【徹底解説!】楽天モバイルは契約すべき?速度や料金の実態、評判を総チェック!

楽天モバイル 評判 楽天モバイル

4つ目のスマホキャリアとして存在感を示している「楽天モバイル」

最低0円という破格の料金プランや、楽天回線エリア内ならネットが使い放題という魅力的なサービスを提供中です。

これから楽天モバイルでの乗り換えを考えていたり、3大スマホキャリアの格安プラン(ahamo、povo、LINEMO)や格安SIMと迷っていたりする方も多いのではないでしょうか。

結論から申し上げますと、楽天モバイルは次のような方におすすめです。

  • 楽天回線エリア内に生活圏がある人
  • 毎月のデータ利用量が多い人
  • 料金の安さを重視する人

楽天回線エリア内のヘビーユーザーの方は、ぜひ前向きに楽天モバイルの契約をご検討ください!

今回は、楽天モバイルの最新情報をもとに、メリットや注意点、お得な申込方法をわかりやすく解説します。

あなたに最適なキャリアかどうか、この記事を読めば必ずわかりますよ。

※この記事は、2021年5月時点の情報です。

  1. 【結論】楽天モバイルをおすすめできるのはこんな人!
    1. 楽天回線エリア内に生活圏がある人
    2. 毎月のデータ利用量が多い人
    3. 料金の安さを重視する人
  2. 楽天モバイルのココが良い!9つのメリット
    1. 楽天エリア内ならデータ上限・速度制限なし
    2. 月額料金は最低0円!どんなに使っても上限3,278円
    3. エリアが全国へ急速に拡大&5Gにも順次対応中
    4. パートナー回線の速度制限も1Mbpsの中速を維持
    5. テザリングや専用アプリ内での通話が無料
    6. いつ解約しても違約金がかからない
    7. 販売している端末の種類も豊富
    8. 実質無料でスタートも可能
    9. 海外でもそのまま使える
  3. 楽天モバイルのココに注意!6つの注意点
    1. 楽天回線につながらないエリアはまだ多い
    2. 楽天回線以外では月5GBしか高速通信できない
    3. 動作確認が取れていない端末も多い
    4. 専用アプリを使わない通話は有料
    5. 大手キャリアと比較するとサポート体制が不安
    6. 大手スマホキャリアのメールアドレスは使えない
  4. 楽天モバイルの最新キャンペーン
    1. プラン料金3ヶ月間無料
    2. 最大25,000ポイント還元
    3. iPhone発売記念最大20,000ポイント還元
    4. Rakuten mini本体価格1円
    5. Rakuten Hand実質0円
    6. Rakuten WiFi Pocket誰でも0円お試し
    7. 楽天市場でのお買い物でSPU最大+1.5倍
    8. 楽天ひかりネット料金1年間無料
    9. 楽天カードの申し込みで最大5,000ポイント還元
  5. 楽天モバイルへの乗り換え手順
    1. 事前準備をする
    2. 今のスマホキャリア・格安SIMでMNP予約番号を取得する
    3. 楽天モバイルを申し込む
    4. 端末・SIMカードが届いたら挿入して電源ON
    5. APN設定をして利用開始
  6. 楽天モバイルがつながらないときの対処法
    1. いったん機内モードにして再接続する
    2. 端末を密室にもっていって、戻ってきたらつなぎなおす
    3. 端末を窓側に移動する
    4. 自動接続を解除して事業者を「Rakuten」に指定する
  7. 楽天モバイルに関するよくある質問
    1. 楽天モバイルの速度は速い?
    2. 楽天回線にはちゃんとつながる?
    3. 楽天モバイルは本当にお得なの?
    4. 楽天モバイルでiPhoneは使える?
  8. まとめ

【結論】楽天モバイルをおすすめできるのはこんな人!

楽天モバイルがおすすめなのは、次のような人です。

  • 楽天回線エリア内に生活圏がある人
  • 毎月のデータ利用量が多い人
  • 料金の安さを重視する人

楽天回線エリア内なら、月額料金が3,278円(税込み)で高速通信を無制限に使えます

そんなサービスは、ほかにはありません。

上記に当てはまる人は、楽天モバイルへの乗り換えを強くおすすめします!

楽天モバイルを他キャリアと比較した表が以下です。

【比較表】
キャリア名 対応エリア 月額料金 月間データ量
楽天モバイル 楽天回線エリアは東京、大阪、名古屋、札幌、福岡などの都市部のみ
パートナーエリアはauと同じ日本全国
3,278円 楽天エリア内:無制限
パートナーエリア内:5GB
ahamo ドコモと同じ日本全国 2,970円 20GB
povo auと同じ日本全国 2,728円 20GB
LINEMO ソフトバンクと同じ日本全国 2,728円 20GB
UQモバイル auと同じ日本全国 3,828円 25GB
ワイモバイル ソフトバンクと同じ日本全国 4,158円 25GB
※価格はすべて税込

ここでは、楽天モバイルのメリットや他キャリアを比較した結果を詳しくご紹介します。

3大キャリアの新プランや格安SIMに乗り換えを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

楽天回線エリア内に生活圏がある人

楽天モバイルは、楽天回線エリア内ならデータ量無制限で高速通信を使えます

そのため、楽天回線エリア内にお住まいの方なら、非常にお得です。

ただし、楽天回線エリアは東京と大阪、名古屋、札幌、福岡などの都市部に限られています

楽天回線エリア以外だとパートナーエリアとなり、月間5GBの制限があるのでご注意ください。

他キャリアと対応エリアを比較した表は、以下のとおりです。

【対応エリア比較表】
楽天モバイル 楽天回線エリアは東京、大阪、名古屋、札幌、福岡など都市部のみ
パートナーエリアはauと同じ日本全国
ahamo ドコモと同じ日本全国
povo auと同じ日本全国
LINEMO ソフトバンクと同じ日本全国
UQモバイル auと同じ日本全国
ワイモバイル ソフトバンクと同じ日本全国

どのキャリアも日本全国で対応しています。

ただ、楽天モバイルは楽天回線エリアのみデータ量無制限です。

対応エリアに関してはどのキャリアも大きな差はありませんが、楽天回線エリア内にお住まいなら楽天モバイルがもっともお得です。

毎月のデータ利用量が多い人

動画を観たりSNSを利用したりすることが多く、毎月のデータ利用量が多いという方にもおすすめです。

月間20GBのahamo・povo・LINEMOや25GB程度の格安SIMなどの容量ではまったく足りないという方にぴったりです。

ただし、楽天回線エリア以外のパートナーエリア内だと、月間データ量が5GBに制限されてしまうので、注意が必要です。

他キャリアと月間データ量を比較した表は以下です。

【月間データ量比較表】
楽天モバイル 楽天エリア内:無制限
パートナーエリア内:5GB
ahamo 20GB
povo 20GB
LINEMO 20GB
UQモバイル 25GB
ワイモバイル 25GB
 

3大キャリアの新プランや格安SIMの場合、毎月使えるデータ量は20GB程度です。

楽天モバイルなら楽天エリア内にお住まいの方であれば、データ量が無制限で使い放題なので非常にお得ですね。

料金の安さを重視する人

料金の安さを重視する人にも、楽天モバイルはおすすめです。

他キャリアと料金を比較した表は、以下のとおりです。

【料金比較表】
キャリア名 月間データ量 月額料金
楽天モバイル ※1 ~1GB 0円
~3GB 1,078円
~20GB 2,178円
無制限 3,278円
ahamo 20GB 2,970円
povo 20GB 2,728円
LINEMO 20GB 2,728円
UQモバイル 3GB 1,628円
15GB 2,728円
25GB 3,828円
ワイモバイル 3GB 2,178円
15GB 3,278円
25GB 4,158円
※価格はすべて税込
※1 楽天エリア回線外では、5GBを超えると最大速度が1Mbpsになる

楽天モバイルは、楽天回線エリアならどれだけデータを使っても月額料金が3,278円ととても安いですね。

データ量をあまり使わなかった月は、月額料金が安くなるのも魅力的です。

上記の表を見てもわかるとおり、他キャリアと比べると非常に安いことがわかります。

ただし、高速通信で無制限に使えるのは楽天回線エリア内だけです。

エリア外ではデータ量が5GBを超えると最大速度が1Mbpsに制限されるので、ご注意ください。

楽天モバイルのココが良い!9つのメリット

楽天モバイルの以下9つのメリットについて、実際の口コミなども交えながら詳しくご紹介します。

  • 楽天エリア内ならデータ上限・速度制限なし
  • 月額料金は最低0円!どんなに使っても上限3,278円
  • エリアが全国へ急速に拡大&5Gにも順次対応中
  • パートナー回線の速度制限も1Mbpsの中速を維持
  • テザリングや専用アプリ内での通話が無料
  • いつ解約しても違約金がかからない
  • 販売している端末の種類も豊富
  • 実質無料でスタートも可能
  • 海外でもそのまま使える

楽天エリア内ならデータ上限・速度制限なし

楽天エリア内なら、データ量の上限がなく速度制限もないため、ずっと高速通信を使えます。

対応エリアが限定的とはいえ、月額料金が高額な3大キャリアの無制限プラン以外では、このようなプランがあるキャリアはほとんどありません。

どのくらいの速度が出るのか、ユーザーの口コミを見てみましょう。

50Mbps以上の速度が出ているという方がいました。

動画視聴に必要な速度は25Mbps程度といわれているので、十分な速度といえるでしょう。

このように通信速度が出ているという口コミが多く見られたため、速度に関しては問題ないでしょう。

スマホの回線速度投稿サイト「みんなの回線速度」のデータから、他キャリアとの通信速度を比較してみましょう。

【平均ダウンロード速度比較表】
楽天モバイル 25.53Mbps
ahamo 85.98Mbps
povo 62.3Mbps
LINEMO 41.74Mbps
UQモバイル 45.8Mbps
ワイモバイル 50.85Mbps
みんなの回線速度の2021年5月時点のデータより

上記の表によると、他キャリアより通信速度は出ていません。

これは、楽天回線エリア外で5GB超のデータを使ったため、最大速度が1Mbpsに制限されたケースも含まれているからと考えられます。

高速通信が使えるのは、楽天エリア内か5GB以内のパートナーエリアで使った場合だけなので、注意が必要です。

月額料金は最低0円!どんなに使っても上限3,278円

楽天モバイルでは、データ量が1GB以内なら月額料金が0円で、しかもどれだけ使っても上限が3,278円です。

月額料金が3,278円以上にならないのは、他キャリアと比べると非常に安いですね。

Rakuten UN-LIMIT VIのデータ量ごとの料金表は以下のとおりで、使ったデータ量に合わせて料金が決まります。

【Rakuten UN-LIMIT VI料金表】
月間データ量 月額料金
~1GB 0円
~3GB 1,078円
~20GB 2,178円
無制限 3,278円
※価格はすべて税込
※楽天エリア回線外では、5GBを超えると最大速度が1Mbpsになる

データ量は無制限で使えますが、楽天回線エリア外のパートナーエリアでは5GBを超えると最大速度が1Mbpsになるのでご注意ください。

他キャリアと最大データ量の月額料金を比較してみましょう。

【料金比較表】
月額料金 月間データ量
楽天モバイル 3,278円 楽天エリア内:無制限
パートナーエリア内:5GB
ahamo 2,970円 20GB
povo 2,728円 20GB
LINEMO 2,728円 20GB
UQモバイル 3,828円 25GB
ワイモバイル 4,158円 25GB
※価格はすべて税込

上記のとおり、楽天モバイルはデータ量の割に月額料金が安いことがわかります。

楽天エリア内で使えるなら、楽天モバイルがもっともお得ですね。

楽天モバイルの料金請求が21円だったという人がいました。

このようにデータ量を使わなければ、とても安くなることがわかります。

いつも大量のデータを使うわけではない人、データ使用量が少ない人は無駄なく使えますね。

エリアが全国へ急速に拡大&5Gにも順次対応中

楽天回線エリアは、現在全国に急速に拡大しています。

また、5G通信にも対応中なので、今後広いエリアで高速通信を無制限で使えるようになるでしょう。

郊外でもエリアが拡大しているという人がいました。

今までは東京でも郊外の方はエリア外でしたが、エリアが広がっているようです。

今後のエリア拡大に期待できそうですね。

パートナー回線の速度制限も1Mbpsの中速を維持

楽天回線エリア外だとパートナー回線エリアとなり、月間データ上限が5GBとなってしまいます。

しかし、パートナーエリアでデータ量が5GBを超えても、回線速度が最大1Mbpsで無制限に利用を続けることができます

1Mbpsは、テキスト送信やSNSは問題なく使える速度だよ!

テザリングや専用アプリ内での通話が無料

楽天モバイルは、テザリングや専用アプリでの通話が無料です。

テザリングとは、パソコンやタブレットとスマホをLANケーブルやWiFiで接続して、スマホをモバイルルーター代わりに使うことです。

楽天モバイルをデータ量が無制限のWiFiルーターとして活用することもできるね!

また、Rakuten Linkという楽天モバイル専用通話アプリを利用すると、次のようなメリットがあります。

・アプリを利用して通話すると通話料0円(一部対象外あり)
・国内SMSは0円で使い放題
・アプリを利用したデータ量はカウントされない

つまり、Rakuten Linkを利用して通話すると、通話料もデータ料もかかりません

普段から通話する機会が多い人にもぴったりですね。

楽天モバイルはコスパが良く、しかも無制限テザリングとして使えるのが最強、と書き込みをしている人がいました。

エリア内ならテザリングが使い放題なのはお得ですね。

いつ解約しても違約金がかからない

最新プランの「Rakuten UN-LIMIT VI」は、最低利用期間のしばりはなく、いつ解約しても違約金がかかりません。

【大手キャリア・格安SIMの違約金一覧】
楽天モバイル 0円
ドコモ 1,100円
au 1,100円
ソフトバンク 1,100円
UQモバイル 0円
ワイモバイル 0円
mineo 0円
IIJmio 0円~1,000円
OCNモバイルONE 0円~1,000円
※新規受付中のプランの場合
※価格は税込

月額料金が安く、しかも違約金がかからないので安心ですね。

販売している端末の種類も豊富

楽天モバイルで販売している端末は、最新端末を扱っています

また、iPhoneの最新機種も販売が始まり、iPhone12なども購入可能です。

Androidの最新機種や楽天モバイルのオリジナル機種も販売しているので、好きな機種をお選びください。

実質無料でスタートも可能

今なら、Rakuten UN-LIMIT VIプランの新規申込で、お得な各種キャンペーンを実施しています。

Rakuten UN-LIMIT VI申し込みで5,000ポイント還元、さらにスマホを購入するとプラス最大20,000ポイントの還元を受けられます。

このポイントバックキャンペーンを利用すれば、購入機種によっては実質無料で購入できてしまいます!

例えば、楽天モバイルオリジナル機種の「Rakuten Hand」は以下のとおり、実質0円で購入が可能です。

【Rakuten Handの購入価格】
製品価格 20,000円
ポイント還元 -24,999円
実質購入価格 0円
※価格はすべて税込

ポイント還元額は機種によって異なりますが、最新機種になれば還元額が高額になるので、ぜひキャンペーンを利用してみてください。

海外でもそのまま使える

海外でも申し込みやオプション加入、設定変更などは不要で、そのまま使えます

海外出張や旅行などをすることが多い方は、便利ですね。

海外では最大2GB利用可能で、パートナー回線のデータ残量から消費されます。

ただし、2GBを超えると最大速度は128Kbpsに制限されるためご注意ください。

楽天モバイルのココに注意!6つの注意点

メリットは数多くありましたが、一方で注意していただきたい点もあります。

ここでは、以下の6つの注意点を口コミなども交えながらご紹介します。

  • 楽天回線につながらないエリアはまだ多い
  • 楽天回線以外では月5GBしか高速通信できない
  • 動作確認が取れていない端末も多い
  • 専用アプリを使わない通話は有料
  • 大手キャリアと比較するとサポート体制が不安
  • 大手スマホキャリアのメールアドレスは使えない

楽天回線につながらないエリアはまだ多い

楽天回線につながらないエリアはまだ多いのが実情です。

また、楽天回線エリア内でも、しばしばエリアから外れてパートナー回線につながってしまうこともあるようです。

いつの間にかパートナー回線のデータが消費されていることもあるので、注意しましょう。

自宅でエリア外になってしまうというケースもあるようです。

そのツイートに対し、楽天モバイル公式アカウントから「Rakuten Casa」という屋内に楽天基地局を作れる商品があるとリプライがありました。

自宅をエリア内にできるなら、利用してみてもいいかもしれないね!

うちは田舎なのでエリア外、という書き込みをしている方が数多く見られました。

ただ、都市部に近い場合は対応エリアに入る可能性もあるでしょう。

エリア外なのに意外と速度が出ているという方もいました。

対象エリアには入っていない人も、徐々に拡大していけばエリア内になる可能性もあります。

状況を見極めて、エリアに入りそうなら加入しても良いかもしれないね!

パートナー回線につながってしまう原因とその防止策については、『楽天モバイルがつながらないときの対処法』で解説しているので、ご覧ください。

楽天回線以外では月5GBしか高速通信できない

楽天回線エリア外では、月に5GBしか高速通信できないという点がネックといえます。

ただ、楽天エリアは全国へ急速に拡大中、また5Gにも順次対応中で、パートナー回線しか使えない場所はどんどん減ってきています。

2021年夏には全国人口カバー率96%以上を見込んでいるということです。

そのため、対象エリアの拡大には期待できそうです。

職場がいつの間にかエリア内になっていた、という方がいました。

今後も順次エリアが拡大していけば、もっと使いやすくなるでしょう。

動作確認が取れていない端末も多い

動作確認ができていない端末も多く、使いたい機種が使えないというケースもあります。

楽天モバイルで動作確認が取れている機種の一覧は、こちらで確認できます。

お使いのスマホの機種を、上記のサイトで検索してみてください。

動作確認が取れていない端末を使うと、一部機能が制限されることがあるよ。

動作確認が取れている機種のほうが安心して使えるでしょう。

専用アプリを使わない通話は有料

通話専用アプリRakuten Linkを使って通話すると通話料は無料ですが、アプリを使わないで通話すると、22円/30秒の通話料金がかかります

そのため、通話は専用アプリの使用をおすすめします。

楽天モバイルで購入した機種には、最初から専用アプリがインストールされています。

楽天モバイル以外で購入した場合は、GooglePlayやApp Storeからアプリをインストールしてお使いください。

大手キャリアと比較するとサポート体制が不安

サポート体制が厚い大手キャリアと比べると、サポート対応に不安があるという声も聞かれます。

電話やショップなどで手厚いサポートを受けたいという人には、あまり向かないかもしれません。

楽天モバイルのサポート内容をまとめたページはこちらです。

「my 楽天モバイル」という公式アプリをインストールして問い合わせができるほか、公式ページからチャットで問い合わせもできます。

通信速度やエリアなどは問題ないものの、問い合わせ対応が遅いところが唯一の難点と書き込んでいる方がいました。

スマホの設定方法や使い方などをサポートデスクに問い合わせて聞きたいという場合は、あまりおすすめできません。

大手スマホキャリアのメールアドレスは使えない

ドコモやau、ソフトバンクなどの大手スマホのキャリアメールアドレスは使えません

Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールを取得して使いましょう。

楽天モバイルの最新キャンペーン

楽天モバイルでは、Rakuten UN-LIMIT VIプランの新規契約で利用できる、さまざまなキャンペーンを実施しています。

  • プラン料金3ヶ月間無料
  • 最大25,000ポイント還元
  • iPhone発売記念最大20,000ポイント還元
  • Rakuten mini本体価格1円
  • Rakuten Hand実質0円
  • Rakuten WiFi Pocket誰でも0円お試し
  • 楽天市場でのお買い物でSPU最大+1.5倍
  • 楽天ひかりネット料金1年間無料
  • 楽天カードの申し込みで最大5,000ポイント還元

ここでは、最新キャンペーンをご紹介しますので、利用できるキャンペーンがあればどんどん使ってみてください!

プラン料金3ヶ月間無料

今なら新プランを新規契約すると、3ヶ月間月額料金が無料になるキャンペーンを実施しています。

新プランを新規契約、他キャリアからのMNP、楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)からの乗り換えで契約すれば対象です。

月額料金が3ヶ月間無料なら、あわせて約1万円の割引になるからとっても大きいね!

2021年4月に始まったキャンペーンで終了時期は未定です。

楽天モバイルの契約をお考えの方は、ぜひこの機会に申し込んでみましょう!

最大25,000ポイント還元

最大25,000ポイントの楽天ポイントをもらえるキャンペーンを実施しています。

このキャンペーンを利用すれば、お得に契約できるでしょう。

最大25,000ポイント還元の内容は以下のとおりです。


・だれでも5,000ポイントプレゼント

新プランを新規契約すると、誰でも5,000ポイントがもらえます。

・Rakuten UN-LIMIT VI+製品購入キャンペーン

新プランの新規契約と同時に対象機種を購入すると、最大20,000ポイントがもらえます。

このキャンペーンを使えば、お得に新規端末を購入できます。

機種ごとのポイント還元内容は、以下のとおりです。

対象機種 還元ポイント数
・Rakuten BIG
・OPPO A73
・OPPO Reno3 A
・AQUOS sense3 plus
20,000ポイント
・Galaxy Note10+
・Xperia Ace
・Galaxy S10
・AQUOS R5G
15,000ポイント
AQUOS sense4 lite 10,000ポイント
・AQUOS sense3 lite
・OPPO Reno A 128GB
・OPPO A5 2020
・arrows RX
・Galaxy A7
5,000ポイント

なお、ダイヤモンド会員ならさらに1,600ポイント還元されます。

iPhone発売記念最大20,000ポイント還元

楽天モバイルでのiPhone発売を記念して、新プラン新規契約と同時にiPhone購入で最大20,000楽天ポイントがもらえます。

iPhoneを新規購入したい方は、ぜひご利用ください。

最大20,000ポイント還元の内容は以下のとおりです。

・だれでも5,000ポイントプレゼント

新プランを新規契約すると、5,000ポイントがもらえます。

・対象のiPhone機種を同時購入で15,000ポイントプレゼント

以下の機種を契約と同時購入すると、15,000ポイントがもらえます。

iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代)

Rakuten mini本体価格1円

今なら新プラン新規契約でRakuten miniを本体価格1円で購入できます

コンパクトサイズで使い勝手がよいため、サブ端末として使うのもおすすめですよ。

Rakuten Hand実質0円

Rakuten Handを新プランの新規契約と同時に購入すると、実質0円です。

同時購入時に24,999ポイントの還元を受けられるので、製品価格の20,000円が相殺されて実質0円という仕組みです。

スマホをできるだけ安く購入したい、機種にこだわりがないという方におすすめですよ!

Rakuten WiFi Pocket誰でも0円お試し

新プランを新規契約すると、Rakuten WiFi Pocketを0円でお試し利用できます

Rakuten WiFi Pocketとは、楽天のポケットWiFiです。

「Rakuten UN-LIMIT VI」と「Rakuten WiFi Pocket」をセットで契約してアンケートに答えれば、モバイルWiFi本体が実質0円です。

さらに、契約事務手数料も0円になってしまいます。

ポケットWiFiも契約したいという場合は、初期費用0円でお得に契約できるでしょう。

楽天市場でのお買い物でSPU最大+1.5倍

楽天モバイルを契約すると、楽天市場でのお買い物で楽天ポイントが最大+1.5倍になります。

楽天モバイルユーザーなら+1倍、楽天モバイルキャリア決済ならさらに+0.5倍で、1.5倍です。

楽天モバイルキャリア決済にすれば、ポイントがさらに貯まりやすくなるのでおすすめです。

なお、SPU(スーパーポイントアッププログラム)により、以下のとおり最大+5倍になります。

  • 楽天モバイル利用:+1倍
  • 楽天モバイルキャリア決済利用:+0.5倍
  • 楽天市場アプリからのお買い物:+0.5倍
  • 楽天カードの利用:+2倍

楽天市場でよく買い物をするという方は、楽天モバイルキャリア決済や楽天市場アプリ、楽天カードの利用でポイントが貯まりやすくなりますよ。

楽天ひかりネット料金1年間無料

楽天モバイルと楽天ひかりをセットで申し込むと、楽天ひかりの月額料金が1年間無料です。

楽天でスマホと光回線をセットにすれば、お得に契約できますよ。

なお、楽天ひかりはSPU対象で、楽天ポイントが+1倍です。

光回線もお探しの方は、楽天ひかりもセットで契約するとお得ですよ。

楽天カードの申し込みで最大5,000ポイント還元

楽天カードを新規申し込みすると、最大5,000ポイントもらえます。

カード作成時に2,000ポイント、カードの初回利用時に3,000ポイントもらえるので、ぜひ利用してみてください。

楽天カード利用時にSPUでポイントが+2倍になるので、楽天市場でよく買い物をする、楽天ポイントを貯めているという方はおすすめです。

楽天モバイルへの乗り換え手順

楽天モバイルに乗り換える手順について、詳しくご説明します。

ここでは、大手キャリアや他社の格安SIMから楽天モバイルに乗り換える手順を説明しています。

乗り換え時に、参考にしてみてください。

事前準備をする

まずは、申込時に必要なものを事前に準備しておきましょう。

あらかじめ用意しておけば、スムーズに申し込みができます。

事前準備しておくことは、以下のとおりです。

必要なものを準備しておく

申し込みに必要な以下のものをご用意ください。

・本人確認書類

運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの本人確認書類を用意しておきましょう。

・楽天会員のIDとパスワード

申込時に楽天会員ログインが必要なので、IDとパスワードを用意しておきます。

楽天会員IDをお持ちでない方は、新規登録しておきましょう。

・契約者本人名義のクレジットカード、または銀行口座情報

支払いに使う、契約者本人名義のクレジットカード、または銀行口座情報を用意しておきましょう。

スマホの事前準備

お手持ちのスマホを楽天モバイルで使う場合は、以下の準備をしておきましょう。

・スマホのSIMロック解除

スマホのSIMロックをあらかじめ解除しておきます。

ドコモ、au、ソフトバンクのSIMロック解除に関する手続きのページは以下のとおりです。
ドコモ
au
ソフトバンク

・スマホのデータバックアップ

乗り換え時にデータが破損する恐れもあるため、あらかじめスマホの大事なデータをパソコンなどにアックアップしておきましょう。

・スマホの動作確認チェック

お持ちのスマホの機種が、楽天モバイルで動作確認が取れているかを確認します。

楽天モバイルで動作確認が取れている機種の一覧は、こちらで確認できます。

今のスマホキャリア・格安SIMでMNP予約番号を取得する

今お使いのスマホキャリア、または格安SIMでMNP予約番号を取得しましょう。

3大キャリアのMNP予約番号取得に関するページは、以下のとおりです。

MNP予約番号は有効期限が15日間に設定されています。

そのため、発行されてからすぐに格安SIMを申し込むのがよいでしょう。

有効期限が切れてしまった場合は、再度取得することで手続きが可能です。

楽天モバイルを申し込む

楽天モバイルの公式サイトから「お申し込み」を選択し、申し込みを行います。

プランは「Rakuten UN-LIMIT VI」を選択してください。

SIMカードを選ぶ際には、お手持ちのスマホに合ったサイズを選びましょう。

端末を同時購入する際には、機種やカラー、容量などを選びます。

製品保証やアクセサリーを選んだら、お客様情報入力に進みます。

お客様情報入力では、本人確認書類の画像をアップロードします。

受け取り方法や支払い情報などの必要な情報を入力したら、申し込みを確定させましょう。

端末・SIMカードが届いたら挿入して電源ON

申込が完了したら数日後に端末やSIMカードが届きます。

スマホにSIMカードを挿入し、電源をONにしましょう。

APN設定をして利用開始

初期設定やAPN設定をします。

スマホの機種ごとの詳細な手順は、以下の楽天モバイル公式サイトのサポートページをご覧ください。

楽天モバイルがつながらないときの対処法

楽天モバイルがつながらず、通信速度が出ない場合はどうすればよいのでしょうか。

ここでは、楽天モバイルがつながらなくなる原因と対処法をご説明します。

つながらない場合は、試してみてください。

いったん機内モードにして再接続する

ネットワークの接続がうまくいっていない場合、接続しなおすことでうまくつながる場合があります。

いったん、スマホを機内モードにして通信を切り、再度機内モードをオフにしてみてください。

接続がうまくいってつながることもあります。

端末を密室にもっていって、戻ってきたらつなぎなおす

ネットワークの接続をしなおすことで、つながることもあります。

一度端末を持って部屋の中などの密室に行き、また部屋から出てみます。

そして、ネットワークを接続しなおしましょう。

ネットワークの接続がうまくいって、つながることもあります。

端末を窓側に移動する

電波の接続状況が悪いという可能性もあります。

端末を持って電波状況が良い窓側などに移動してみましょう。

うまく電波をつかめば、つながる可能性があります。

自動接続を解除して事業者を「Rakuten」に指定する

ネットワークの自動接続がうまくいっていない可能性もあるので、接続しなおしましょう。

スマホでネットワークを選択する画面で自動接続を解除し、手動で「Rakuten」を選んで接続してみてください。

楽天モバイルに関するよくある質問

楽天モバイルに関するよくある質問をまとめてみました。

参考にしてみてください。

楽天モバイルの速度は速い?

楽天モバイルの速度は、まずまずの速度といえます。

スマホの回線速度投稿サイトの「みんなの回線速度※」によると平均ダウンロード速度は25.53Mbps出ています。

みんなの回線速度の2021年5月時点のデータより

他キャリアとの通信速度の比較結果については、記事内の「楽天エリア内ならデータ上限・速度制限なし」をご覧ください。

楽天回線にはちゃんとつながる?

データ量の上限が無制限になる楽天回線エリアは、現在東京、大阪、名古屋、札幌、福岡などの都市部に限られています

しかし、順次拡大中で、対応エリアは広がっています。

楽天モバイルの対応エリアについては、記事内の「楽天エリア内に生活圏がある人」もご覧ください。

楽天モバイルは本当にお得なの?

楽天モバイルは、楽天回線エリア内ならデータ無制限で月額料金は3,278円ととてもお得です。

しかも、1GBまでなら0円と、データをあまり使わない月があっても無駄に料金を支払わずにすみます。

月額料金についての詳細は、記事内の「月額料金は最低0円!」をご覧ください。

また、今なら新規契約で5,000ポイント、端末の同時購入で最大20,000ポイントの還元、3ヶ月間月額料金無料など、豊富なキャンペーンを実施中です。

キャンペーンについての詳細は、記事内の「楽天モバイルの最新キャンペーン」をご覧ください。

楽天モバイルでiPhoneは使える?

楽天モバイルでiPhoneは使えます。

楽天モバイル公式サイトの動作確認ページに載っている機種が使えます。

また、楽天モバイルでiPhoneを購入できるようにもなりました。

iPhone12シリーズやiPhoneSE(第二世代)などを購入できます。

さらに、新規契約時にiPhoneを同時購入でポイント還元を受けられるキャンペーンも実施中です。

キャンペーンについては、記事内の「iPhone発売記念最大20,000ポイント還元」もご覧ください。

まとめ

この記事では、楽天モバイルの評判、他キャリアとの比較、メリット・注意点、最新キャンペーン情報、申込方法などについてご説明しました。

楽天モバイルをおすすめできるのは以下のような人です。

  • 楽天回線エリア内に生活圏がある人
  • 毎月のデータ利用量が多い人
  • 料金の安さを重視する人

逆に、楽天回線エリア内にお住まいでない場合は、あまりおすすめはできません。

楽天モバイルのメリットには、以下のようなものがあります。

  • 楽天エリア内ならデータ上限・速度制限なし
  • 月額料金は最低0円!どんなに使っても上限3,278円
  • エリアが全国へ急速に拡大&5Gにも順次対応中
  • パートナー回線の速度制限も1Mbpsの中速を維持
  • テザリングや専用アプリ内での通話が無料
  • いつ解約しても違約金がかからない
  • 販売している端末の種類も豊富
  • 実質無料でスタートも可能
  • 海外でもそのまま使える

一方で次のような注意点もあるので、契約前にご確認ください。

  • 楽天回線につながらないエリアはまだ多い
  • 楽天回線以外では月5GBしか高速通信できない
  • 動作確認が取れていない端末も多い
  • 専用アプリを使わない通話は有料
  • 大手キャリアと比較するとサポート体制が不安
  • 大手スマホキャリアのメールアドレスは使えない

楽天モバイルが向いているのは、楽天回線エリアで使える人です。

エリア内なら、月額料金が3,278円で高速通信を無制限に使えるというのは、ほかのキャリアにはない大きなメリットです。

楽天回線エリアは順次拡大中なので、ぜひ乗り換えを検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました