【12社比較】ポケット型WiFiのレンタルはどこがおすすめ?レンタル期間別の選び方を解説!

ポケット型WiFi レンタル ポケット型WiFi

ポケット型WiFiのレンタルは開通工事不要で利用開始でき、1日単位でレンタルできるプランもあるため短期間の利用に便利なサービスです。

様々な会社から多くのプランが提供されているためどのプランを選べばいいか分かりづらいですが、ポケット型WiFiのレンタルを選ぶ場合は「レンタルしたい期間」を基準に選ぶのがおすすめ

ポケット型WiFiは、レンタルする期間によって費用が大きく変わってくるよ!

結論として、数日~1か月のレンタルなら「どんなときもWiFi for レンタル」がおすすめですよ!

【数日〜1ヶ月】のレンタルなら「どんなときもWiFi for レンタル」

1日330円(税込)〜と最安級!最小限の費用で利用できるポケット型WiFiレンタル。

  • 1日330円(税込)〜
  • 1日3GB/5GBからデータ容量を選べる
  • たっぷり使えるマンスリープランも

また1ヶ月単位の中期間利用したい場合は「データ容量別」でおすすめがあるため、自分の利用したいデータ容量に合わせて選んでみてくださいね。

1ヶ月単位で利用したい場合の「データ容量別」おすすめ

なおポケット型WiFiのレンタルを選ぶときのポイントや注意点も本記事でご紹介しています。

実際にレンタルして、返却するまでの流れも解説するのでぜひ参考にしてみてくださいね!

  1. 【12社比較】ポケット型WiFiのレンタルでおすすめはここ!レンタル期間別で紹介
    1. 【数日〜1ヶ月】のレンタルなら「どんなときもWiFi for レンタル」
    2. 【1ヶ月単位】で利用するなら「データ容量別で選ぶ」!
    3. 【最大180日まで】なら使うほどお得になる「DMMいろいろレンタル」
  2. ポケット型WiFiのレンタルを選ぶときのポイント4つ
    1. 適した期間でレンタルできるか
    2. データ容量は適しているか
    3. 希望する端末の利用可能エリアに入っているか
    4. 端末の受け取り・返却方法は問題ないか
  3. ポケット型WiFiのレンタルとは?3つのメリットをご紹介!
    1. 最小限の費用で利用できる
    2. 1日単位で利用できる
    3. 開通工事が不要ですぐに利用できる
  4. ポケット型WiFiレンタルの知っておきたい注意点4つ
    1. 長期間の利用は高額になってしまう
    2. 大容量のデータ通信には不向き
    3. レンタルのため端末を紛失・破損してしまうと違約金がかかる
    4. 端末の返却タイミングがプランによって異なる
  5. ポケット型WiFiをレンタルする手順を解説!
    1. 1.Webからレンタルの申し込みを行う
    2. 2.端末が届いたら利用開始
    3. 3.レンタル期間終了のタイミングで端末を返却
  6. ポケット型WiFiのレンタルに関するよくある質問
    1. 安心保証オプションは必要?
    2. 端末の返却が遅れてしまった場合はどうなるの?
    3. 支払い方法はどんなものがあるの?
  7. まとめ

【12社比較】ポケット型WiFiのレンタルでおすすめはここ!レンタル期間別で紹介

ポケット型WiFiのレンタルは「レンタルする期間」ごとに比較することが、お得に選ぶための重要なポイントです。

レンタルする期間を基準にポケット型WiFiレンタルの12社を比較した結果、おすすめは以下のとおりとなりました。

1ヶ月未満の期間利用するならどんなときもWiFi for レンタル」、1ヶ月単位の中期間利用したいならデータ容量別におすすめが異なるため、自分の使いたいデータ容量をチェックしてから選びましょう。

どれくらいの期間利用したいか、をまず基準にするといいのね。

また番外編として、最大180日までの利用の場合にお得になるDMMいろいろレンタル」もご紹介します。

ではまず実際に12社を比較した表をみてみましょう。

データ容量 2泊3日 6泊7日 13泊14日 30泊31日 その他費用
WiFiレンタル
どっとこむ

(E5785)
1日3GB 1,485円 3,465円 6,930円 7,425円 往復送料
1,100円
Wi-Fiレンタル屋さん
(WX05)
3日10GB 1,470円 3,430円 6,860円 7,350円 往復送料
1,100円
NETAGE
(FS030W)
1日3GB 1,260円 2,940円 5,880円 7,480円 往復送料
1,100円
どんなときもWiFi
for レンタル
1日3GB
(デイリータイプ)
990円 2,310円 4,620円 6,600円 往復送料
1,100円
1日3GB
(マンスリータイプ)
4,950円 往復送料
1,100円
DMM
いろいろレンタル

(W05)
3日10GB 4,430円 往復送料
1,100円
WiFi東京 1日3GB 1,320円 3,080円 3,850円 7,040円 往復送料
1,100円
ゼウスWiFi 月20GB 2,618円 契約事務手数料
3,300円
月40GB 3,278円
月100GB 4,708円
縛りなしWiFi 月40GB 3,366円 事務手数料
3,300円
月50GB 3,575円
月60GB 3,630円
(キャンペーン適用金額)
月100GB 3,960円
3日10GB
(WiMAX)
4,730円
クラウドWiFi 月100GB 3,718円 契約事務手数料
3,300円
MONSTER MOBILE 月20GB 2,640円 契約事務手数料
3,300円
月50GB 3,190円
月100GB 3,938円
Mugen WiFi 月100GB 4,378円 契約事務手数料
3,300円
どこよりもWiFi 月5GB利用時 1,400円 契約事務手数料
3,300円
月20GB利用時 2,400円
月50GB利用時 3,400円
月100GB利用時 3,900円

※すべて税込価格

それではおすすめのポケット型WiFiレンタル各社をみていきましょう。

【数日〜1ヶ月】のレンタルなら「どんなときもWiFi for レンタル」

ポケット型WiFiを1ヶ月までの期間でレンタルするなら「どんなときもWiFi for レンタルが最安級の費用で利用できるためおすすめです。

1日3GBまで利用できるデイリープランなら、2泊3日で990円の安さ(往復送料1,100円)で利用できますよ。

1日あたりの費用が最安級なのが「どんなときもWiFi for レンタル」だよ。

まずはどんなときもWiFi for レンタルの基本情報をみていきましょう。

どんなときもWiFi for レンタル
料金 デイリータイプ 【1日3GBプラン(3GB/日)】
1日330円
【大容量プラン(5GB/日)】
1日550円
マンスリータイプ
(16日以上利用する方向け)
【1日3GBプラン(3GB/日)】
30泊31日(1ヶ月):4,950円
32日以降:1日160円
【大容量プラン(5GB/日)】
30泊31日(1ヶ月):6,600円
32日以降:1日213円
データ容量 1日3GBプラン:3GB/日
大容量プラン:5GB/日
その他費用 往復送料 1,100円
オプション レンタル安心補償オプション
デイリータイプ:1日44円
マンスリータイプ:30泊31日(1ヶ月)440円
支払い方法 クレジットカード
最大通信速度(下り) 150Mbps
実測平均速度(下り) 19.7Mbps

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

どんなときもWiFi for レンタルは短期間の利用がお得。

デイリータイプだと、1日3GBプランでは330円/日、1日5GB利用できる大容量プランでは440円/日の安さで利用できますよ。

1日3GBあれば通常利用には問題ないデータ容量が使えるわよ。

たっぷり利用したい場合は1日5GB利用できる大容量プランを検討しましょう!

デイリータイプの利用料金は以下のとおりです。

デイリータイプの料金 1日3GBプラン 大容量プラン
(1日5GB)
2泊3日 990円 1,320円
6泊7日 2,310円 2,870円
13泊14日 4,620円 6,160円
30泊31日 6,600円 8,800円

※すべて税込価格

またどんなときもWiFi for レンタルは1日単位で利用できる「デイリータイプ」と、1ヶ月の上限金額が設定されている「マンスリータイプ」があります。

デイリータイプでは1日ごとに利用でき最小限の金額で利用できますが、15日間利用するとマンスリータイプの金額と同額になるため、16日以上利用するならマンスリータイプがお得です。

しかし1ヶ月単位でする予定がある場合は、どんなときもWiFi for レンタルよりもお得に利用できるプランがデータ容量別にあるため、どんなときもWiFi for レンタルは1ヶ月以内の短期間利用で検討するといいですよ。

15日以内までの利用なら「デイリータイプ」、16日以上利用するなら「マンスリータイプ」がおすすめ!

またどんなときもWiFi for レンタルではD1という端末を、端末代金無料でレンタルできます。

端末本体の他に、充電器など以下の必要な機材も同時にレンタルできるので安心ですね。

  • レンタルWiFi端末
  • USBケーブル
  • ACアダプター
  • 外箱
  • 操作ガイド

【1ヶ月単位】で利用するなら「データ容量別で選ぶ」!

ポケット型WiFiのレンタルを1ヶ月単位で利用したい場合、月間で利用できるデータ容量によって利用料金が大きく変化します。

そのため、自分がどれだけのデータ容量を利用したいか確認して、データ容量によって選ぶのがおすすめです。

どれだけのデータ容量が必要か、考えたことがなくてわからないなあ…。

適したデータ容量がわかるように、1GBでどれだけの通信ができるかを調査してみたわよ。

適したデータ容量ってどのくらい?ぴったりのプランを見つけよう!」の項目で解説しているからチェックしてみてね。

ポケット型WiFiのレンタル各社を比較した結果、データ容量別でみる1ヶ月単位で利用する場合のおすすめは以下のとおりと分かりました。

1ヶ月単位で利用したい場合の「データ容量別」おすすめ

なお各社1ヶ月の利用料金を比較したものは以下のとおりです。

データ容量 30泊31日 その他費用
WiFiレンタル
どっとこむ

(E5785)
1日3GB 7,425円 往復送料
1,100円
Wi-Fiレンタル屋さん
(WX05)
3日10GB 7,350円 往復送料
1,100円
NETAGE
(FS030W)
1日3GB 7,480円 往復送料
1,100円
どんなときもWiFi
for レンタル
1日3GB
(デイリータイプ)
6,600円 往復送料
1,100円
1日3GB
(マンスリータイプ)
4,950円 往復送料
1,100円
DMM
いろいろレンタル

(W05)
3日10GB 4,430円 往復送料
1,100円
WiFi東京 1日3GB 7,040円 往復送料
1,100円
ゼウスWiFi 月20GB 2,618円 契約事務手数料
3,300円
月40GB 3,278円
月100GB 4,708円
縛りなしWiFi 月40GB 3,366円 事務手数料
3,300円
月50GB 3,575円
月60GB 3,630円
(キャンペーン適用金額)
月100GB 3,960円
3日10GB
(WiMAX)
4,730円
クラウドWiFi 月100GB 3,718円 契約事務手数料
3,300円
MONSTER MOBILE 月20GB 2,640円 契約事務手数料
3,300円
月50GB 3,190円
月100GB 3,938円
Mugen WiFi 月100GB 4,378円 契約事務手数料
3,300円
どこよりもWiFi 月5GB利用時 1,400円 契約事務手数料
3,300円
月20GB利用時 2,400円
月50GB利用時 3,400円
月100GB利用時 3,900円

※すべて税込価格

それではデータ容量別のおすすめを一つずつみていきましょう。

月間のデータ容量が決まっていないなら「どこよりもWiFi」

月間で利用するデータ量が決まっておらず、毎月利用量が異なる場合は「どこよりもWiFi」がおすすめです。

どこよりもWiFiは「従量課金制」の月額料金を採用していて、利用したデータ容量に合わせて月額料金が決まるため、毎月最適な料金で利用できますよ。

ポケット型WiFiで従量課金制の月額料金は珍しいね!

まずはどこよりもWiFiの基本情報をみてみましょう。

月額料金 【200GB利用時/縛りなしの場合】4,900円
データ容量(月間) 5〜200GB
端末レンタル代金 キャンペーンで無料
契約期間 縛りなし
契約事務手数料 3,300円
解約違約金 なし

※すべて税込価格

次にどこよりもWiFiで採用されている従量課金制について、プランごとの月額料金は以下のとおりです(契約期間の縛りがない場合)。

スタンダードプラン
(最大100GB)
プレミアムプラン
(最大200GB)
〜5GB 1,400円
5〜20GB 2,400円
20〜50GB 3,400円
50〜100GB 3,900円
100〜150GB 4,400円
150〜200GB 4,900円

※すべて税込価格

たとえば契約期間の縛りなしで月のデータ利用量が5GB未満だった場合は、月額1,400円で利用できます。

月に利用したデータ容量によって月額料金が決まりますが、月に利用できるデータ容量に100GBもしくは200GBの上限が定められているため、高くなりすぎることもなく安心です。

またどこよりもWiFiでは契約後に通信速度や電波状況に不満があった場合、初期費用・月額料金・解約金が0円で解約が可能です。

端末が到着してから7日間以内という制限はありますが、不満を抱えたまま利用することがなくなるので嬉しいポイント。

月間20GBまでなら「ゼウスWiFi」

引用:ゼウスWiFi
※画像の価格は2年契約プランの値段

月間20GBまでの利用なら、最安級の料金で利用できる「ゼウスWiFi」がおすすめです。

契約期間の縛りがないプランで月額2,618円(税込)で利用ができますよ。

ゼウスWiFiの基本情報(契約期間の縛りがない場合)は以下のとおりです。

月額料金 2,618円
データ容量(月間) 20GB
端末レンタル代金 無料
契約期間 なし
契約事務手数料 3,300円
解約違約金 0円
実質料金(1年間) 37,334円
実質月額料金(1年間) 2,872円
平均通信速度(下り) 15.02Mbps
その他特長 ・海外利用可能
・容量チャージ可能

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

もし2年以上利用する場合は2年縛りプランが契約可能ですが、2年も利用しない場合は契約期間の縛りがなく解約金もかからないフリープランを選びましょう。

引用:ゼウスWiFi

月間で利用できるデータ容量が決まっているため、1日あたりにデータ容量の制限はありません。

またゼウスWiFiは月間20GB利用できるプランの中では最安級の料金で利用できるためおすすめですよ。

もしデータ容量が足りなかった場合はおかわりギガでデータ量を追加することも可能。

引用:ゼウスWiFi
追加データ容量 2GB 5GB 10GB
料金(税込) 550円 1,100円 1,980円

今月どうしてもデータ容量が足りない!という場合にも追加できるので便利に利用できますね。

月間50GBまでなら「MONSTER MOBILE」

月間50GBまで利用したいなら「MONSTER MOBILE」が最安級の料金で利用できるためおすすめです。

契約期間の縛りがないプランで月間50GBまでなら、月額3,190円(税込)で利用できますよ。

MONSTER MOBILEの基本情報(契約期間の縛りなし)は以下のとおり。

月額料金 3,190円
データ容量(月間) 50GB
端末レンタル代金 無料
契約期間 1年
契約事務手数料 3,300円
解約違約金 なし
実質料金(1年間) 44,770円
実質月額料金(1年間利用した場合) 3,444円
平均通信速度(下り) 21.92Mbps
その他特長 ・海外利用可能
・容量アップのプラン変更が可能
・容量チャージ可能

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

またMONSTER MOBILEでは月間のデータ容量が足りなくなった場合に、追加でデータチャージが可能。

データ容量 有効期限 料金
500MB 1日 225円
1GB 7日 330円
3GB 30日 665円
7GB 30日 979円
30GB 60日 3,450円

※すべて税込価格

追加したデータ容量に有効期限がある点だけ注意が必要ですが、最小500MBから30GBまで幅広いデータ容量が追加できるため、データ容量がなくて利用できなくなる心配はありませんね。

月間100GBまでたっぷり利用したいなら「Mugen WiFi」

引用:Mugen WiFi

1ヶ月単位で利用する予定で、月間100GBまでたっぷりデータ容量を利用したい場合は「Mugen WiFi

」がおすすめです。

Mugen WiFiは通常は契約期間の縛りがあるプランですが、契約期間の縛りなしにするオプションを追加することで1ヶ月単位での利用が可能となります。

Mugen WiFiの基本情報は以下のとおり。

Mugen WiFi
月額料金 4,378円
(縛りなしオプション660円をつけた場合)
データ容量(月間) 100GB
端末レンタル代金 無料
契約期間 なし
契約事務手数料 3,300円
解約違約金 なし
実質料金(1年間) 46,714円
実質月額料金(1年間) 3,593円
平均通信速度(下り) 11.06Mbps
その他特長 ・縛りなしオプションあり
・30日間おためし体験あり
・13,500円キャッシュバック
(15ヶ月後・24ヶ月後に受け取り可能)

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

Mugen WiFiは現在13,500円のキャッシュバックが受け取れるキャンペーンを開催しており、受け取りができた場合の実質月額料金は3,593円(税込)と安く利用できます。

キャッシュバックの受け取りは15ヶ月後と24ヶ月後だから注意しようね!

キャッシュバックを受け取れた場合最安級の金額で利用できるため、月間100GBまでたっぷり利用したい場合はおすすめです。

またMugen WiFiは30日間おためし体験を開催しており、30日以内であれば返金してくれるため気軽に利用できますよ。(返金処理手数料として1,100円(税込)は必要)

なお一般的に月間100GBあれば動画やSNSなどインターネット通信が十分に楽しめると言われているため、どのデータ容量がいいか迷った場合はまず月間100GBを基準に考えてみるといいですよ。

【最大180日まで】なら使うほどお得になる「DMMいろいろレンタル」

最大180日までの期間ポケット型WiFiをレンタルしたいなら、「DMMいろいろレンタル」が利用する期間が長いほどお得になるためおすすめです。

180日間利用した場合に1日あたりの料金が最安級となるため、180日付近まで利用したいならまず検討するといいでしょう。

DMMいろいろレンタルは180日間利用した場合に最安級だから、もっと短期間利用する場合は他のポケット型WiFiの方がお得に利用できるよ。

なおDMMいろいろレンタルはソフトバンク回線のポケット型WiFi端末と、WiMAX回線の端末どちらかを選ぶことができます。

ソフトバンク回線の端末の場合、たとえば「Pocket WiFi 303ZT」を180日間レンタルすると1日あたりのレンタル料金は82円に。

なおソフトバンク回線の端末は月間のデータ利用量が50GBまでと決まっています。

WiMAX回線の端末の場合、たとえば「Speed Wi-Fi NEXT W05」を180日間レンタルするなら1日あたりのレンタル料金は90円と他社と比較しても安く利用できます。

ただしDMMいろいろレンタルはレンタル期限が180日までと決まっているため注意が必要です。

180日以上利用したい場合は、延長申請すれば180日以上利用できます。

3ヶ月利用したい場合はDMMいろいろレンタルがお得に利用できる、と覚えておきましょう。

ポケット型WiFiのレンタルを選ぶときのポイント4つ

ポケット型WiFiのレンタルについておすすめをご紹介してきましたが、ポケット型WiFiを選ぶ際に気をつけておきたいポイントについてご紹介します。

おすすめはみたけど、自分で選ぶときにはどこをチェックしたらいいかわからない!という方は以下のポイントを重点的にみてみてくださいね。

それでは一つずつみていきましょう。

適した期間でレンタルできるか

ポケット型WiFiのレンタルは1日単位で利用できるプランや、1ヶ月単位で利用できるものなど様々なプランがあります。

もし数日だけ利用したいのに1ヶ月プランを選んでしまうと、本来利用しない数週間分の費用が余計に必要となってしまうため、適した期間でレンタルできるプランを選ぶことが大切です。

ポケット型WiFiをレンタルするときに比較の基準にするべき、一番大切なポイントが「レンタル期間」だよ。

レンタルする期間によって費用が大きく変わってくるから、まずは自分が利用したい日数で比較しましょうね。

数日利用したい場合は1日単位で利用できるプランを、1ヶ月以上利用したいなら契約期間の縛りがない1ヶ月単位で利用できるポケット型WiFiを選びましょう。

また180日以内の利用であれば、DMMいろいろレンタルもおすすめです。

レンタル期間別のおすすめについては「【12社比較】ポケット型WiFiのレンタルでおすすめはここ!レンタル期間別で紹介」の項目で比較しているのでチェックしてみてくださいね。

データ容量は適しているか

ポケット型WiFiのレンタルは、プランや端末によって利用できるデータ容量が異なります。

1日のデータ容量が決まっていたり、月間で利用できるデータ容量が決まっていたりと様々なため、利用できるデータ容量と、定められている期間をしっかり確認することが大切ですよ。

ポケット型WiFiはたくさんの端末から選ぶことができるけど、端末ごとに利用できるデータ容量が違うから注意しようね!

端末ごとに「1日ごとのデータ容量」が決まっていたり、「月間で利用できるデータ容量」が決まっていたりと期間も様々だから注意してね。

ポケット型WiFiのレンタルの中には月間5GBなどの超小容量のプランも存在するため、パッと見て小容量だから日間データ容量だろうと決めつけてしまうと、実は月間で小容量でほとんど利用できない、ということになりかねません。

またデータ利用量無制限と記載してある場合もありますが、本当に無制限のポケット型WiFiはなく、実際は1日に規定量の通信を超えてしまうと速度制限がかかると注意書きがあることがほとんどです。

「データ容量無制限」と記載があっても、実質無制限なだけで制限なくデータ通信が利用できるわけではないんだよ。

たとえば本記事のこちらの項目で比較しているWiFiレンタルどっとこむの場合、E5785という端末を比較していますがレンタル概要の箇所にはデータ利用量無制限と記載されています。

しかし無制限の注意事項の箇所を確認すると、1日3GBまたは月間90GB利用すると速度制限と注意書きがあるため、一切速度制限がかからない無制限プランではないことが分かりますね。

このようにデータ容量は無制限の場合はなく、実質無制限(規定量の通信を上回ると速度制限)となるため注意が必要です。

実質無制限の場合の速度制限の規定量もそれぞれ違うから、レンタルする前にちゃんと確認しましょうね。

なお本記事で比較する際は、速度制限がかかる規定のデータ容量で比較しているので安心してチェックしてくださいね。

適したデータ容量ってどのくらい?ぴったりのプランを見つけよう!

利用したいデータ容量を決めて、適した容量のプランを選ぶことが大切と解説しましたが、適した容量がどれくらいかは分かりづらいですよね。

ここでは日常生活のインターネット通信でどれくらいのデータ容量を利用しているかまとめてみたのでチェックしてみましょう。

今回は容量チェックの基準にしやすい「1GBでできること」と、実質無制限の制限条件に多くある「3GBでできること」を表にしてみました。

データ使用量の目安(1GB・3GB)
内容 1GBでできること 3GBでできること
インターネット Yahoo! トップページを閲覧 約4,430回表示 約13,290回表示
メール 500万画素の画像を添付 約330通 約990通
LINE トーク 約133,000回送信 約399,000回送信
音声通話 約55時間 約165時間
ビデオ通話 約3.3時間 約9.9時間
Instagram 閲覧・いいね 約1.3時間 約3.9時間
Youtube 360p(中画質)で再生 約4.1時間 約12.3時間
Googleマップ 表示と拡大 約4,430回表示 約13,290回表示

たとえば標準画質(中画質)でYoutubeを視聴した場合、およそ12時間視聴すると1日3GBの上限は超えてしまうことになります。

自分が1日にどれくらいインターネット通信を行っているかチェックしてみて、どれくらいのデータ容量が必要か計算してみましょう。

希望する端末の利用可能エリアに入っているか

ポケット型WiFiのレンタルは様々な端末を利用できますが、端末によって利用できるエリアが異なるため、使いたい端末の利用可能エリアに入っているか確認することが大切です。

たとえばソフトバンク回線の端末であれば、ソフトバンクが利用できるエリアでのみ利用でき、WiMAX回線の端末であればWiMAXが利用できるエリアでのみ利用可能となります。

端末ごとに利用できるエリアが違うから、希望する端末がどの回線の端末か確認しておこう!

山間部などでソフトバンク回線が利用できない場合にソフトバンク回線を契約してしまうと、そもそも通信ができず無駄になってしまうため注意しましょう。

なおWiMAX端末も利用できないエリアがあるため、事前にサービスエリア検索で自分の住んでいるエリアでは通信可能かどうかチェックすることが大切ですよ。

また「クラウドSIMタイプのポケット型WiFi」がレンタルできる場合もありますが、クラウドSIMタイプはドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアの回線から最適な回線を選んで通信する技術を取り入れた端末のため、3つのキャリアが利用できるエリアなら利用することができます。

レンタルできる端末の種類をまとめると、以下の5種類に分けられるわよ。

  • ドコモ回線の端末(ドコモのエリアで利用可能)
  • au回線の端末(auのエリアで利用可能)
  • ソフトバンク回線の端末(ソフトバンクのエリアで利用可能)
  • WiMAX回線の端末(WiMAXのエリアで利用可能)
  • クラウドSIMタイプの端末(ドコモ・au・ソフトバンクのエリアで利用可能)

キャリアからそれぞれ出ている端末や、WiMAXの端末より広いエリアで利用できるので地方で利用したい場合には便利に利用可能です。

端末の受け取り・返却方法は問題ないか

ポケット型WiFiのレンタルでは、端末の受け取り方や返却方法は会社によって異なります。

空港で受け取りができたり、返却時にはポスト返却ができたりするため、受け取り方法や返却方法を確認して利用には問題ないかまずチェックすることが大切ですよ。

もし自宅に不在がちで宅配便の受け取りが難しく店舗で受け取りたいなど希望がある場合は、店舗受け取り可能な会社を選ぶなど選択が必要となります。

なおポケット型WiFiのレンタルは文字通り端末をレンタルしているため、利用終了時には端末の返却が必要です。

端末の返却が遅れたり、未返却だと延滞金や機器損害金が発生してしまうから注意しようね。

返却の際、申し込んだプランによって返却するタイミングが異なるため注意が必要ですが、返却タイミングについては「端末の返却タイミングがプランによって異なる」の項目で解説しているのでチェックしてみてくださいね。

ポケット型WiFiのレンタルとは?3つのメリットをご紹介!

ポケット型WiFiのレンタルについて、おすすめや選ぶ時のポイントをご紹介してきましたが、実際にどんな人におすすめのサービスなのか、3つのメリットをご紹介します。

ポケット型WiFiは開通工事が不要で端末が届いたらすぐにインターネット環境が構築できるサービスで、契約期間の縛りがあるプランが多くあります。

一方契約期間の縛りがなく1日単位や1ヶ月単位で利用できるポケット型WiFiのレンタルは、短期間の利用におすすめですよ。

それではポケット型WiFiレンタルのメリットについて一つずつみていきましょう。

最小限の費用で利用できる

ポケット型WiFiのレンタルは短期間での利用に適していて、1日単位で利用できるプランもあります。

そのため利用したい日数に適したプランを申し込むことができ、最小限の費用で利用することが可能です。

1日数百円から利用できるから、とてもお得に利用できるよ!

契約期間の縛りがあるポケット型WiFiの場合は、数日しか必要ないのに契約終了まで長期間契約し続ける必要があるため費用が嵩んでしまいます。

一方ポケット型WiFiのレンタルであれば、数日しか必要ないなら1日単位でレンタルできるプランを、1ヶ月ほど利用したいなら1ヶ月単位でレンタルできるプランを選べば良いためお得に利用可能です。

日数にあったプランを、必要最小限の費用で利用できる点がメリットといえますね。

1日単位で利用できる

ポケット型WiFiのレンタルは、1日単位で利用できるプランがある点がメリットの一つです。

たとえば出張や旅行などで、数日だけ出先でのインターネット環境が欲しい場合などに最適なプランといえます。

契約期間の縛りがあるポケット型WiFiだと、数日しか必要ないのに1ヶ月以上利用しないといけない場合が多くあるから費用が嵩んでしまうわね。

またスマホのギガを使い切ってしまって数日分だけでもインターネット環境が欲しい場合など、短期間だけ利用したい場合に最適ですよ。

開通工事が不要ですぐに利用できる

ポケット型WiFiは光回線のように開通工事が不要なため、申し込んで端末が届けばすぐに利用開始できるのがメリットです。

光回線などの固定回線は開通工事が必要になるから、申し込んでから利用開始するまで1〜2ヶ月くらいはかかっちゃうんだよね。

ポケット型WiFiは端末があれば利用できるから、開通工事なしで使えるのは大きなメリットと言えるわね。

端末が届くだけでインターネット環境が構築できるため、急にインターネット環境が欲しい場合に重宝しますよ。

また光回線が開通するまでの繋ぎとしてや、旅行などですぐに利用したい場合など、開通工事がないため初期費用を抑えて利用できる点もメリットですね。

ポケット型WiFiレンタルの知っておきたい注意点4つ

ポケット型WiFiのレンタルについて、メリットやおすすめの人を紹介してきましたが、契約する前に知っておくべき注意点もあります。

契約した後に知って後悔することがないように、事前にチェックしておきましょう。

それでは一つずつ解説していきます。

長期間の利用は高額になってしまう

ポケット型WiFiのレンタルは短期間の利用の場合最小限の費用で利用できますが、長期間利用する場合は高額になってしまうことに注意しましょう

1ヶ月未満の利用ならレンタルを検討するとお得に利用できるよ。

数日から1ヶ月以内の利用であれば、1日単位で利用できるポケット型WiFiレンタルがお得に利用できる場合が多くありますが、1ヶ月単位の利用であれば契約期間の縛りがないプランで利用するのがおすすめ。

いずれの場合も自分が利用したい期間だといくらになるかチェックして、どのプランを申し込むか比較することが大切です。

本記事ではレンタル日数別の費用を比較しておすすめを選定しているので、「【12社比較】ポケット型WiFiのレンタルでおすすめはここ!レンタル期間別で紹介」の項目でチェックしてみてくださいね。

もし1年単位で利用したい場合は、契約期間の縛りがあるタイプのポケット型WiFiを契約する方がお得に利用できますよ。

大容量のデータ通信には不向き

ポケット型WiFiは開通工事が不要で持ち運びも可能で便利に利用できますが、大容量のデータ通信には向いていない点に注意しましょう。

ポケット型WiFiは1日や月間で利用できるデータ容量が決まっており、大量のデータ通信を行うと速度制限がかかってしまう場合が多くあります。

またそもそもポケット型WiFiは電波をキャッチして通信しているため、固定回線と比較すると高速通信や安定性は難しいサービスです。

そのため高画質の動画をたっぷりみたい場合やオンラインゲームを行いたい場合などは、光回線などポケット型WiFi以外のインターネット環境を検討する方がいいでしょう。

ポケット型WiFiは動画視聴を楽しんだりSNSを利用するなど、日常使いには問題なく利用できるわよ。

レンタルのため端末を紛失・破損してしまうと違約金がかかる

ポケット型WiFiのレンタルは期間が終了すると端末の返却が必要ですが、紛失したり破損したりしてしまうと違約金の支払いが必要になることに注意が必要です。

端末を破損・紛失してしまった場合の違約金は機器損害金というんだよ。

たとえば「どんなときもWiFi for レンタル」の場合、レンタル端末を破損してしまったり未返却となってしまった場合下記の機器損害金が発生します。

貸与機器・部品 金額
WiFi端末本体 16,500円(税込)
USBケーブル 1,100円(税込)
ACアダプター 1,980円(税込)
その他備品(外箱・操作ガイド) 550円(税込)

端末本体だけでなく、付属品も借りた時と同じ状態で返却が必要になるので注意しましょう。

レンタルした時点で何を借りたかしっかりチェックしておきましょうね。

もし破損や紛失が不安な場合は、申し込み時に「安心保証オプション」に加入することがおすすめです。

加入しておくことで万が一レンタル品を破損または紛失などしてしまった場合に、機器損害金をふたんしてくれたり減額になったりするため検討するといいでしょう。

また安心保証オプションは月額料金が決まっている場合や、1日ごとに料金が設定されている場合など様々なため、希望するプランごとにチェックする癖をつけておきましょう。

なおオプションに申し込む場合は、契約時のタイミングでのみ加入が可能な点も覚えておくといいですね。

端末の返却タイミングがプランによって異なる

ポケット型WiFiのレンタルでは端末を返却することで利用終了となりますが、返却するタイミングはプランによって異なることに注意しましょう。

ポストへ投函した日が利用終了日になる場合や、レンタル元へ返送が完了した日が終了日になる場合など、返却するタイミングは様々です。

端末の返却が遅れて延滞金が発生しないように、返却タイミングを把握しておくことが大切だよ。

レンタル終了日に返却手続きを行えばOKの場合は返却方法を慎重に選ぶ必要はありませんが、レンタル終了日と返却完了日が同じ場合は、レンタル終了日に返却が完了するよう返却方法によって要する日数も計算に入れないといけません

たとえば6泊7日でレンタルし、レンタル終了日=返却完了日の場合で考えてみましょう。

返却方法が宅配便だったとして、レンタル終了日(返却完了日)までに端末を返却したい場合、配達が最短で翌日だとすると、レンタル6日目には返却手続きを行わなければいけません。

レンタル終了日である7日目に返却手続きを行うと、端末が届くのは8日目となりレンタル日数が延長され延滞金が発生してしまいます。

レンタル終了日までに返却しないといけない場合、返却方法と必要日数をチェックしておくことが大事なのね!

このように返却するタイミングを把握していないと、延滞金が発生し余計な費用が必要になる場合もあるため注意が必要です。

申し込むプランによって返却タイミングは異なるため、事前にちゃんとチェックしましょう。

ポケット型WiFiをレンタルする手順を解説!

ポケット型WiFiのレンタルについてメリットや注意点、おすすめのプランをご紹介してきましたが、実際にレンタルする場合の手順について解説します。

今回は特定の窓口からの申し込み方法ではなく、一般的に多い申し込み方法をご紹介。

窓口ごとに細かな違いもあるため、実際に申し込む場合は、窓口ごとに解説のある「申し込みの手順」をチェックしながら進めてみてくださいね。

それでは手順を一つずつみていきましょう。

1.Webからレンタルの申し込みを行う

まずは希望するポケット型WiFiのレンタルWebページから、データ容量・レンタル日数・送料等をチェックしてから申し込みです。

一部店舗で申し込める場合もあり、基本はWebページから申し込みを行うことになります。

申し込みする際に事前に確認しておきたいポイントをおさらいしておきましょう。

  • レンタル日数
  • データ容量(1日あたりか、月間か)
  • 送料
  • 安心保証オプション
  • 端末の利用可能エリア
  • 受け取り方法
  • 返却方法、返却するタイミング

レンタル端末を破損・紛失してしまった場合機器損害金が発生してしまいますが、発生する費用を負担または軽減してくれる「安心保証オプション」は、申し込みのタイミングでのみ加入できるため必要な場合は申し込みます。

受け取り方法もチェックしよう

ポケット型WiFiのレンタルでは様々な受け取り方法があるため、申し込む際にはあわせて受け取り方法もチェックしておきましょう。

主な受け取り方法
  • 宅配受け取り
  • ポスト受け取り
  • 実店舗で受け取り

また端末を受け取った日が利用開始日になるため、確実に受け取れる方法を選ぶことが大切ですよ。

2.端末が届いたら利用開始

申し込んだレンタル端末が届いたら、電源を入れて設定して利用開始です。

端末が届いた日からレンタル日数は始まっているため、レンタル日数と返却タイミングをチェックしておいて返却する日を忘れないようにしましょう。

3.レンタル期間終了のタイミングで端末を返却

レンタル期間が終わるタイミングで、レンタルしていた端末を返却することで利用が終了します。

端末を返却するタイミングは申し込む会社によって異なるため、いつまでに返却が必要か事前に確認しておくことが大切です。

主な返却タイミング
  • レンタル期間が終了する日に返却手続きが必要
  • レンタル期間が終了した次の日までに返却手続きが必要
  • レンタル期間が終了するまでに返却が完了

返却方法も複数から選べる場合があり、どの返却方法が利用できるか確認しておきましょう。

方法によって返却に要する日数も変わる場合があり、とくにレンタル期間が終了するまでに返却が完了している必要がある場合などは、いつまでに返却手続きを行う必要があるか確認が必要です。

主な返却方法
  • 宅配便で返却
  • レターパックで返却
  • ポストに投函で返却
  • 実店舗に持ち込みで返却

またレンタルでは端末本体の他に充電器やケーブルなどもあわせて借りれる場合もあり、すべて返却する必要がありますが、付属品も含め破損や紛失で機器損害金が発生するので注意しましょう。

なお返却が遅れてしまったり、未返却になってしまうとレンタルの延滞金が発生してしまうため注意が必要です。

延滞してしまった場合自動的にレンタル期間を延長してくれるプランもありますが、基本は延滞金という形で費用が嵩んでしまうため、レンタル期間と返却タイミングの把握はしておきましょう!

ポケット型WiFiのレンタルに関するよくある質問

ポケット型WiFiのレンタルに関するよくある質問をまとめてみました。

それでは一つずつ解説していきますね。

安心保証オプションは必要?

レンタル端末を破損または紛失してしまった場合、高額な違約金(機器損害金)が発生してしまうので、安心保証オプションは加入しておくことがおすすめです。

月間のオプション料金で決まっている場合もありますが、1日単位で金額が決まっている場合もあり、少ない費用で申し込めることもあります。

また安心保証オプションは申し込み時にしか加入できず、利用開始した後に申し込むことはできないため注意しましょう。

端末の返却が遅れてしまった場合はどうなるの?

ポケット型WiFiのレンタルは端末の返却が遅れると、延滞料金がかかる場合があります

端末の返却が遅れレンタル期間が伸びてしまった場合、自動で期間を延長してくれるプランもありますが、基本的に延滞金が発生すると考えておいた方がいいです。

またレンタル期間を延長したい場合は、レンタル期間中に延長申し込みが可能なプランもあるので勝手に期間を延長するのではなく、連絡して延長手続きを行いましょう。

支払い方法はどんなものがあるの?

ポケット型WiFiのレンタルでは、支払い方法がクレジットカードのみが多くあります。

口座振替や銀行振込が可能なプランもあり、また店頭受け取りなら現金支払いが可能な場合もあるのでクレジットカード支払い以外を希望するならチェックするといいですね。

なお本記事で比較している12社のうち、クレジットカード支払い以外の方法が利用できるところをまとめてみました。

  • WiFiレンタル屋さん…店頭でのみ現金払いが可能
  • NETAGE…法人なら銀行振込が可能
  • DMMいろいろレンタル…DMMポイント支払いが可能(クレジットカードの登録が必要)
  • WiFi東京…銀行振込が可能(別途保証金10,000円が必要/前払い)
  • ゼウスWiFi…法人の場合請求書払いが可能
  • 縛りなしWiFi…口座振替が可能(口座決済手数料として月額330円(税込)が発生)

法人の場合に限って利用できる場合も多く、利用する場合別途費用が必要な場合もあるためしっかりチェックしましょう。

まとめ

ポケット型WiFiのレンタルは1日単位でレンタルできるプランもあるため、短期間の利用に便利なサービスです。

契約する場合はレンタルしたい期間別で大きく利用料金が異なってくるため、利用期間を基準に比較するのがおすすめ。

本記事でポケット型WiFiのレンタル12社を比較した結果、おすすめは以下のとおりとわかりました。

1ヶ月未満の利用の場合は「どんなときもWiFi for レンタル」がおすすめですが、1ヶ月単位で利用するならデータ容量で比較するとお得に利用できます。

1ヶ月単位で利用したい場合の「データ容量別」おすすめ

またポケット型WiFiのレンタルには選ぶときのポイントや注意点もあるため、契約する前に事前にチェックしておくことが大切ですよ。

ポケット型WiFiのレンタルでは多くのプランや端末を選ぶことができるため、どれがお得に利用できるかわかりづらいですが、まずはレンタル日数で比較することでお得なプランがわかります。

レンタルのため短期間の利用になりますが、しっかり比較してお得に利用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました