、安心と実績からこういった学校を選ぶことも一つのポイントといえるかもしれません。

卒業後のサービスが充実している

5つ目は、卒業後のサービスが充実している点です。

ドローンスクールで教えてくれる知識や技術はあくまでも初歩的なものであり、繰り返し利用することで継続的なレベルアップを図っていくことが必要となります。

また新たに出てくる技術や法規に対して対応していくことも重要といえます。

卒業後に追加講習やレベルアップに向けた追加講習を受けられることは、このような継続的なレベルアップにつながる大きなポイントといえますので、この点も非常に重要といえるでしょう。

まとめ:ドローンスクールをうまく利用し、ドローン資格を取得しよう!!

いかがだったでしょうか?

ドローンスクールはドローン飛行に必要な知識や技術を習得できるだけでなく、国土交通省が認可した民間資格を取得できる場所です。

特に資格取得は仕事の幅を大きく広げられることからドローンスクールに通う大きなメリットといえるでしょう。

皆さんもドローンスクールをうまく利用し、ドローンの民間資格を取得してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました