本当におすすめできる光回線10社を徹底解説!お得に申し込める窓口も紹介

光回線 おすすめ インターネット

光回線の検討を開始したら、できるだけ品質が高い回線を安く契約したいですよね。

結論からいうと、おすすめの光回線は利用中のスマホ契約会社によって以下のリストのように変わります。

今回は、スマホのキャリア別に見たイチオシの契約先を紹介しています。

また、選択する際に注目すべきポイントもわかりやすく解説しました。

この記事に目を通せば、これから選ぶべき光回線がわかるだけでなく、もっともお得な申込窓口もハッキリとわかりますよ!

  1. 【結論】光回線は使っているスマホのキャリアで選ぶべし!
  2. 光回線を選ぶ際に注目すべき4つのポイント
    1. セット割でスマホ代を節約できるか
    2. 実質料金の安さ
    3. 速度の速さ・安定性
    4. 乗り換えの場合、違約金を負担してくれるか
  3. スマホキャリアで選ぶ!おすすめの光回線10社を紹介
    1. ドコモ契約中なら「ドコモ光」が最適
    2. ソフトバンク利用者が選ぶべきは「NURO光」
    3. NURO光に対象外のエリアなら「ソフトバンク光」を選ぶ
    4. auユーザーなら「auひかり」がイチオシ
    5. auひかりがエリア外なら地方限定の「電力系光回線」を検討
    6. auひかり・電力系光回線がエリア外なら「So-net光プラス」を選択
    7. 格安スマホユーザーなら「NURO光」「auひかり」「So-net光プラス」の順でおすすめ
  4. 光回線を契約する際の3つの注意点
    1. 引越しシーズンは開通工事まで時間がかかりがち
    2. マンションの開通工事には大家さんの許可が必要
    3. ネット窓口以外から申し込むと損をする可能性がある
  5. 光回線を乗り換える際の3つの注意点
    1. 利用している光回線の解約費用に注意する
    2. プロバイダが変わるとメールアドレスが使えなくなる
    3. ひかり電話の番号が引き継げない可能性がある
  6. 工事なしでインターネットを使うなら「モバイル回線」
    1. 外出先でも使いたいなら「ポケット型WiFi」
    2. 工事不要で速度を求めるなら「ホームルーター」

【結論】光回線は使っているスマホのキャリアで選ぶべし!

光回線にはセット割というサービスがあり、利用すると毎月のスマホ月額料金が下がります

キャリアごとにセット割が適用できる光回線を以下にまとめました。

キャリアごとにセット割が適用できる光回線
    <auスマホ>
  • auひかり
  • So-net光プラス
  • コミュファ光
  • BBIQ
  • ピカラ光
  • eo光
  • メガ・エッグ
    <ドコモスマホ>
  • ドコモ光
    <ソフトバンクスマホ>
  • NURO光
  • ソフトバンク光

まずは各社の概要表をみてみましょう。

実質の月額料金
(2年間)
実質の月額料金
(3年間)
初期費用 セット割の種類
(キャリア・最大割引額)
平均速度 契約期間
戸建て マンション 戸建て マンション 事務手数料 工事費
ドコモ光 5,574円 4,254円 5,806円 4,486円 3,300円 19,800円(戸建て)
16,500円(マンション)
ドコモ光セット割
(ドコモ・1,100円)
253.34Mbps 2年
NURO光 4,013円 4,592円 3,300円 44,000円 おうち割 光セット
(ソフトバンク・1,100円)
480.18Mbps 3年
ソフトバンク光 5,966円 4,426円 6,067円 4,527円 3,300円3,300 26,400円 おうち割 光セット
(ソフトバンク・1,100円)
305.57Mbps 2年
auひかり 3,509円 2,193円 4,319円 3,039円 3,300円 41,750円(戸建て)
33,000円(マンション)
auスマートバリュー
(au・1,100円)
381.07Mbps 2年・3年
So-net光プラス 3,653円 2,494円 4,665円 3,488円 3,300円 26,400円 auスマートバリュー
(au・1,100円)
299.52Mbps 3年
コミュファ光 3,710円 2,594円 4,321円 3,173円 770円 27,500円 auスマートバリュー
(au・1,100円)
448.0Mbps 2年
BBIQ 4,126円 3,597円 4,658円 4,048円 880円 2,200円(平日)
5,500円(土日)
auスマートバリュー
(au・1,100円)
314.41Mbps 3年・5年
ピカラ光 4,252円 3,093円 4,631円 3,492円 0円 0円 auスマートバリュー
(au・1,100円)
344.7Mbps 2年・3年・5年
eo光 4,383円 3,653円 4,843円 3,832円 3,300円 0円 auスマートバリュー
(au・1,100円)
459.97Mbps 2年
メガ・エッグ 4,474円 3,374円 4,706円 3,606円 3,300円 38,500円 auスマートバリュー
(au・1,000円)1,100
355.66Mbps 3年
※価格は税込

※実測値は2020年5月~2021年8月までに「みんそく」が集計した平均値

2021年8月現在、最安で契約できるプロバイダを選んだ場合の実質料金です。

セット割は実質料金以外のスマホ料金から差し引かれますので、さらにお得に契約可能です

光回線を選ぶ際に注目すべき4つのポイント

光回線を選ぶ際は、リストアップした以下の4点が成功のカギを握ります。

それぞれの項目を深堀りして解説します。

セット割でスマホ代を節約できるか

セット割を活用できれば、月々のスマホ代が最大で1,100円差し引かれます。

家族も同じキャリアを使っている場合、回線の数だけ割引が上がるため大変お得です。

例として、4人家族の月額料金は以下のような計算式です。
※戸建て、家族4人がドコモ利用、1人あたりのスマホ代8,800円を想定

ドコモ光5,720円+スマホ料金8,800円×4-セット割1,100円×4=36,520円

従来のスマホ料金35,200円から、セット割で合計4,400円が差し引かれます。

ドコモユーザーの4人家族がドコモ光を選ぶと、事実上月額1,320円で光回線を利用可能です。

適用台数などの規約は各社で微妙に違いますので、表にまとめました。

光回線名 セット割名 割引額 最大適用人数 別居している家族の適用
ドコモ ドコモ光 ドコモ光セット割 最大1,100円 20回線 OK
ソフトバンク ・NURO光
・ソフトバンク光
おうち割 光セット 最大1,100円 10回線 OK
au ・auひかり
・So-net光プラス
・コミュファ光
・BBIQ
・ピカラ光
・eo光
・メガ・エッグ
auスマートバリュー 最大1,100円 10回線 50歳以上ならOK

セット割はあくまでもスマホ料金から差し引かれるものです。

光回線の明細表からは割引かれないため、請求書を見て慌てないようにしましょう。

実質料金の安さ

各HPを見ると月額料金が表示されていますが、重要なのは加算項目・減算項目をすべて含めた実質料金です。

計算方法は少し特殊ですが、以下の計算式で求めます。

月額料金×契約月数+初期費用(所定の工事費と手数料)-キャッシュバック・割引

これに有料オプションを追加した金額が実質料金です。

【結論】光回線は使っているスマホのキャリアで選ぶべし!」でご紹介した表には、契約可能な中で最安です。

速度の速さ・安定性

インターネットを快適に使うためのポイントが回線速度の速さと安定性です。

HPに表示されている最大1Gbpsなどの数字は理論値であり、実測値は遅くなります。

そのため、実測値を重視して速度を調べましょう。

当サイトでは「みんなのネット回線速度」で集計した平均速度を表に用いています。

Twitterなどで検索しても、実測値を調べることが可能です。

乗り換えの場合、違約金を負担してくれるか

光回線は2年・3年という単位で契約することが普通で、契約途中に解約すると違約金がかかります

その金額は数万円に及ぶことがありますので要注意です。

高額な違約金がかかる場合、「ソフトバンク光」のような違約金を肩代わりしてくれるプロバイダがベストです。

もしくは、更新月まで待ってから違約金ゼロで乗り換えることを検討することがおすすめです。

スマホキャリアで選ぶ!おすすめの光回線10社を紹介

この項目では、キャリア別に選ぶとお得な光回線10社を一挙にご紹介します!

各社の情報を深掘りして解説しましょう。

ドコモ契約中なら「ドコモ光」が最適

ドコモを利用しているなら、迷わずにこちらをチョイスしましょう。

どんなサービスを提供する事業者なのか一目で理解できるように、概要表をご用意しました。

戸建て マンション
エリア 全国
セット割 ドコモ光セット割
速度プラン 1ギガ
平均速度 253.34Mbps
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費 19,800円(無料) 16,500円(無料)
月額料金 5,720円 4,400円
キャッシュバック金額 20,000円
2年間の実質料金 133,780円 102,100円
2年間の実質月額 5,574円 4,254円
※すべて税込
※キャッシュバック金額はネットナビの場合

2021年8月時点でドコモのセット割を利用できるのはドコモ光以外にありません

ドコモのセット割は20回線まで適用できますので、月間最大20,000円を割引できますよ!

また、ドコモ光の申し込みは以下のイチオシポイントがある代理店の「ネットナビ」がおすすめです。

おすすめする理由
  • 最大20,000円のキャッシュバックを最短翌月もらえる
  • dポイントを最大で2,000ptもらえる
  • 開通前にモバイルWi-Fiを無料レンタルできる

金銭的なメリットだけではなく、Wi-Fiのレンタルも受けられます。

常にネット環境を維持できますから、テレワークなどにも悪影響が及びません。

ソフトバンク利用者が選ぶべきは「NURO光」

NURO光

大半の最大速度は1Gbpsが上限ですが、その2倍となる2Gbpsの超高速通信を楽しめます。

ソフトバンクスマホのセット割をサービスに組み込んでおり、SB愛用者との相性が良いです。

ただし、契約できるエリアは次の表の中だけに限られる点には注意しましょう。

戸建て マンション
エリア 北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県
栃木県、茨城県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、広島県、岡山県、福岡県、佐賀県
セット割 おうち割 光セット
速度プラン 2ギガ
平均速度 480.18Mbps
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費 44,000円(実質無料)
月額料金 5,200円
キャッシュバック金額 45,000円
2年間の実質料金 96,300円
2年間の実質月額 4,013円
※すべて税込
※キャッシュバック金額は公式特設サイトの場合

契約する際の窓口としては、公式特設サイトの利用をイチオシします。

その理由は以下のとおりです。

おすすめする理由
  • 45,000円のキャッシュバックを受け取れる
  • 基本工事費44,000円を実質無料にできる
  • リモート/訪問サポートを1回無料で受けられる

何といっても魅力的なのは45,000円という高額なキャッシュバックでしょう。

NURO光の基本工事費は44,000円ですが、それを実質無料にできるキャンペーンを実施中です。

また、面倒な初期設定をサポートにお任せできますので、機械が苦手な方も安心できます。

NURO光に対象外のエリアなら「ソフトバンク光」を選ぶ

ソフトバンク光_CB

前述したNURO光の対象エリア外にお住まいの方なら、「ソフトバンク光」をチョイスするとSBのセット割を適用できます。

ソフトバンク光はYモバイルスマホとのセット割も選べる光回線ですから、格安スマホをお使いの方にもおすすめです。

ソフトバンク光の概要も表にまとめています。

エリア 全国
セット割 おうち割 光セット
速度プラン 1ギガ
平均速度 305.57Mbps
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費 26,400円
月額料金 戸建て 5,720円
マンション 4,180円
キャッシュバック金額 37,000円
2年間の実質料金 戸建て 106,220円
マンション 143,180円
2年間の実質月額 戸建て 4,426円
マンション 5,966円
※すべて税込
※キャッシュバック金額はNEXTの場合

申込先の窓口としては、37,000円のキャッシュバックを受け取れる代理店NEXTがおすすめです。

STORYでは2種類の特典が用意されており、キャッシュバックの他にNintendo Switchのプレゼントを選ぶこともできますよ!

キャッシュバックの受け取り方は、ソフトバンク光開通後、NEXTの窓口に電話をし振込口座を伝えるだけなので簡単です。

最短2ヶ月間で振り込みが行われます。

auユーザーなら「auひかり」がイチオシ

auスマホとのセット割を適用できる光回線をお探しなら、独自回線で速度が安定しやすいauひかりをイチオシします。

原則として全国対応ですが、大阪府など関西と東海の11府県では契約できないため要注意です。

以下の概要表を使ってチェックしていきましょう。

戸建て マンション
エリア 関西と東海の11府県を除く全国
セット割 auスマートバリュー
速度プラン 1ギガ
平均速度 381.07Mbps
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費 41,750円(実質無料) 33,000円(実質無料)
月額料金 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
4,180円
キャッシュバック金額 60,000円
2年間の実質料金 84,210円 52,640円
2年間の実質月額 3,509円 2,193円
※すべて税込み
※キャッシュバック金額はフルコミットの場合

申込窓口としておすすめするのが「フルコミット」です。

キャッシュバックが60,000円と高額であることに加え、乗り換えの際にかかる解約金の負担も依頼できます。

auひかりがエリア外なら地方限定の「電力系光回線」を検討

上述したauひかりがエリア外という場合は、同じauスマートバリューを地用できる電力系光回線を利用しましょう。

電力系光回線とは、電力会社が東海・関西・九州などエリアを厳選してサービスを提供する光回線です。

具体的には、以下の表でご紹介する5つの回線を選択肢に加えましょう。

エリア 速度プラン 平均速度 初期費用(事務手数料・工事費) 月額料金(戸建て・マンション) キャッシュバック金額
コミュファ光 愛知県
岐阜県
三重県
静岡県
1ギガ
5ギガ
10ギガ
448.0Mbps 770円
26,500円
3,980円〜
3,380円〜
最大35,000円
BBIQ 福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
1ギガ 314.41Mbps 880円
2,200円(平日)
5,500円(土日)
4,070円〜
3,300円〜
30,000円
ピカラ光 徳島県
香川県
愛媛県
高知県
1ギガ 344.7Mbps 0円
0円
4,950円
3,740円
25,000円
eo光 大阪府
京都府
兵庫県
滋賀県
和歌山県
福井県
1ギガ 459.97Mbps 3,300円
0円
3,248円〜
3,326円〜
商品券10,000円 ※1
メガ・エッグ 岡山県
島根県
鳥取県
広島県
山口県
1ギガ 355.66Mbps 3,300円
38,500円
4,620円
3,520円
20,000円
※全回線auスマートバリュー適用可能
※すべて税込
※1 公式サイトの場合

こちらのキャンペーンは、eo光のみ公式サイトを経由して契約した際に受けられる特典です。

他の回線の特典はリンク先の代理店からの申し込みで適用されます。

地域に根付いたサービスを提供しているため、対象エリアにお住まいならお得に利用できますよ。

auひかり・電力系光回線がエリア外なら「So-net光プラス」を選択

so-net光プラス_キャッシュバック

どちらの光回線もサービス対象外だというauユーザーの方は、So-net光プラスを選ぶことがおすすめです。

こちらもauスマホとのセット割を利用できますので、概要をチェックしていきましょう。

戸建て マンション
エリア 全国
セット割 auスマートバリュー
速度プラン 1ギガ
平均速度 299.52Mbps
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費 26,400円
月額料金 6,138円 4,928円
キャッシュバック金額 最大70,000円
2年間の実質料金 87,674円 59,844円
2年間の実質月額 3,653円 2,494円
※すべて税込
※キャッシュバック金額は公式サイトの場合

契約時の窓口としては、So-net公式を選びましょう。

最大70,000円のキャッシュバックがもらえ、実質料金を抑えられます。

また、スムーズで快適な接続ができるv6プラスを無料で利用できる点もメリットです。

格安スマホユーザーなら「NURO光」「auひかり」「So-net光プラス」の順でおすすめ

格安スマホはセット割の割引額が低いため、セット割を除く月額料金の安さや速度の速さで選びましょう。

結論としてはNURO光auひかりSo-net光プラスの順でおすすめです。
※タップするとジャンプします

NURO光とauひかりは独自回線で提供されていること、So-net光プラスはv6プラス対応であることが速度が安定して速い理由です。

また、3社とも工事費実質無料・高額キャッシュバックのキャンペーンがあるため実質料金が大変安くなっていますよ。

先ほどもご紹介しましたが、NURO光とauひかりは対応エリアが限定されますので、契約を検討する前にエリアの確認を済ませましょう。

光回線を契約する際の3つの注意点

光回線を契約する際は、以下の3点に注意しましょう。

それぞれの項目を詳しくご紹介します。

引越しシーズンは開通工事まで時間がかかりがち

どの光回線だとしても、加入者が増加するピークは引越しシーズンです。

この時期に申し込みを行うと手続きが混み合い、開通工事までに時間がかかりがちです。

できれば時期を避けるべきですが、どうしても引越しシーズンに契約が必要なら、日程に余裕を持って申し込みを行いましょう。

光回線によっては、開通工事までポケットWi-Fiやホームルーターをレンタルしていますから、これらのサービスも上手に活用することがポイントです。

マンションの開通工事には大家さんの許可が必要

マンションの場合は勝手に工事ができないため、大家さんの許可を取る必要があります。

すでに開通済みの回線がある場合は、別途手続きが必要になる可能性もあるため、注意が必要です。

また、光回線設備を設置できるスペースや配管がない建物もあります。

光ケーブルを通せない場合は、物理的な問題で工事ができず、契約を断念せざるを得ません。

ネット窓口以外から申し込むと損をする可能性がある

家電量販店や営業の電話から光回線を申し込む方法もあります。

しかし、ここでご紹介したようなネット窓口ほどお得なキャンペーンが提供されていないため、おすすめできません。

ネット窓口以外で申し込むと、キャッシュバックが受け取れなかったり、不要なオプションを付けられたりして損をする可能性があるのです。

ネット代理店は人件費などがかからない分、キャンペーンに予算を回せます。

結果的にキャッシュバック金額が高額になったり、お得な特典があったりと、利用者に大きく還元してくれますよ。

光回線を乗り換える際の3つの注意点

続いて、光回線の乗り換えを行う際の注意点を3つご紹介します。

詳しくチェックしましょう。

利用している光回線の解約費用に注意する

光回線を解約する際は、以下の費用が発生する可能性があります。

  • 解約違約金:契約更新月以外に解約の場合
  • 工事費残債:工事費分割払い中に解約の場合
  • オプション解約金:オプションに加入しており、契約更新月以外に解約の場合

キャンペーンで工事費を実質無料にできても、残債の支払いを求められる場合があります。

特に「月額料金から工事費相当額を割引く」というシステムを採用している場合、残債の一括払いが必要です。

高額な違約金が必要だとわかったら、違約金を負担してくれるキャンペーンを実施する光回線に乗り換えましょう

もしくは、契約更新月や工事費の分割払い終了後に乗り換えるという選択もおすすめです。

プロバイダが変わるとメールアドレスが使えなくなる

プロバイダのメールアドレスを使っている場合、乗り換えた瞬間からメールを利用できなくなる可能性があります。

同じメールアドレスを使いたい場合は、以下の方法で継続を希望しましょう。

  • 有料で同じメールアドレスを保持する
  • 乗り換え先の光回線で同じプロバイダを選択する

光回線の種類によっては、プロバイダを自由に選択できないため要注意です。

事前に無料のメールアドレスに切り替えることをおすすめします。

ひかり電話の番号が引き継げない可能性がある

ひかり電話の番号は、基本的に次のプロバイダに引き継げません

例外として引き継げるケースは以下の2点です。

  • フレッツ光から光コラボへの転用
  • 光コラボから光コラボへの事業者変更

工事なしでインターネットを使うなら「モバイル回線」

工事ができない、したくないという人にはモバイル回線をおすすめします。

それぞれの概要を詳しくご紹介します。

外出先でも使いたいなら「ポケット型WiFi」

ポケット型WiFiは持ち運べるため、外出先でもネットを使いたい人におすすめです

大きく分けて「WiMAX」「クラウドSIM系ポケット型WiFi」の2種類があり、違いをまとめると以下のとおりです。

WiMAX 少しでも回線速度の速いWi-Fiを選びたい人におすすめ
クラウドSIM系ポケット型WiFi データ容量を選んで料金の無駄なく解約したい人におすすめ

ポケットWiFiでのおすすめするのであればまずは「GMOとくとくBB WiMAX」を検討しましょう。

30000円の高額キャッシュバックを独自の料金設定で、月間データ容量実質無制限のWiMAXを格安で利用できますよ。

【GMOとくとくBB WiMAX】
エリア 全国
セット割 auスマートバリュー mineギガMAX月割
平均速度
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代 0円
月額料金 〜2ヶ月目:3,969円
3ヶ月目以降:4,688円
キャッシュバック金額 30,000円
2年間の実質料金 88,843円
2年間の実質月額 3,554円
※すべて税込

工事不要で速度を求めるなら「ホームルーター」

自宅からネット接続する機会が多い場合は、工事不要でコンセントに挿すだけで使えるホームルーターを選びましょう

ホームルーターには大きく分けて「WiMAX」と「ソフトバンクエアー」の2種類がありますので、それぞれtokutyou

を比較します。

月間データ容量 速度制限条件 最大下り速度 平均下り速度
WiMAX 実質無制限 3日間で
10GB以上の利用
1.2Gbps 55.64Mbps
ソフトバンクエアー 完全無制限 なし 962Mbps 45.73Mbps

実測値を比較すると、平均速度ではWiMAXに軍配が上がっていますので、少しでも速い回線を求める方にはWiMAXがおすすめです。

ただし、無制限タイプでも3日で10GB以上の通信を行うと通信制限がかかることがWiMAXの難点といえます。

完全無制限でインターネットを楽しみたいという場合は、モバレコエアーからソフトバンクエアーの申し込みを行うとよいでしょう。

【モバレコエアー】
エリア 全国
セット割 おうち割 光セット
平均速度
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代 0円
月額料金 1ヶ月目:2,167円
〜23ヶ月目:3,679円
24ヶ月目以降:5,368円
キャッシュバック金額 17,000円
2年間の実質料金 71,572円
2年間の実質月額 2,982円
※すべて税込

光回線を選ぶ際に気になることといえば、通信の品質と月額料金の安さではないでしょうか。

光回線を安く利用するためには、それぞれの会社が取り入れているスマホとのセット割を上手に活用することがおすすめです。

結論として、スマホのキャリア別に見たおすすめの光回線をまとめます。

  • ドコモ:ドコモ光
  • ソフトバンク:NURO光、ソフトバンク光
  • au:auひかり、So-net光プラス

以上のプロバイダは地域によって契約できない場合がありますので、その場合はauとのセット割を適用できる電力系光回線の利用がおすすめです。

  • 東海地方:コミュファ光
  • 九州地方:BBIQ
  • 四国地方:ピカラ光
  • 関西、近畿地方:eo光
  • 中部地方:メガ・エッグ

工事ができないなどの問題で光回線の利用が不可能な場合は、ポケット型WiFiやホームルーターといったモバイル回線がおすすめです。

外出先でインターネットを利用することが多ければポケット型WiFi自宅で利用する機会が多い場合ホームルーターを選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました