【最新】インターネット回線を32社徹底比較!比較でわかった厳選おすすめはココ!選ぶポイントも解説

インターネット おすすめ インターネット

インターネット回線は大きく分けて光回線ポケット型WiFiホームルーターの3種類に分けられます。

3つのインターネット回線はそれぞれに特徴があり、適している回線が異なるため、メリットを知り自分にあった回線を見つけることが大切ですよ。

自分に合った回線の選び方ですが、結論からいうと光回線はスマホセット割を軸に、ポケット型WiFiはデータ利用量を軸に比較するのがおすすめ

ホームルーターについてはこれ!というおすすめがあるから記事内で紹介するね。

本記事ではそれぞれのインターネット回線を比較し、結果わかったおすすめを紹介しています。

比較結果は以下からチェックできるので確認してみてくださいね。

またそれぞれの回線では比較するときに大切なポイントもあるため、あわせて紹介します。

  1. インターネット回線は3種類!用途にあった回線を選ぼう
    1. 【光回線】高速通信で大容量のデータ通信をしたい場合におすすめ
    2. 【ポケット型WiFi】外出先でもインターネット通信がしたい場合におすすめ
    3. 【ホームルーター】開通工事なしで、自宅でインターネット通信を行いたい場合におすすめ
  2. インターネット回線を選ぶときに大切なポイント
    1. 実質料金を比較する
    2. 提供エリア内に入っているかチェック
    3. キャンペーン内容は充実しているか
    4. 実際の通信速度や速度制限をチェックする
  3. 【光回線】16社比較!おすすめの光回線はココ
    1. docomoユーザーなら「ドコモ光」がおすすめ
    2. auユーザーなら「auひかり」がおすすめ
    3. SoftBankまたは格安SIMユーザーなら「NURO光」がおすすめ
    4. 楽天モバイルユーザーなら「楽天ひかり」がおすすめ
    5. 【マンション】マンションで光回線を利用したい場合は物件の導入状況を確認しよう
  4. 【ポケット型WiFi】15社比較!おすすめのポケット型WiFiはココ
    1. 毎月のデータ量が決まっていない場合は「どこよりもWiFi」がおすすめ
    2. 【20GB】契約期間あり・なしどちらの場合も「ゼウスWiFi」がおすすめ
    3. 【50GB】契約期間あり・なしどちらの場合も「MONSTER MOBILE」がおすすめ
    4. 【100GB】契約期間あり・なしどちらの場合も「Mugen WiFi」がおすすめ
    5. 【速度重視】データ利用量実質無制限「Broad WiMAX」
  5. 【ホームルーター】厳選おすすめ3社はココ!
    1. 【価格重視】最安級の料金で利用できる「モバレコエアー」
    2. 【速度重視】通信速度が速く快適に利用できる「WiMAX」
  6. インターネット回線を申し込む手順を解説!
    1. 【光回線】光回線の申し込み〜開通までの手順
    2. 【ポケット型WiFi・ホームルーター】申し込み〜利用開始までの手順
  7. インターネット回線の比較についてよくある質問
    1. 契約期間の縛りがない場合本当にいつでも解約できるの?
    2. ポケット型WiFiは注意することはある?
    3. 光回線の開通工事は必ず必要なの?
  8. まとめ

インターネット回線は3種類!用途にあった回線を選ぼう

インターネット回線は大きく分けて光回線・ポケット型WiFi・ホームルーターの、3種類の回線に分けられます。

まずは自分の利用する環境と用途を考えて、適したインターネット回線を選ぶことが大切ですよ。

それぞれの特徴をまとめるとこんな感じ。

自分のライフスタイルにあったインターネット回線を選ぼう!

メリット デメリット その他特徴
光回線 ・安定した高速通信が可能
・通信制限がほとんどない
・初期費用が大きい
・利用開始まで時間がかかる
開通工事が必要
ポケット型WiFi ・持ち運びができる
・申し込んですぐ使える
・利用料金が安い場合が多い
・データ利用量に制限がある
・高速通信は難しい
開通工事不要
ホームルーター ・電源コンセントにさすだけで使える
・通信制限がほとんどない
・自宅でしか利用できない
・高速通信は難しい

それではそれぞれの回線の特徴と、適している人について解説してきますね。

【光回線】高速通信で大容量のデータ通信をしたい場合におすすめ

光回線は回線を自宅まで引き込んで使うインターネット回線のことで、物理的に回線を引き込むため安定した高速通信を使うことができます。

ポケット型WiFiやホームルーターだと電波を受信するタイプだから、安定性は光回線の方が優れていることになるよ。

光回線を利用するには開通工事が必要になり、工事費など初期費用も必要となることから利用料金が高めの傾向がありますが、高速通信を速度制限なくたっぷり利用できる点がメリットです。

メリットと注意点をまとめると以下のとおり。

メリット
  • 回線を引き込んで使うため、安定した高速通信ができる
  • 通信制限がほとんどなく、通信量を気にせず利用できる(通信量が定められているプランを除く)
注意点
  • 開通工事費が必要で初期費用が大きい
  • 工事が必要なため、利用開始まで時間がかかる

安定した高速通信が可能なことから、光回線はオンラインゲームをよくしたり、高画質の動画をたっぷり視聴したい場合におすすめですよ。

また光回線はスマートフォンとセットで申し込むとスマホ代が割引される「スマホセット割」というキャンペーンを開催しているところもあります。

光回線は所持スマホとのセット割がある回線を選ぶと、通信費全体が安くなってお得に利用できるためおすすめです。

スマホセット割を軸に比較したおすすめは「【光回線】16社比較!おすすめの光回線はココ」からチェックしてみてくださいね。

【ポケット型WiFi】外出先でもインターネット通信がしたい場合におすすめ

引用:Broad WiMAX

ポケット型WiFiは持ち運びできるWiFiルーターを利用するインターネット回線のことをいいます。

最大の特徴は持ち運び可能なため外出先でも利用できる点で、自宅や外出先など場所に縛られず利用したい場合に便利なことがメリットです。

また光回線と異なり開通工事は必要ないため、ポケット型WiFiを契約し、端末が届いたらすぐに利用できます。

ただポケット型WiFiには注意点があって、データ通信量に上限が決められているから、無制限にデータ通信は行えないんだよ。

ポケット型WiFiのメリットと注意点をまとめると以下のとおり。

メリット
  • 端末が持ち運びできるため外出先でも使える
  • 開通工事が不要で、端末が届けばすぐに利用できる
  • 利用料金が光回線と比べて安い場合が多い
注意点
  • データ利用量に制限があり、規定量に達すると通信制限がかかる
  • 電波を受信して利用するため、高速通信は難しい

またポケット型WiFiでは利用できるデータ容量が決まっているため、自分が利用したいデータ容量を把握してから実質料金で比較するとお得に利用できます。

データ容量別に比較した結果は「【ポケット型WiFi】15社比較!おすすめのポケット型WiFiはココ」の項目でチェックしてみてくださいね。

【ホームルーター】開通工事なしで、自宅でインターネット通信を行いたい場合におすすめ

引用:Broad WiMAX

ホームルーターは、自宅で電源コンセントに挿すだけで利用できるインターネット回線のことで、開通工事がいらず機器が届くだけで利用可能です。

持ち運びはできず自宅でのみ利用可能ですが、ポケット型WiFiに比べて電波がキャッチしやすく通信環境が良いことから、室内で利用するのに適しています

ホームルーターのメリットと注意点をまとめると以下のとおり。

メリット
  • 開通工事が不要で、電源コンセントにさすだけで使える
  • 通信制限がほとんどない
注意点
  • 持ち運びができないため、自宅でしか利用できない
  • 電波を受信して利用するため高速通信は難しい

またホームルーターの場合はおすすめ窓口があるため「【ホームルーター】厳選おすすめ3社はココ!」の項目でご紹介しますね。

インターネット回線を選ぶときに大切なポイント

インターネット回線の大まかな種類について解説しましたが、実際にインターネット回線を選ぶときに大切になるポイントをご紹介します。

どのインターネット回線を選ぶ時でも、共通してチェックしておきたいポイントがあるからみていこうね。

それでは一つずつみていきましょう。

実質料金を比較する

インターネット回線を比較する際、料金を比較することがもっとも重要ですが、単に月額料金だけ比較しても本当にお得かどうかは判断できません。

どの回線の場合でも月額料金の他に初期費用が必要ですし、回線ごとにキャッシュバックや割引など利用料金が安くなるキャンペーンも開催しています。

初期費用も割引もそれぞれ違うから、月額料金だけみていても比較が難しいね。

そのため回線をきちんと比較できるように「実質料金」を比較することが重要です。

実質料金とは必要になる費用とキャッシュバックをすべて考慮した金額のことで、実質料金を計算しておくことで本当にお得な回線がどこかわかりますよ。

なお本記事で回線を比較する際はすべて実質料金で比較しているのでチェックしてみてくださいね。

実質料金の算出方法

実質料金(実質月額料金)=(月額料金×契約月数+初期費用ーキャッシュバック・月額割引)÷契約月数

提供エリア内に入っているかチェック

インターネット回線には光回線、ポケット型WiFi、ホームルーターの種類がありますが、どの回線も提供エリアが定められているため、利用したいエリアで使えるかまず確認が必要です。

光回線の場合はフレッツ光と、フレッツ光の回線を利用している光コラボレーション回線の場合は全国で利用できます。

光回線の場合、フレッツ光と光コラボ回線が全国で利用できるから一番利用可能エリアが広いよ。

しかしauひかりやNURO光など独自回線で提供している光回線の場合は、提供エリアが限られているため注意が必要です。

またポケット型WiFiの場合は、ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアの端末はそれぞれのエリアで利用可能で、WiMAXの端末の場合はWiMAX 2+とau 4G LTEのエリアで利用可能です。

なおポケット型WiFiの中でもクラウドSIMタイプの端末は、ドコモ・au・ソフトバンクの3つのキャリアすべてで繋がるため、広い範囲で利用できますよ。

ホームルーターの場合もそれぞれの端末で決められた地域でのみ利用できるため、契約したいホームルーターは自宅で利用できるか必ず確認しましょう。

キャンペーン内容は充実しているか

インターネット回線では窓口ごとに様々なキャンペーンを開催しています。

他社インターネット回線から乗り換えた際の違約金を負担してくれるキャンペーンや、開通工事費を実質無料にしてくれるキャンペーン、キャッシュバック、割引など様々です。

すでにいずれかのインターネット回線を利用していて、乗り換え先を探しているなら乗り換え時の解約違約金を負担してくれるキャンペーンがおすすめですし、新規であればキャッシュバックなどお得に利用できるキャンペーンが適しています。

窓口ごとに多種多様なキャンペーンがあるため、自分が検討しているプランでは適用できるか、お得になるキャンペーンなのかどうかをチェックすることが大切ですよ。

実際の通信速度や速度制限をチェックする

インターネット回線にはぞれぞれ「最大通信速度」が決まっており、光回線の場合は1Gbpsがほとんどで、マンションプランや超高速プランなどによって100MBbps〜10Gbpsの間で最大通信速度が設定されています。

ポケット型WiFiやホームルーターでも端末ごとに最大通信速度が定められていますが、最大通信速度は技術上の最大値となり、実際に出る速度は異なるため、それぞれチェックすることが大切ですよ。

実際に出る速度については「みんなのネット回線速度」などで、実際に利用しているユーザーの通信速度がチェックできるため活用しましょう。

またポケット型WiFiの場合はデータ通信量が無制限ではなく、一定量のデータ通信を行うと速度制限がかかってしまいます。

例えばWiMAXの場合は3日間で15GB利用すると速度制限がかかるし、クラウドSIMタイプのポケット型WiFiだと月間で決められたデータ容量を超過すると速度制限がかかることが多くあるよ。

自分が利用するデータ容量を把握していないと、データ容量が足りず速度制限がかかってしまい利用が困難になってしまうため、速度制限の規定を事前にチェックしておきましょう。

【光回線】16社比較!おすすめの光回線はココ

光回線のおすすめですが、まずは光回線を選ぶ際はスマホとのセット割が適用できる光回線を選ぶと、スマホ料金が安くなるためお得に利用できます。

スマホセット割の適用で、スマホ料金が毎月最大1,100円割引されるため、通信費全体が安くなるためお得です。

光回線の場合スマホセット割がお得だから、持っているスマートフォンがどこの機種なのかを基準にして選ぶと良いよ!

また格安SIMのスマートフォンの場合、スマホセット割があっても割引額が少ないため、実質料金が安い光回線や、通信速度が速いなど快適性でで選ぶのがおすすめ。

ただし格安SIMスマホの中でも楽天モバイルだけは、楽天ひかりとのスマホセット割が月額料金が1年間無料になるというお得なセット割のため、楽天モバイルを利用している場合は楽天ひかりがもっともおすすめですよ。

では実際に主要な光回線16社を比較した表を見てみましょう。

光回線 実質月額料金
(3年間)
月額料金 キャッシュバック金額 スマホセット割 工事費実質無料 実測平均速度
(下り)
フレッツ光 6,885〜7,394円 5,830〜6,270円
19,800円
266.92Mbps
ドコモ光 5,806円 5,720円 20,000円 ドコモ 258.17Mbps
auひかり 4,319円 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
最大60,000円 au 394.43Mbps
ソフトバンク光 6,067円 5,720円 37,000円 ソフトバンク
乗り換え時のみ
306.55Mbps
NURO光 4,592円 5,200円 45,000円 ソフトバンク 498.87Mbps
So-net光プラス 4,943円 6,138円 最大60,000円 au 301.51Mbps
コミュファ光 5,015円 5,775円 最大40,000円 au 512.67Mbps
@nifty光 5,339円 5,720円 最大30,000円 au 204.86Mbps
DMM光 5,913円 5,302円 DMMモバイル 269.46Mbps
BBIQ 4,658円 2〜12ヶ月目:4,070円
13ヶ月目以降:5,170円
最大30,000円 au
QT mobile

平日2,200円
土日祝5,500円
336.67Mbps
OCN光 5,143円 5,610円 OCNモバイルONE 268.71Mbps
ビッグローブ光 5,586円 5,478円 最大39,000円 au
19,800円
263.34Mbps
楽天ひかり 5,671円 1年目:3,080円
2年目以降:5,280円
楽天モバイル
19,800円
189.21Mbps
eo光 4,704円 1年目:3,248円
2年目以降:5,448円
10,000円分商品券
現金5,000円
au 439.0Mbps
BB.excite光 Fit 4,742〜7,052円 3,520〜5,830円
19,800円
344.53Mbps
enひかり 5,720円 4,620円 UQ mobile
ahamo

16,500円
334.55Mbps

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

上記の比較結果を踏まえてわかった所持スマホ別でみたおすすめ光回線は以下のとおり。

ドコモ光と楽天ひかりはフレッツ光の回線を利用した光コラボ回線のため全国で利用できますが、auひかりとNURO光については独自回線で利用できるエリアが限られていることから、提供エリア外だった場合の選択肢も合わせてご紹介しています。

それではおすすめを一つずつみていきましょう。

docomoユーザーなら「ドコモ光」がおすすめ

ドコモのスマートフォンを利用している場合、スマホセット割のあるドコモ光がおすすめです。

ドコモのスマホセット割はドコモ光のみ適用できるから、ドコモユーザーはほぼ一択でドコモ光がおすすめになるよ!

まずはドコモ光の基本情報をみてみましょう。

ドコモ光
提供エリア 全国
月額料金 戸建て:5,720円
マンション:4,400円
契約期間 2年
実質月額料金(3年間) 戸建て:5,806円
マンション:4,486円
工事費 戸建て:19,800円
マンション:16,500円
※工事費無料キャンペーンあり
最大通信速度 1Gbps
平均通信速度(下り) 258.17Mbps
セット割 ドコモ
月額最大1,100円割引

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

ドコモ光はフレッツ光の回線を利用した光コラボレーション回線で、全国で利用できます。

ドコモ光を申し込む場合窓口が複数ありますが、最大20,000円のキャッシュバックが受け取れる「代理店ネットナビ」がお得でおすすめですよ。

また現在ドコモ光では開通工事費が無料になる「ドコモ光新規工事料無料特典」というキャンペーンを開催しています。

ドコモ光の開通工事無料キャンペーンは、他社光回線のように工事費相当額を月額で割引していく実質無料ではなく、完全無料になるキャンペーンです。

工事費相当額を割引するタイプの実質無料キャンペーンの場合は、割引期間中(契約期間中)に解約すると割引が終了し、残った工事費を一括で支払う必要がある場合がほとんど。

一方ドコモ光の工事費無料キャンペーンは実質無料ではなく完全無料になるキャンペーンのため、いつ解約しても工事費の残債は発生しません。

ドコモ光の工事費無料キャンペーンは不定期に期間限定で開催しているから、開催中に申し込むとお得に利用できるね。

お得なキャンペーンが開催中のドコモ光は、ドコモユーザーにおすすめの光回線ですよ。

auユーザーなら「auひかり」がおすすめ

auのスマートフォンを利用しているなら、auスマートバリューが適用できるauひかりがおすすめです。

スマホセット割であるauスマートバリューを適用すると、スマホ料金が月額最大1,100円も割引されますよ。

auひかりの基本情報は以下のとおり。

auひかり
提供エリア ・北海道
・東北(青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県)
・関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県)
・甲信越(新潟県、山梨県)
・北陸(石川県、富山県、福井県)
・中国(鳥取県、岡山県、島根県、広島県、山口県)
・四国(香川県、徳島県、愛媛県、高知県)
・九州(福岡県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、長崎県、鹿児島県)
月額料金 【戸建て】
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
ホーム1ギガ:ずっとギガ得プランの場合
【マンション】
4,180円
マンション タイプV・都市機構の場合
契約期間 戸建て:3年
マンション:2年
実質月額料金(3年間) 戸建て:4,319円
マンション:3,039円
工事費 戸建て:41,250円
マンション:33,000円
※工事費実質無料キャンペーンあり
最大通信速度 1Gbps
※一部の地域限定で10Gbpsのプランあり
平均通信速度(下り) 394.43Mbps
セット割 auスマートバリュー
月額最大1,100円割引

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

auひかりは複数の申し込み窓口がありますが、最大60,000円キャッシュバックが受け取れる「代理店フルコミット」から申し込むのがお得です。

フルコミットのキャッシュバックは、ひかり電話に加入することで60,000円のキャッシュバック、加入しない場合でも50,000円のキャッシュバックを受け取れます。

またauひかりは公式で開通工事費が実質無料になるキャンペーンを開催しており、対象になるプロバイダで申し込めば初期費用を抑えて契約可能ですよ。

auひかりは8社からプロバイダを選んで契約できるけど、選ぶプロバイダによっては工事費実質無料キャンペーンが適用できないから注意が必要だよ。

auひかりの工事費実質無料キャンペーンが適用できるプロバイダは以下のとおり。

auひかり工事費実質無料キャンペーン 対象プロバイダ

  • So-net
  • GMOとくとくBB(ひかり電話加入時のみ)
  • au one net
  • @T COM
  • DTI

また代理店フルコミットから申し込む場合、公式で開催されている乗り換えキャンペーンにさらに上乗せでキャッシュバックを受け取ることができます

乗り換えキャンペーンは他社からauひかりへ乗り換えた場合の解約違約金を最大30,000円キャッシュバックしてくれるキャンペーンで、フルコミットならさらに最大25,000円が上乗せキャッシュバック

乗り換えでもお得に利用できるため、auひかりを申し込む場合はフルコミットからの申し込みがおすすめですよ。

またauひかりは独自回線の光回線のため、一部地域は提供エリア外となり利用できません

auユーザーでauひかりがエリア外の場合は、光コラボ回線で全国で利用できる「So-net光プラス」がおすすめですよ。

auひかりがエリア外またはフレッツ光からの転用なら「So-net光プラス」

auのスマートフォンを利用していてauひかりが提供エリア外だった場合は、全国で利用できauスマートバリューも適用できるSo-net光プラスがおすすめです。

So-net光プラスは公式からの申し込みがもっともおすすめで、現在最大60,000円のキャッシュバックが受け取れるキャンペーンを開催しているのでお得に利用できますよ。

So-net光プラスの基本情報は以下のとおり。

So-net光プラス
提供エリア 全国
月額料金 戸建て:6,138円
マンション:4,928円
契約期間 3年
実質月額料金(3年間) 戸建て:4,943円
マンション:3,766円
工事費 26,400円
※工事費実質無料キャンペーンあり
最大通信速度 1Gbps
平均通信速度(下り) 301.51Mbps
セット割 auスマートバリュー
月額最大1,100円割引

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

またSo-net光プラスでは最大60,000円のキャッシュバックキャンペーンの他に、ライフスタイルにあった特典を受け取れるキャンペーンも実施しています。

公式窓口から申し込めるキャンペーンは以下のとおり。

  • 【光電話+光テレビ】光電話と光テレビが1年間無料+最大60,000円キャッシュバック
  • 【動画+ネット】U-NEXT申し込みで月額割引+最大60,000円キャッシュバック
  • 【ゲーム+ネット】PlayStation Nowが2年間無料+39,980円キャッシュバック

auユーザーでauひかりがエリア外だった場合は、ぜひSo-net光プラスをチェックしてみてくださいね。

SoftBankまたは格安SIMユーザーなら「NURO光」がおすすめ

引用:NURO光

ソフトバンクまたは格安SIMのスマートフォンを利用している場合、ソフトバンクスマホとのセット割が適用でき、かつキャッシュバックも大きいNURO光がおすすめです。

まずソフトバンクユーザーはスマホセット割が適用できるため、NURO光が第一におすすめとなります。

格安SIMスマホの場合はスマホセット割は適用できませんが、元々格安SIMスマホのセット割は割引の恩恵が少ないためセット割を基準にして申し込む必要はありません。

格安SIMスマホを利用しているなら、光回線は実質料金が安かったり、通信速度が速いなど安さや快適さを重視して選ぶのがおすすめだよ。

NURO光は最大通信速度2Gbpsと通信速度が速く45,000円のキャッシュバックも受け取れて実質料金も安いため格安SIMスマホユーザーにもおすすめできる光回線です。

NURO光の基本情報は以下のとおり。

NURO光
提供エリア ・北海道
・関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県)
・東海(愛知県、静岡県、岐阜県、三重県)
・関西(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県)
・中国(広島県・岡山県)
・九州(福岡県、佐賀県)
月額料金 戸建て:5,200円
マンション:2,090円〜
契約期間 3年
実質月額料金(3年間) 戸建て:4,592円
マンション:2,037円
工事費 44,000円
※工事費実質無料キャンペーンあり
最大通信速度 2Gbps
※一部の地域限定で6Gbps、10Gbps、20Gbpsのプランあり
平均通信速度(下り) 498.87Mbps
セット割 SoftBank
おうち割 光セット
月額最大1,100円割引

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

またNURO光は開通工事費が実質無料になるため、初期費用も抑えられます。

ただしNURO光は独自回線のため、一部の地域では提供エリア外となり利用できません。

もしソフトバンクユーザーでNURO光がエリア外だった場合は、スマホセット割が利用できる「ソフトバンク光」がおすすめです。

格安SIMのスマホを利用している場合は、キャッシュバック額が大きく、独自回線で通信速度も速い「auひかり」を検討すると良いでしょう。

  • 【SoftBankユーザー】NURO光がエリア外なら「ソフトバンク光」がおすすめ
  • 【格安SIMユーザー】NURO光がエリア外なら「auひかり」を検討しよう

【SoftBankユーザー】NURO光がエリア外なら「ソフトバンク光」がおすすめ

引用:NEXT

ソフトバンクユーザーでNURO光が提供エリア外だった場合はソフトバンク光がスマホセット割が適用でき、全国で使えるためおすすめです。

おすすめの申し込み窓口は代理店NEXTで、最大37,000円のキャッシュバックが受け取れるため(転用・事業者変更は15,000円)お得に利用できますよ。

ソフトバンク光の基本情報は以下のとおり。

ソフトバンク光
提供エリア 全国
月額料金 戸建て:5,720円
マンション:4,180円
契約期間 2年
実質月額料金(3年間) 戸建て:6,067円
マンション:4,527円
工事費 26,400円
※他社から乗り換え時のみ、工事費実質無料キャンペーンあり
最大通信速度 1Gbps
※一部の地域限定で10Gbpsのプランあり
平均通信速度(下り) 306.55Mbps
セット割 SoftBank
おうち割 光セット
月額最大1,100円割引

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

またソフトバンク光は他社インターネット回線から乗り換えした場合に、開通工事費が実質無料になるキャンペーンを実施しています。

新規申し込みの場合は利用できませんが、乗り換えを希望している場合には嬉しいキャンペーンですね。

代理店NEXTは、37,000円のキャッシュバックだけじゃなく、プレゼントキャンペーンも開催しているからチェックしてみようね。

代理店NEXTで開催しているキャンペーンは特典A・B・Cの3つあります。

  • 特典A:最大37,000円キャッシュバック
  • 特典B:【新規申し込み限定】32,000円キャッシュバック+高速無線ルータープレゼント
  • 特典C:【数量限定】Nintendo Switch+ニンテンドープリペイドカード5,000円分プレゼント

高速無線ルーターやゲーム機がプレゼントされる特典もあるため、元々キャッシュバックで購入を検討していた場合などにはおすすめですよ。

【格安SIMユーザー】NURO光がエリア外なら「auひかり」を検討しよう

格安SIMスマホを利用していてNURO光が提供エリア外だった場合は、auひかりキャッシュバックも大きく、通信速度も独自回線で速いためおすすめです。

auひかりは代理店フルコミットから申し込むと最大60,000円のキャッシュバックが受け取れるため、戸建てプランを3年間利用した場合の実質月額料金は4,319円と安く利用できます。

ただし、auひかりもNURO光と同じく独自回線で提供している光回線のため、関西地域や東海地域では利用することができません。

独自回線の光回線は、フレッツ光回線と比較して利用者が少ないから混雑しづらくて速度が速いメリットがあるけど、全国どこでも利用できるわけではないんだよね。

そのためNURO光もauひかりも提供エリア外だった場合は、全国で利用できる光コラボ回線であるSo-net光プラス」が、最大60,000円のキャッシュバックが受け取れるためおすすめですよ。

楽天モバイルユーザーなら「楽天ひかり」がおすすめ

格安SIMスマホの中でも楽天モバイルを利用している場合は楽天ひかりがもっともおすすめです。

格安SIMスマホの場合、スマホセット割があっても月額数百円の割引が多く、光回線をセット割で選ぶメリットは少ないことが多くありますが、楽天モバイルの場合は異なります。

楽天モバイル×楽天ひかりのスマホセット割を適用すると、楽天ひかりの月額料金が1年間無料となるため、とてもお得に利用が可能です。

楽天ひかりの基本情報は以下のとおり。

楽天ひかり
提供エリア 全国
月額料金 【戸建て】
1年目:3,080円
2年目以降:5,280円
【マンション】
1年目:1,980円
2年目以降:4,180円
契約期間 3年
実質月額料金(3年間) 戸建て:5,671円
マンション:4,479円
工事費 戸建て:19,800円
マンション:16,500円
最大通信速度 1Gbps
平均通信速度(下り) 189.21Mbps
セット割 楽天モバイル
月額料金が最大1年間無料

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

1年間の無料期間が終わると通常料金がかかりますが、それでも無料期間を加味すると実質月額料金は3年間利用した場合5,671円と安く利用できますよ。

また楽天ひかりは光コラボレーション回線で全国で利用できるのも嬉しいポイントですね。

【マンション】マンションで光回線を利用したい場合は物件の導入状況を確認しよう

マンションで光回線を利用したい場合は、マンションに光回線が導入されているか否かで対応が変わってきます。

マンションの場合導入有無・導入可否がマンションの管理者(大家さんや管理会社)次第になるから、個人でどうにかすることはできないんだよ。

マンションに既に光回線が導入されている場合はそのまま利用できますが、導入されていない場合は導入可能かどうか、どの回線が導入できるかを大家さんまたは管理会社へ確認が必要です。

もし導入不可だった場合は戸建てプランを個別契約することが可能な場合もありますが、その場合も許可が必要になるので覚えておきましょう。

また建物状況によっては戸建てプランの導入自体不可の場合もあります。

光回線の導入が困難な場合はポケット型WiFiまたはホームルーターの導入を検討するのがおすすめです。

【ポケット型WiFi】15社比較!おすすめのポケット型WiFiはココ

引用:Broad WiMAX

ポケット型WiFiは端末がコンパクトで持ち運びが可能なため、場所を選ばないインターネット回線としておすすめです。

開通工事も不要だから、すぐに使えるのもメリットのひとつだね。

しかしポケット型WiFiは利用できるデータ容量が定められていて、データ容量を無制限に利用できるプランはありません

プランごとに月間または1日で利用できるデータ容量が定められていて、プランによって料金が大きく変化するため、自分に必要なプランを選ぶことが大切です。

実際に主要なポケット型WiFiを比較した結果、データ容量別のおすすめは以下のとおりとわかりました。

  • 毎月のデータ量が決まっていない場合は「どこよりもWiFi」がおすすめ
  • 【20GB】契約期間あり・なしどちらの場合も「ゼウスWiFi」がおすすめ
  • 【50GB】契約期間あり・なしどちらの場合も「MONSTER MOBILE」がおすすめ
  • 【100GB】契約期間あり・なしどちらの場合も「Mugen WiFi」がおすすめ
  • 【速度重視】データ利用量実質無制限「Broad WiMAX

実際にデータ容量別(プラン別)に比較した表は以下のとおり。

ポケット型WiFi データ容量
(月間)
契約期間 実質月額料金
(2年間)
月額料金 実測平均速度
(下り)
THE WiFi 100GB 2年間 3,304円 1〜4ヶ月目:0円
5ヶ月目以降:3,828円
11.45Mbps
Mugen WiFi 100GB 2年間 3,310円 3,718円 11.14Mbps
縛りなしオプション 3,970円 4,378円
ゼウスWiFi 20GB 2年間 2,166円 1〜3ヶ月目:980円
4ヶ月目以降:2,178円
15.15Mbps
2,750円 2,618円
40GB 2年間 2,928円 1〜3ヶ月目:1,680円
4ヶ月目以降:2,948円
3,410円 3,278円
100GB 2年間 3,894円 1〜3ヶ月目:3,278円
4ヶ月目以降:3,828円
4,840円 4,708円
MONSTER
MOBILE
20GB 1年間 2,222円 2,090円 21.36Mbps
2,772円 2,640円
50GB 1年間 2,772円 2,640円
3,322円 3,190円
100GB 1年間 3,520円 3,388円
4,070円 3,938円
どこよりもWiFi 〜20GB 2年間 2,032円
(20GB利用時)
1,900円 15.79Mbps
2,532円
(20GB利用時)
2,400円
〜50GB 2年間 3,032円
(50GB利用時)
2,900円
3,532円
(50GB利用時)
3,400円
〜100GB 2年間 3,532円
(100GB利用時)
3,400円
4,032円
(100GB利用時)
3,900円
縛りなしWiFi 40GB 3年間 3,058円 2,926円 33.24Mbps
1年間 3,322円 3,190円
3,498円 3,366円
50GB 3年間 3,157円 3,025円
1年間 3,410円 3,278円
3,707円 3,575円
60GB
(2GB/日)
3年間 3,212円 3,080円
1年間 3,432円 3,300円
3,762円 3,630円
100GB
(10GB/3日)
3年間 4,092円 3,960円
1年間 4,510円 4,378円
4,862円 4,730円
AiR-WiFi 100GB 1年間 3,410円 3,278円 21.55Mbps
3,740円 3,608円
Ex Wi-Fi 50GB 2年間 3,080円 2,948円
100GB 2年間 3,850円 3,278円
hi-ho Let’s Wi-Fi 120GB
(4GB/日)
2年間 3,300 1〜23ヶ月目:3,278円
24ヶ月目以降:3,828円
26.39Mbps
210GB
(7GB/日)
2年間 4,033 1〜11ヶ月目:3,278円
12ヶ月目以降:4,730円
クラウドWiFi 100GB 3,850円 3,718円 19.12Mbps
Broad WiMAX 150GB
(15GB/3日)
3年間 4,290円 利用開始月:2,090円の日割り
1〜2ヶ月目:2,090円
3〜36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目以降:4,708円
56.39Mbps
GMOとくとくBB
WiMAX
150GB
(15GB/3日)
3年間 4,290円 1〜24ヶ月目:4,158円
25ヶ月目以降:4,708円
BIGLOBE WiMAX 150GB
(15GB/3日)
1年間 4,811円 1〜24ヶ月目:4,378円
25ヶ月目以降:4,928円
UQ WiMAX 150GB
(15GB/3日)
2年間 4,871円 1〜24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,818円
縛られないWiFi 100GB
(10GB/3日)
1年間 4,422円 4,290円 32.05Mbps
4,752円 4,620円

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

それでは実際におすすめのポケット型WiFiを、データ容量別にチェックしていきましょう。

  • 毎月のデータ量が決まっていない場合は「どこよりもWiFi」がおすすめ
  • 【20GB】契約期間あり・なしどちらの場合も「ゼウスWiFi」がおすすめ
  • 【50GB】契約期間あり・なしどちらの場合も「MONSTER MOBILE」がおすすめ
  • 【100GB】契約期間あり・なしどちらの場合も「Mugen WiFi」がおすすめ
  • 【速度重視】データ利用量実質無制限「Broad WiMAX

毎月のデータ量が決まっていない場合は「どこよりもWiFi」がおすすめ

ポケット型WiFiはデータ容量を基準にして決めるべきと解説していますが、毎月のデータ容量が一定ではない場合もありますよね。

毎月のデータ容量が大きく変わる場合は、利用データ容量で月額料金が変化するどこよりもWiFiがおすすめです。

どこよりもWiFiは最小で5GBから利用可能で、利用したデータ量に応じて料金が決まるためデータ量が変動する方はチェックしておきましょう。

どこよりもWiFiの基本情報は以下のとおり。

どこよりもWiFi
月額料金 〜20GB:1,900円
〜50GB:2,900円
〜100GB:3,400円
※2年間の契約期間がある場合
月間データ容量 5〜100GB
契約期間 3年間、縛りなし
契約事務手数料 3,300円
解約金 10,450円
実質月額料金(2年間) 〜20GB:2,032円
〜50GB:3,032円
〜100GB:3,532円
※2年間の契約期間がある場合

※すべて税込価格

どこよりもWiFiは使ったデータ容量分の月額料金になるから、利用量が少なかった月は安く抑えることができるよ。

また使った分だけどんどん高額になっていくわけではなく、上限が月間100GBまでと定められているため、利用料金が高額になりすぎてしまう心配もありません

さらにどこよりもWiFiはお得に利用できる「2年契約プラン」といつでも解約できる「契約期間なしプラン」を選ぶことができるのも魅力のひとつ。

使いたい分だけ使ってぴったりの料金で利用でき、さらにライフスタイルに合わせて契約期間の有無も選択できるため、柔軟な利用が可能なポケット型WiFiですよ。

【20GB】契約期間あり・なしどちらの場合も「ゼウスWiFi」がおすすめ

引用:ゼウスWiFi

データ利用量が月間20GBで足りる場合は、契約期間有り・なしどちらでも最安級のゼウスWiFiがおすすめです。

ゼウスWiFiは現在「ZEUS Wキャンペーン」を開催していて、契約期間のあるプランの月額料金が割引になったり、毎月データ量がプレゼントされるなどお得に利用できますよ。

ゼウスWiFiの基本情報は以下のとおり。

ゼウスWiFi
月額料金 【2年間の契約期間がある場合】
1〜3ヶ月目:980円
4ヶ月目以降:2,178円
【契約期間の縛りがない場合】
2,618円
月間データ容量 20GB
契約期間 2年間、縛りなし
契約事務手数料 3,300円
解約金 10,450円
実質月額料金(2年間) 【2年間の契約期間がある場合】
2,166円
【契約期間の縛りがない場合】
2,750円

※すべて税込価格

Wキャンペーンの月額料金割引は、契約期間があるプランのみ適用になりますが、月間20GBの場合3ヶ月目まで月額980円(税込)ととてもお得に利用できます。

引用:ゼウスWiFi

さらにGIGAボーナスという毎月データ容量がもらえる特典もあり、月間20GBのプランの場合毎月5GBが、月間40GBまたは100GBのプランなら毎月10GBが追加でもらえます。

GIGAボーナスは1年間継続して貰えるため、20GBプランの場合1年の間、月に25GB利用できることになりお得です。

引用:ゼウスWiFi

もし契約している容量で足りない月がある場合、ゼウスWiFiにはおかわりGIGAというサービスがあるため、2GB・5GB・10GBの好きな容量を追加することもできますよ。

引用:ゼウスWiFi

月間20GBでポケット型WiFiを利用したいなら、まずはゼウスWiFiをチェックしましょう。

【50GB】契約期間あり・なしどちらの場合も「MONSTER MOBILE」がおすすめ

月間50GB利用したい場合は、契約期間あり・なしどちらの場合も最安級のMONSTER MOBILEがおすすめです。

MONSTER MOBILEの基本情報は以下のとおり。

MONSTER MOBILE
月額料金 【1年間の契約期間がある場合】
2,640円
【契約期間の縛りがない場合】
3,190円
月間データ容量 50GB
契約期間 1年間、縛りなし
契約事務手数料 3,300円
解約金 12ヶ月以内:10,780円
13ヶ月以降:3,300円
実質月額料金(2年間) 【1年間の契約期間がある場合】
2,772円
【契約期間の縛りがない場合】
3,322円

※すべて税込価格

実質料金をみても分かるとおり、MONSTER MOBILEは月間50GBのプランでお得に利用することができ、契約期間の縛りがある場合もない場合も最安級です。

またMONSTER MOBILEはデータ容量が足りない場合に追加でチャージすることができるため、今月もう少しだけデータ容量が欲しいという場合に便利に利用できますよ。

チャージ容量 有効期限 料金(税込)
500MB 1日 225円
1GB 7日 330円
3GB 30日 665円
7GB 30日 979円
30GB 60日 3,450円

なおMONSTER MOBILEの契約期間があるプランは、縛りがあっても1年間のため他のポケット型WiFiと比較しても期間が短く、契約しやすいのが特徴です。

【100GB】契約期間あり・なしどちらの場合も「Mugen WiFi」がおすすめ

引用:Mugen WiFi

月間100GB利用したいならMugen WiFiがおすすめです。

Mugen WiFiは現在最大13,500円のキャッシュバックキャンペーンを開催していてお得に利用できますよ。

通常で申し込む場合は2年間の契約期間があり、契約期間の縛りをなくすオプション(月額660円)を追加することで契約期間なしで申し込むことが可能です。

契約期間の縛りがある場合もない場合も、Mugen WiFiがお得でおすすめだよ。

Mugen WiFiの基本情報は以下のとおり。

Mugen WiFi
月額料金 【2年間の契約期間がある場合】
3,718円
【契約期間の縛りがない場合】
4,378円
月間データ容量 100GB
契約期間 2年間、縛りなし
契約事務手数料 3,300円
解約金 1〜12ヶ月目:9,900円
13〜24ヶ月目:5,500円
25ヶ月目以降:0円
実質月額料金(2年間) 【2年間の契約期間がある場合】
3,310円
【契約期間の縛りがない場合】
3,970円

※すべて税込価格

引用:Mugen WiFi

Mugen WiFiのキャッシュバックの受け取りは、利用開始月を含む14ヶ月目の月内と23ヶ月目の月内の合計2回にわかれます。

申請用のメールが届き、申請メールを送信することでキャッシュバックの受け取りが可能ですが、13,500円のキャッシュバックを満額受け取るには23ヶ月は利用する必要があることは覚えておきましょう。

契約期間の縛りなしオプションを追加して、数ヶ月で解約する予定の場合はキャッシュバックが受け取れないから注意しようね。

またMugen WiFiは30日間お試しがあり、30日以内であれば全額返金してくれるため、ポケット型WiFiを試してみたい場合や、ちゃんと自分の使いたい場所で使えるか確認したい場合にもおすすめ。

引用:Mugen WiFi

ただしMugen WiFiの30日間お試しは契約期間の縛りがあるプランの場合のみ適用できる点に注意しましょう。

【速度重視】データ利用量実質無制限「Broad WiMAX」

引用:Broad WiMAX

ポケット型WiFiを速度重視で選ぶなら「WiMAX」がおすすめです。

WiMAXはUQ WiMAXが提供しているポケット型WiFiのことで、クラウドSIMタイプのポケット型WiFiと比較して速度が速いというメリットがあります。

2021年4月からWiMAX 5Gの提供が開始されて、5Gサービスの最大通信速度が2.2Gbpsの端末も使えて、さらに快適に利用できるようになったんだよ。

WiMAXはプロバイダが申し込み窓口として存在していて、窓口ごとに様々なキャンペーンを開催していますが、おすすめの窓口は「Broad WiMAXです。

Broad WiMAXから申し込むと、月額割引や他社から乗り換えた場合の解約違約金を最大19,000円キャッシュバックしてくれるなどお得に利用できますよ。

Broad WiMAXの基本情報は以下のとおり。

Broad WiMAX
月額料金 利用開始月:2,090円の日割り
1〜2ヶ月目:2,090円
3〜36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目以降:4,708円
月間データ容量 約150GB
(3日で15GB以上利用で速度制限)
端末代金 21,780円
契約期間 3年間
契約事務手数料 3,300円
解約金 12ヶ月以内:20,900円
13〜24ヶ月以内:15,400円
25ヶ月目以降:10,450円
主なキャンペーン ・他社乗り換え時の違約金最大19,000円キャッシュバック
・月額割引
・初期費用割引
・プラスエリアモード無料
実質月額料金(3年間) 4,290円

※すべて税込価格

WiMAXの窓口を比較するとBroad WiMAXと同じ実質料金になる窓口もありますが、乗り換えキャンペーンがあるなど快適に利用できるキャンペーンが開催されていることからBroad WiMAXをおすすめしています。

【ホームルーター】厳選おすすめ3社はココ!

引用:Broad WiMAX

インターネット回線を自宅で利用する予定で、かつ開通工事が困難な場合は「ホームルーター」がおすすめです。

ホームルーターは端末が届いたら電源コンセントにさすだけで利用できるため、マンションで光回線が導入できない場合や、開通工事の初期費用をおさえたい場合にも重宝します。

ただ自宅でのみ利用できるため、外出先でも利用したい場合は「ポケット型WiFi」の方がおすすめですよ。

自宅で使いたい場合はホームルーター、外出先でも使いたい場合はポケット型WiFiがおすすめ。

またホームルーターの選び方ですが、価格を重視するか速度を重視するかでおすすめが異なります。

  • 【価格重視】最安級の料金で利用できる「モバレコエアー
  • 【速度重視】通信速度が速く快適に利用できる「WiMAX
  • 契約期間に縛られずWiMAXを利用したいなら「縛られないWiFi

番外編として契約期間なしでホームルーターを使いたい場合のおすすめも紹介するのでチェックしてみてくださいね。

【価格重視】最安級の料金で利用できる「モバレコエアー」

価格を重視してホームルーターを利用したい場合は「モバレコエアー」がおすすめです。

モバレコエアーを申し込むだけで17,000円のキャッシュバックを受け取ることができ、また月額料金の割引もあるため最安級の料金で利用できます。

モバレコエアーの基本情報は以下のとおり。

モバレコエアー
月額料金 1〜2ヶ月目:2,167円
3〜24ヶ月目:3,679円
25ヶ月目以降:5,368円
端末代金 購入の場合割引で実質無料
レンタルの場合は月額539円
契約期間 2年間
契約事務手数料 3,300円
解約金 10,450円
主なキャンペーン ・17,000円キャッシュバック
・ソフトバンクスマホとのセット割適用可能
・SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン(他社違約金・撤去工事費還元)
・おうち割 光セットスタートキャンペーン(他社携帯解約違約金還元)
・U-25限定SoftBank Air 割引
実質月額料金(2年間) 3,078円

※すべて税込価格

モバレコエアーはソフトバンク株式会社とアライアンス契約を結んでいて、ソフトバンクエアーをソフトバンクの公式よりもお得に利用することができます。

通常は59,400円(税込)必要になる端末も、月額割引が適用されて実質無料で利用できるのも嬉しいポイントだね。

またソフトバンクで開催しているキャンペーンも併用できる点も魅力のひとつ。

適用できるソフトバンクのキャンペーン

  • SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン
    他社インターネット回線から乗り換えた場合の解約違約金・撤去工事費を還元
  • おうち割 光セットスタートキャンペーン
    他社携帯電話から乗り換えた場合の、解約違約金を還元
  • U-25限定SoftBank Air 割引
    25歳以下なら月額割引

お得にホームルーターを利用したい場合にはモバレコエアーをまずチェックしてみてくださいね。

【速度重視】通信速度が速く快適に利用できる「WiMAX」

引用:Broad WiMAX

通信速度を重視するなら、WiMAXのホームルーターが通信速度が早いためおすすめです。

申し込み窓口はポケット型WiFiの場合と同じくBroad WiMAXがおすすめ。

Broad WiMAX
月額料金 利用開始月:2,090円の日割り
1〜2ヶ月目:2,090円
3〜36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目以降:4,708円
端末代金 21,780円
契約期間 3年間
契約事務手数料 3,300円
解約金 12ヶ月以内:20,900円
13〜24ヶ月以内:15,400円
25ヶ月目以降:10,450円
主なキャンペーン ・他社乗り換え時の違約金最大19,000円キャッシュバック
・月額割引
・初期費用割引
・プラスエリアモード無料
実質月額料金(3年間) 4,290円

※すべて税込価格

WiMAXのホームルーター端末は5G対応で、最大通信速度が2.7Gbpsと高速通信が可能。

引用:Broad WiMAX

同時に接続できる機器も30台までと自宅でインターネット回線を利用するには十分な性能を備えています。

またBroad WiMAXでは月額割引が適用されるなど、ポケット型WiFiの場合と同様にお得に利用できるキャンペーンも開催されているためおすすめ。

契約期間に縛られずWiMAXを利用したいなら「縛られないWiFi」

ホームルーターは契約期間の縛りがある場合がほとんどですが、長期間利用するかわからない場合など契約期間に縛られたくない場合は「縛られないWiFiなら、契約期間なしで利用可能です。

縛られないWiFiではポケット型WiFiだけでなく、WiMAXのホームルーターもレンタルできるためおすすめ。

縛られないWiFiの基本情報は以下のとおり。

縛られないWiFi
月額料金 4,620円
端末代金 無料レンタル
契約期間 なし
契約事務手数料 3,300円
解約金 なし
実質月額料金(2年間) 4,752円

※すべて税込価格

実質月額料金も高くなく、契約期間の縛りがないことから解約違約金も発生しないためお得に利用できますよ。

縛られないWiFiは端末を無料でレンタルして利用できるから、端末代がかからないのも嬉しいポイントだね。

もちろんレンタルのため端末の返却は必要ですが、短期間の利用も可能で、申し込んだらすぐに利用でき解約金も発生しないためおすすめです。

契約期間に縛られず利用したい場合は、まず縛られないWiFiをチェックしてみてくださいね。

インターネット回線を申し込む手順を解説!

光回線、ポケット型WiFi、ホームルーターのそれぞれのおすすめ窓口を紹介してましたが、実際に申し込む場合の手順をご紹介します。

申し込み窓口によって細かい申請方法は変わりますが、一般的な申し込み方法を解説するので参考にしてみてくださいね。

【光回線】光回線の申し込み〜開通までの手順

光回線へ申し込む場合は、まず自分が希望する回線を選ぶところから始まります。

実際の申し込みの流れは以下のとおり。

1.希望する回線を選ぶ

まずは自分にあった回線を選びましょう。

光回線はスマホとのセット割で選ぶとお得に利用できるため「【光回線】16社比較!おすすめの光回線はココ」の項目で自分にあった回線を見つけてくださいね。

また利用したい回線の提供エリア内に入っているかどうかも、この段階でチェックしておきましょう。

2.転用・事業者変更の手続きを行う

光回線を申し込む場合、新規申し込みならそのまま申し込みが可能です。

フレッツ光からの転用、または光コラボ回線からの事業者変更の場合はそれぞれ承諾番号の準備が必要になるので用意しておきましょう。

3.窓口から申し込みを行う

お得なWeb窓口の申し込みフォームから、必要事項を入力して申し込みます。

担当者と工事日程などの打ち合わせを行い、手続きを進めましょう。

4.開通工事を行い、開通

工事が完了し、初期設定を行うとインターネットに接続できます。

5.キャッシュバック申請

多くの場合、キャッシュバックの申請ができるのは開通工事後です。

申請方法は窓口によってまったく異なるので、申し込む前にチェックしておきましょう。

電話口で口座番号を伝えるだけというタイプの窓口がもっとも簡単でおすすめですよ。

【転用の場合】転用承諾番号の取得方法

フレッツ光から乗り換える場合は「転用」となり、転用承諾番号の準備が必要です。

転用承諾番号はNTT東日本またはNTT西日本から番号を取得できるため、以下の連絡先から承諾番号を入手しておきましょう。

NTT東日本の場合

  • 電話:0120-140-202(受付時間 9:00〜17:00/土日・休日も受付)
  • Web:こちらのページから受付(受付時間 8:30〜22:00/土日・休日も受付)

NTT西日本の場合

  • 電話:0120-553-104(受付時間 9:00〜17:00/年末年始を除く/土日・休日も受付)
  • Web:こちらのページから受付(受付時間 7:00〜1:00/土日・休日も受付)

なお転用承諾番号には有効期限があり、発行から15日間が期限となるので注意しましょう。

【事業者変更の場合】事業者変更承諾番号の取得方法

光コラボレーション回線から乗り換えする場合は「事業者変更」となり、その場合は事業者変更承諾番号が必要になります。

事業者変更承諾番号は利用中の回線から番号を取得できるため、契約中の回線へ発行の手続きを行いましょう。

また以下のリンクからも光コラボ回線の一覧がチェックできるので参考にしてみてくださいね。

また事業者変更承諾番号の有効期限も、転用承諾番号と同じく発行から15日間となるので覚えておきましょう。

【ポケット型WiFi・ホームルーター】申し込み〜利用開始までの手順

ポケット型WiFiとホームルーターの場合、光回線とは異なり開通工事が必要ないため、申し込むとすぐに利用開始できます。

詳しい申し込みの流れは以下のとおり。

1.希望する回線を選ぶ

ポケット型WiFiなら利用できるデータ容量を目安に、ホームルーターなら価格を重視するか速度を重視するかで希望する回線を選びます。

2.窓口から申し込みを行う

お得なWeb窓口から、キャンペーンを適用して申し込みましょう。

3.端末を受け取り、利用開始

ポケット型WiFiとホームルーターは開通工事が不要なため、端末を受け取ったらすぐにインターネットが開通します。

4.キャッシュバック申請

キャンペーンがある場合、端末を受け取った後に申請手続きを行いましょう。

auスマートバリューなどセット割の申請もこのタイミングで行います。

またキャッシュバックが2回に分かれる場合などもあるため、事前に申請方法をチェックしておくことが大切ですよ。

インターネット回線の比較についてよくある質問

インターネット回線の比較についてよくある質問をまとめてみました。

それでは一つずつみていきましょう。

契約期間の縛りがない場合本当にいつでも解約できるの?

契約期間の縛りがないインターネット回線でも、ほとんどの場合1ヶ月の最低利用期間があります

1ヶ月利用した後に解約可能になることがほとんどですので、最低利用期間はチェックしておくといいですね。

また30日間お試しキャンペーンなどが開催されている場合、継続契約プランで適用可能となり契約期間の縛りがないプランで申し込むと適用されないため注意しましょう。

ポケット型WiFiは注意することはある?

ポケット型WiFiは端末がレンタルの場合がほとんどのため、利用終了後に端末の返却が必要になります。

端末返却の際、未返却になったり破損・紛失してしまった場合に機器損害金が発生するため注意が必要です。

破損や紛失してしまった時のために、端末保証オプション(有料)もあるため、不安な場合は申し込んでおくといいですね。

またポケット型WiFiの中には端末を贈与してくれる窓口も存在し、その場合は返却が不要になりますよ。

光回線の開通工事は必ず必要なの?

光回線は回線を物理的に自宅まで導入する必要があるため、新規契約の場合開通工事は必須です。

ただしすでにフレッツ光や光コラボ回線が導入されている場合(転用・事業者変更の場合)は、改めての開通工事は不要になりますよ。

マンションで光回線を利用したい場合、マンションに光回線が導入されているかいないかの確認が必要ですが、導入されていない場合導入が可能か、工事は可能なのか管理会社または大家さんに必ず確認しましょう。

もし開通工事が困難な場合は、ポケット型WiFiかホームルーターを検討するのがおすすめです。

まとめ

インターネット回線は大きく分けて光回線、ポケット型WiFi、ホームルーターの3種類があり、それぞれ特徴がありおすすめの回線が異なります。

メリット デメリット その他特徴
光回線 ・安定した高速通信が可能
・通信制限がほとんどない
・初期費用が大きい
・利用開始まで時間がかかる
開通工事が必要
ポケット型WiFi ・持ち運びができる
・申し込んですぐ使える
・利用料金が安い場合が多い
・データ利用量に制限がある
・高速通信は難しい
開通工事不要
ホームルーター ・電源コンセントにさすだけで使える
・通信制限がほとんどない
・自宅でしか利用できない
・高速通信は難しい

光回線は安定した高速通信を行いたい人ポケット型WiFiは外出先でもインターネット回線を利用したい人ホームルーターは開通工事なしで自宅でインターネット回線を利用したい人におすすめです。

また光回線を選ぶ際はスマートフォンとのセット割が適用できるとお得に利用できるため、スマホセット割の有無を基準に比較するのがおすすめ。

ポケット型WiFiは利用できるデータ容量がプランごとに設定されているため、利用したいデータ容量を基準に比較しましょう。

ホームルーターの場合は、価格を重視するか速度を重視するかでおすすめがあるため、以下からチェックしてみてくださいね。

またそれぞれ比較するときに大切なポイントもあるため、以下のポイントをチェックしてから比較することが大切です。

ライフスタイルにあったインターネット回線を見つけて、快適な通信環境を作りましょう。

タイトルとURLをコピーしました