ドコモ光は他社光回線と比較してお得?おすすめプロバイダ・お得な申し込み窓口も紹介!

ドコモ光 プロバイダ ドコモ光

ドコモ光を検討している人には、「プロバイダや窓口の選び方がわからない」といった方も少なくないでょう。

結論から言うと、ドコモ光は「ドコモスマホを利用している人」におすすめの回線で、もっともお得なプロバイダ・申込窓口は以下のとおりです。

  • プロバイダ:GMOとくとくBB
  • 申し込み窓口:ネットナビ

この記事は下記のような点でお悩みの方にはとても役立つ記事になってます。

  • ドコモ光のプロバイダの選び方がわからない。
  • 申込窓口が沢山ありすぎて、どこがお得になのかわからない。
  • そもそもドコモ光は他の回線よりお得なのか知りたい。

今回はドコモ光のプロバイダ・申込窓口をそれぞれ比較し、お得な選び方や注意点、また他の回線と比べて本当にお得なのかを解説していきます。

  1. ドコモ光はドコモユーザーにおすすめの光回線
  2. 【全24社比較】ドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ
    1. 月額料金が安いタイプAのプロバイダ
    2. v6プラス対応&実測値が速い
    3. Wi-Fiルーターを無料でレンタルできる
    4. オプションサービスが充実している
  3. 【10社比較】ドコモ光の申し込み窓口は「ネットナビ」が1番お得
    1. 【ネットナビ】最大20,000円の現金キャッシュバックがもらえる
    2. 【ネットナビ】開通までポケット型WiFiを無料でレンタルできる
    3. 【公式】最大2,000ptのdポイントが還元される
    4. 【公式】ドコモスマホの月額料金が最大1,100円割引される
  4. ドコモ光の申し込みから開通までの手順
    1. 新規申し込みの場合
    2. 転用・事業者変更の場合
  5. ドコモ光のプロバイダを変更する方法
    1. ➀プロバイダ変更の申し込みをする
    2. ➁プロバイダが自動で切り替わる
  6. スマホキャリアで選ぶ!ドコモ光以外のおすすめ光回線4社
    1. ドコモ光は他社よりお得?光回線10社を徹底比較
    2. auユーザーなら「auひかり」がおすすめ
    3. auひかりがエリア外なら「So-net 光 プラス」がおすすめ
    4. ソフトバンクユーザーなら「NURO光」がおすすめ
    5. NURO光がエリア外なら「ソフトバンク光」がおすすめ
    6. 格安スマホユーザーなら「NURO光」「auひかり」「So-net 光 プラス」の順でおすすめ
  7. まとめ

ドコモ光はドコモユーザーにおすすめの光回線

ドコモ光は「ドコモのスマホを利用している人」にもっともおすすめの光回線です。

まずはドコモ光の概要についてまとめました。

【ドコモ光の概要】
戸建て マンション
エリア 全国
セット割 ドコモ光セット割
平均速度 下り速度:253.34Mbps
上り速度:194.1Mbps
事務手数料 3,300円
工事費用 0円
月額料金 5,720円
光電話月額:550円
4,400円
光電話月額:550円
キャッシュバック金額 20,000円
2,000dポイント
20,000円
2,000dポイント
2年間の実質料金 133,780円 102,100円
2年間の実質月額 3,574円 4,254円
※価格は税込
※キャッシュバックはネットナビ申し込みの場合

ドコモ光がドコモユーザーにおすすめである理由は、ドコモスマホとのセット割である「ドコモ光セット割」が適用できるためです。

ドコモ光セット割では、セット対象となるスマホの月額料金に最大1,000円の割引がされます。

家族を含めて最大20回線まで適用されるため、通信費全体の大きな節約にもなります。

ドコモ以外のキャリアでスマホを利用している人は、そのスマホとのセット割が使える光回線を選んだほうがお得です。

※ドコモのスマホ以外をお持ちの方はこちら

【全24社比較】ドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ

ドコモ光には全部で24社のプロバイダの選択肢があり、これらの選択によって料金や通信速度、サービス・キャンペーンの内容が異なります。

そのため、ドコモ光で申し込む場合はプロバイダをどこにするかも吟味して選択しなくてはなりません。

先述したように、ドコモ光には全24社のプロバイダの中で、もっともおすすめなのは「GMOとくとくBB」です。

ドコモ光はプロバイダによって料金や速度、サービス・キャンペーン内容が異なるため、これらに注目して比較をしてみましょう。

【ドコモ光プロバイダ比較】
料金タイプ プロバイダ v6プラス対応 WiFi無料レンタル 無料セキュリティソフト 設定サポート
A GMOとくとくBB 12ヶ月間無料 初回無料
DTI 12ヶ月間無料
@nifty 12ヶ月間無料
ぷらら 24ヶ月間無料 初回無料
ドコモnet × 12ヶ月間無料
andline 12ヶ月間無料 初回無料
BIGLOBE 12ヶ月間無料 初回無料
SIS 契約期間中無料 初回無料
ho×ho 12ヶ月間無料 初回無料
ic×net 36ヶ月間無料 2回目まで無料
Tiger×net 契約期間中無料 初回無料
エディオンネット × 初回無料
シナプス × 12ヶ月間無料 初回無料
BB.excite × 36ヶ月間無料
楽天ブロードバンド × 12ヶ月間無料
TikiTiki ×
@ネスク ×
01光コアラ ×
B OCN 12ヶ月間無料 無料
@TCOM × 12ヶ月間無料
TNC × 12ヶ月間無料
ちゃんぷるネット 12ヶ月間無料
Asahi Net × 12ヶ月間無料
WAKWAK ×

GMOとくとくBBがもっともおすすめである理由は以下のメリットをすべて備えているからです。

他のプロバイダと比べて料金・速度・サービスすべてを高い水準で提供しています。

月額料金が安いタイプAのプロバイダ

ドコモ光には5つの料金タイプがあり、プロバイダの選択によってその料金タイプが変わるのですが、GMOとくとくBBは月額料金が安い「タイプA」のプロバイダです。

同額の料金タイプに「タイプC」もあるのですが、タイプCはケーブルテレビ回線を利用しているため、通信速度や提供エリアの範囲の面でタイプAよりも劣っています。

【タイプ別料金比較】
戸建て マンション
タイプA 5,720円 4,400円
タイプB 5,940円 4,620円
タイプC 5,720円 4,400円
※価格は税込

v6プラス対応&実測値が速い

GMOとくとくBBは通信速度が向上・安定する「v6プラス」という機能に対応しています。

また、プロバイダ別の速度ランキングでは常に上位をキープしており、通信速度も安心です。

【ドコモ光プロバイダ別速度ランキング(TOP3)】
順位 プロバイダ名 平均Ping値 下り平均速度 上り平均速度
1位 ASAHIネット 17.33ms 317.01Mbps 197.67Mbps
2位 GMOとくとくBB 23.28ms 298.66Mbps 215.14Mbps
3位 ドコモnet 19.06ms 269.77Mbps 227.59Mbps

Wi-Fiルーターを無料でレンタルできる

GMOとくとくBBのキャンペーンのひとつに「v6プラス対応Wi-Fiルーターの無料でレンタル」があります。

先述のv6プラスを利用するためには本来自身で対応WiFiルーターを用意する必要があるのですが、GMOとくとくBBであればルーターの購入費用もかかりません

オプションサービスが充実している

GMOとくとくBBには他にも以下のようなオプションサービスがあります。

GMOとくとくBBその他無料オプション
  • セキュリティソフト12ヶ月無料
  • 訪問サポート12ヶ月間初回無料

セキュリティソフト無料により初期にかかる費用を抑えられるほか、訪問サポートの初回無料は機器の操作に不慣れな人でも初期設定を任せられるので安心です。

【10社比較】ドコモ光の申し込み窓口は「ネットナビ」が1番お得

ドコモ光の申し込みは複数の代理店やプロバイダから行えますが、もっとおすすめであるのは代理店の「ネットナビ」からです。

ドコモ光の公式キャンペーンはどこからの申し込みでも適用されるため、申し込み窓口の比較は独自のキャンペーン内容や受け取りやすさに注目して行います。

【ドコモ光申し込み窓口比較】
実質月額料金 キャッシュバック オプション 受取時期 申請方法
戸建て マンション
ネットナビ 5,574円 4,254円 20,000円 最短翌月末 書類郵送で申請
GMOとくとくBB 5,574円 4,254円 20,000円 5ヶ月後 メールで申請
@nifty 5,658円 4,338円 18,000円 12ヶ月後 メールで申請
ぷらら 5,783円 4,463円 15,000円 不要 5ヶ月後 メールで申請
DTI 6,408円 5,088円 0円
ドコモnet 6,408円 5,088円円 0円
andline 6,628円 5,308円 0円
BIGLOBE 6,628円 5,308円 0円
SIS 6,628円 5,308円 0円
ho-ho 6,628円 5,308円 0円
ic-net 6,628円 5,308円 0円
Tiger-net 6,628円 5,308円 0円
エディオンネット 6,628円 5,308円 0円
シナプス 6,628円 5,308円 0円
BB.excite 6,628円 5,308円 0円
楽天ブロードバンド 6,628円 5,308円 0円
TikiTiki 6,408円 5,088円 0円
@ネスク 6,628円 5,308円 0円
01光コアラ 6,628円 5,308円 0円
※価格は税込

ネットナビは他の申し込み窓口を比べて以下のすべてのキャンペーンが適用されるため、もっともおすすめだと言えます。

【ネットナビ】最大20,000円の現金キャッシュバックがもらえる

ドコモ光 ネットナビ

ネットナビには最大20,000円の独自キャッシュバックキャンペーンがあります。

このキャッシュバックは、新規申し込みだけでなく、転用や事業者変更での申し込みでも対象になること、受け取りまでが最短翌月とすぐであることが他社との違いです。

ただし、このキャッシュバックは同時加入するオプションの内容によって金額が変わっていくことに注意が必要です。

【キャッシュバック条件】
キャッシュバック金額 条件
20,000円 ひかりTV for docomo + DAZN for docomoの契約
18,000円 ひかりTV for docomoの契約
17,000円 DAZN for docomoの契約
15,000円 なし

また、キャッシュバックの受け取りには、いくつかの手順があります。

キャッシュバック受け取り手順

①ネットナビでの申し込み後、以下の3点の情報がメールで届く

  • お客様ID
  • キャッシュバックの申請手続き用サイトのURL
  • キャッシュバック申請書ダウンロード用サイトのURL

②キャッシュバックの申請手続き用サイトにアクセスし、お客様ID・キャッシュバック受け取り用口座情報を入力

③キャッシュバック申請書ダウンロード用サイトからキャッシュバック申請書をダウンロードし印刷・必要事項の記入・捺印

④工事完了翌月末日までに工事完了証明書もしくはドコモ光開通後に届く契約申込書とキャッシュバック申込書を指定の住所に郵送

【ネットナビ】開通までポケット型WiFiを無料でレンタルできる

ドコモ光 ネットナビ

ネットナビが提供するもうひとつの独自キャンペーンが、ドコモ光開通までの「ポケット型WiFi無料レンタル」です。

ドコモ光に限らず、光回線は申し込みから開通までに2週間から1ヶ月、申し込みに時期によってはそれよりも長くかかることがあります。

開通までに時間がかかる場合でも、ポケット型WiFiレンタルすることでネット環境のない期間を最小限にすることが可能です。

ただし、このキャンペーンにもいくつかの注意点があります。

ポケット型WiFiを無料レンタルの注意点
  • エリアによってはレンタルできない
  • 開通後、1週間以内にレンタル機器を返却する
  • 開通の有無にかかわらず6ヶ月以内に返却する

返却が遅れてしまった場合は19,000円の違約金が発生してしまうため、返却タイミングは必ず守りましょう。

【公式】最大2,000ptのdポイントが還元される

公式のキャンペーンである最大2,000ptのdポイント還元は、代理店のネットナビからの申し込みでも受け取りできます。

1pt = 1円、つまり2,000円分利用でき、受け取り用の別途申請も不要です。

受け取りのための条件は以下のとおりとなっており、事前の準備が必要です。

dポイントの受け取り条件
  • ドコモ光(2年定期契約)での申し込みである
  • 申し込み月を含む7ヶ月以内に開通し、利用を開始する
  • ドコモ光の利用開始時点で契約者がdポイントクラブに登録している

【公式】ドコモスマホの月額料金が最大1,100円割引される

セット割

ドコモ光とドコモスマホ両方の契約があれば、「ドコモ光セット割」でドコモスマホの月額料金の割引を受けられます。

ドコモ光セット割での割引額は1回線あたり月額最大1,100円

家族のスマホもドコモであれば、同居・別居に関係なく最大20回線まで同様の割引が受けられます。

【ドコモ光セット割】
プラン名 割引額
5Gギガホ/ギガホ 1,100円
5Gギガライト/ギガライト ステップ4(~7GB) 1,100円
ステップ3(~5GB) 1,100円
ステップ2(~3GB) 550円
ステップ1(~1GB)
※価格は税込

ドコモ光の申し込みから開通までの手順

ここでは、ドコモ光の申し込みから開通までの手順について、おすすめの申し込み窓口である代理店「ネットナビ」を例に解説します。

ドコモ光の申し込みには、現在の契約状況で以下の2パターンにわかれます。

ドコモ光の申し込みのパターン

新規申し込みの場合

現在何もネット回線を契約していない、または「フレッツ光」「光コラボ」以外のネット回線を契約しているという場合は新規での申し込みです。

ドコモ光と今までの回線には関わりがないため、ドコモ光開通後は今までの回線の解約が必要です。

新規申し込みの手順
  1. 「ネットナビ」から申し込みをする
  2. 工事日を決める
  3. 開通工事後、利用を開始する

➀「ネットナビ」から申し込みをする

代理店「ネットナビ」から申し込みを行います。

ネットナビのサイトからは申し込みの概要を入力・送信するまでであり、実際の本申し込みはその後かかってくるネットナビオペレーターとの電話で行います。

オペレーターから改めて料金や内容の説明があり、申し込み内容の確認があるため、プロバイダは「GMOとくとくBB」を指定しましょう。

また、WiFiルーターの無料レンタルや開通までのポケット型WiFi利用の希望も必要な場合はここで手続きします。

申し込み込み完了後、登録したメールアドレスにキャッシュバック申請についての案内メールが到着します。

メール記載のURLから受け取り用銀行口座の情報を入力し、その後表示される必要事項書類を印刷・郵送することで申請が完了します。

➁工事日を決める

申し込み完了後数日で、開通工事の担当から開通工事日を決めるための電話がかかってきます。

ここで工事日を設定するのですが、開通工事は原則立ち会いが必要となるため、在宅できる日時で工事日を指定しましょう。

ただし、申し込みの時期や工事担当のスケジュールの問題で希望どおりにいかない場合もあり得る点に注意が必要です。

➂開通工事後、利用を開始する

指定した日時に工事担当が訪問し、開通工事を行います。

開通工事自体にかかる時間は約1〜2時間です。

開通工事が完了した時点でドコモ光は開通となり、インターネットが利用できます。

キャッシュバックは開通した月の翌月末に指定口座に振り込まれます。

転用・事業者変更の場合

「フレッツ光」を契約中の人がドコモ光を契約する場合は「転用」、「光コラボ」を契約中の人がドコモ光を契約する場合は「事業者変更」での契約です。

今の回線契約をドコモ光に切り替える操作となるため、事前に現在の回線事業者から切り替え用の情報を取得しておく必要があります。

また、フレッツ光からの転用の場合、ドコモ光開通後は今までのプロバイダを解約しなくてはなりません。

転用・事業者変更での申し込み手順
  1. 転用承諾番号・事業者変更承諾番号を取得する
  2. 「ネットナビ」から申し込みをする
  3. 回線切り替え後、利用を開始する

➀転用承諾番号・事業者変更承諾番号を取得する

フレッツ光を利用中の人は、NTT西日本・東日本から「転用承諾番号」を、光コラボ回線を利用中の人は契約中の事業者から「事業者変更承諾番号」を取得します。

取得はそれぞれの事業者の電話窓口などから可能です。

承諾番号には有効期限があるため、取得後はすぐにドコモ光の申し込みを行いましょう。

➁「ネットナビ」から申し込みをする

代理店「ネットナビ」から申し込みをし、後ほどかかってくるネットナビのオペレーターからの電話で本申し込みを進めます。

このオペレーターに転用または事業者変更での申し込みであること、それぞれの承諾番号を確実に伝えましょう。

プロバイダはGMOとくとくBB、WWiFiルーターの無料レンタルや開通までのポケット型WiFi利用などの希望もオペレーターに伝えます。

申し込み込み完了後、登録したメールアドレスにキャッシュバック申請についての案内メールが到着します。

メール記載のURLから受け取り用銀行口座の情報を入力し、その後表示される必要事項書類を印刷・郵送することで申請が完了します。

➂回線切り替え後、利用を開始する

転用や事業者変更の場合、今の回線設備をそのまま利用するため開通工事は不要です。

自動的に回線がドコモ光に切り替わるため、立ち会いの必要もありません。

ドコモ光への切り替わりタイミングは申し込み完了後送付される書面やメールなどで通知されます。

ドコモ光が開通した月の翌月末にキャッシュバックが振り込まれます

ドコモ光のプロバイダを変更する方法

ドコモ光では、プロバイダのみを別のものに変更することが可能です。

プロバイダの切り替えは電話窓口で受け付けており、最短で10日後~翌月末日までの好きな日程を選び、その日に完了するように予約できます。

ただし、プロバイダの変更は変更前・変更後のプロバイダの料金タイプによって手数料の有無が変わってきます。

【プロバイダ変更手数料】
切り替えパターン 手数料
タイプA → タイプA タイプB → タイプB 3,300円
タイプA → タイプB タイプB → タイプA 3,300円
単独タイプ → タイプA・B 無料
タイプA・B → 単独タイプ 3,300円
※価格は税込

また、現在のプロバイダがどこであるかがわからないという場合は、以下の方法での確認が可能です。

現在のプロバイダの確認方法
  • ドコモインフォメーションセンターで確認する
  • 契約時の書類で確認する
  • My docomoで確認する

➀プロバイダ変更の申し込みをする

プロバイダの変更は、ドコモのインフォメーションセンターへの電話で手続き可能です。

【ドコモインフォメーションセンター】

  • ドコモの携帯電話から:151
  • 一般電話から:0120-800-000
  • 受付時間:9:00 〜 20:00

➁プロバイダが自動で切り替わる

手続きから数日で変更したプロバイダからの契約書類が到着します。

その後指定した日付に自動的にプロバイダが切り替わり、前のプロバイダとの契約も自動解消されます。

スマホキャリアで選ぶ!ドコモ光以外のおすすめ光回線4社

ドコモ光は「ドコモ光セット割」が適用できるドコモユーザーにおすすめの光回線であり、他社のキャリアでスマホを利用している人にとっては、あまりメリットがありません。

他社キャリアのスマホユーザーは、セット割が使える以下の組み合わせで検討することをおすすめします。

ドコモ光は他社よりお得?光回線10社を徹底比較

ドコモ光は他社の光回線と比較してお得であるのかを、かかる費用や通信速度などで比較してみました。

【光回線比較】
2年実質 契約事務手数料 工事費 スマホセット割 平均速度 提供エリア 契約期間
戸建て マンション
ドコモ光 5,574円 4,254円 3,300円 0円 ドコモ最大1,100円/回線 下り速度:253.34Mbps
上り速度:194.1Mbps
全国 2年間
auひかり 3,509円 2,193円 3,300円 0円 au最大1,100円/回線 下り速度:381.07Mbps
上り速度:287.34Mbps
一部エリア外あり 戸建て:3年間
マンション:2年間
So-net光プラス 3,653円 2,494円 3,300円 0円 au最大1,100円/回線 下り速度:299.52Mbps
上り速度:210.31Mbps
全国 3年間
NURO光 4,013円 2,396円 3,300円 0円 ソフトバンク最大1,100円/回線 下り速度:480.18Mbps
上り速度:417.95Mbps
一部エリア外あり 3年間
ソフトバンク光 5,966円 4,426円 3,300円 26,400円 ソフトバンク最大1,100円/回線 下り速度:305.57Mbps
上り速度:198.03Mbps
全国 2年間
BIGLOBE光 4,791円 3,691円 3,300円 0円 au最大1,100円/回線 下り速度:250.09Mbps
上り速度:194.53Mbps
全国 3年間
exicite光 5,392円 4,292円 0円 0円 なし 下り速度:163.11Mbps
上り速度:163.06Mbps
全国 なし
楽天ひかり 5,592円 4,354円 800円 19,800円 なし 下り速度:195.61Mbps
上り速度:171.66Mbps/td>
全国 3年間
フレッツ光 東日本
(プロバイダSo-net)
7,682円 5,619円 880円 19,800円 なし 下り速度:261.29Mbps
上り速度:195.61Mbps
全国 2年間
フレッツ光 西日本
(プロバイダSo-net)
7,242円 5,674円 880円 19,800円 なし 下り速度:261.29Mbps
上り速度:195.61Mbps
全国 2年間
※価格は税込

上記表からも読み取れるように、標準の金額だけで比較するとドコモ光は特別に安い光回線ではありません。

「ドコモ光セット割」によるスマホ料金割引があって初めてお得な光回線だと言えます。

auユーザーなら「auひかり」がおすすめ

「auひかり」はauスマホとのセット割である「auスマートバリュー」が使えるため、auユーザーにおすすめの光回線です。

auスマートバリューはauスマホ1台に対して最大1,000円の月額料金割引がされます。

家族も含めて最大10回線まで適用可能であり、大きな通信費の節約に繋がります。

また、独自回線での提供されているため、通信速度の速さや安定性についても定評があります。

ただし、auひかりは提供されているエリアが限定されているため、申し込みができない地域が多くあることに注意が必要です。

【auひかりの概要】
戸建て マンション
エリア 長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、沖縄県以外
セット割 auスマートバリュー
平均速度 下り速度:381.07Mbps
上り速度:287.34Mbps
事務手数料 3,3 00円
工事費用 41,250円(実質無料) 33,000円(実質無料)
月額料金 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円

光電話:550円
4,180円

光電話:550円
キャッシュバック金額 最大60,000円
2年間の実質料金 84,210円 52,640円
2年間の実質月額 3,509円 2,193円

※価格は税込
※キャッシュバックはフルコミット申し込みの場合

auひかりのおすすめ申し込み窓口は代理店の「フルコミット」です。

高額なキャッシュバックが簡単な手続きですぐに受け取れます。

フルコミットのおすすめポイント
  • 最大60,000円のキャッシュバック
  • キャッシュバックの受け取りが最短翌月
  • キャッシュバックに対して有料オプションの加入が不要

【フルコミットのおすすめポイント】

  • 最大60,000円のキャッシュバック
  • キャッシュバックの受け取りが最短翌月
  • キャッシュバックに対して有料オプションの加入が不要

auひかりがエリア外なら「So-net 光 プラス」がおすすめ

auひかりの提供エリア外にお住まいのauユーザーには、「So-net 光 プラス」がおすすめの光回線です。

auひかりと同様の「auスマートバリュー」が使え、auスマホの料金割引が適用できます。

また、光コラボ回線であるため、日本全国どこでも契約ができます。

【So-net 光 プラスの概要】
住居タイプ 戸建て マンション
エリア 全国
セット割 auスマートバリュー
平均速度 下り速度:299.52Mbps
上り速度:210.31Mbps
事務手数料 3,300円
工事費用 26,400円(実質無料)
月額料金 6,138円
光電話月額:550円
4,928円
光電話月額:550円
キャッシュバック金額 最大70,000円
2年間の実質料金 87,674円 59,844円
2年間の実質月額 3,653円 2,494円

※価格は税込

So-net 光 プラスの申し込みは「So-net公式」からがおすすめです。

最大70,000円のキャッシュバックがもらえ料金が安く、充実した無料オプションもあります。

So-net公式のおすすめポイント
  • 最大70,000円キャッシュバック
  • セキュリティソフト・WiFiルーターレンタルが無料

ソフトバンクユーザーなら「NURO光」がおすすめ

NURO光

ソフトバンクのスマホを利用している場合は、まず「NURO光」の導入を検討しましょう。

NURO光はソフトバンクスマホとのセット割である「おうち割 光セット」の対象となっており、ソフトバンクスマホの月額料金を1台あたり最大1,000円割引できます。

また、この割引は家族も含めて最大10回線まで対象です。

さらにNURO光は標準の通信速度が最大2Gbpsと普通の光回線の2倍となっているため、回線速度については最高レベルです。

ただし、提供エリアがごく一部であるため、まだ多くのエリアでは契約できない点に注意しましょう。

【NURO光の概要】
住居タイプ 戸建て マンション
エリア 北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、福岡県、佐賀県(一部エリアを除く)
セット割 おうち割 光セット
平均速度 下り速度:480.18Mbps
上り速度:417.95Mbps
事務手数料 3,300円
工事費用 44,000円(実質無料)
月額料金 5,200円
光電話月額:550円
2,090円〜2,750円
光電話月額:550円
キャッシュバック金額 最大40,000円
2年間の実質料金 96,300円 41,660円〜57,500円
2年間の実質月額 4,013円 1,736円〜2,396円

※価格は税込
※キャッシュバックは公式特設サイト申し込みの場合

NURO光のおすすめ申し込み窓口は「公式特設サイト」です。

特設サイトからであれば、複雑な条件なしで高額のキャッシュバックが受け取れます。

公式特設サイトのおすすめポイント
  • 45,000円のキャッシュバック
  • セキュリティ・WiFi機能が無料

NURO光がエリア外なら「ソフトバンク光」がおすすめ

NURO光を契約できない地域のソフトバンクユーザーは「ソフトバンク光」が次におすすめの光回線です。

ソフトバンク光はフレッツ光の回線を使った光コラボ回線であるため、NURO光の契約できないところでも申し込み可能です。

「おうち割 光セット」でソフトバンクスマホ、またはワイモバイルのスマホの月額料金割引が適用できます

【ソフトバンク光の概要】
戸建て マンション
エリア 全国
セット割 おうち割 光セット
平均速度 下り速度:305.57Mbps
上り速度:198.03Mbps
事務手数料 3,300円
工事費用 26,400円(乗り換えの場合実質無料)
月額料金 5,720円

光電話月額:550円
4,180円

光電話月額:550円
キャッシュバック金額 37,000円
2年間の実質料金 143,180円 106,220円
2年間の実質月額 5,966円 4,426円

※価格は税込
※キャッシュバックはNEXT申し込みの場合

おすすめの申し込み窓口は代理店の「NEXT」です。

高額の独自キャッシュバックと公式のキャンペーン、どちらももれなく受け取れます。

NEXTのおすすめポイント
  • 37,000円の独自キャッシュバック
  • キャッシュバックの受け取りが最短2ヶ月
  • キャッシュバックに有料オプションの加入が不要
  • 公式キャンペーン(他社乗り換えで工事費無料・違約金補填)が受けられる

格安スマホユーザーなら「NURO光」「auひかり」「So-net 光 プラス」の順でおすすめ

格安スマホを利用している場合、スマホとのセット割は除き、光回線のそもそもの料金の安さや通信速度を基準に選択したほうが良いでしょう。

格安スマホであると、セット割での割引額が低かったり、そもそもセット割自体がなかったりする場合も多いことがその理由です。

料金や通信速度を基準にした場合、おすすめの光回線は以下の順です。

【格安スマホユーザーにおすすめの光回線】

NURO光」→「auひかり」→「So-net 光 プラス」の順

NURO光とauひかりは契約できるエリアが限定されているため、契約できない場合に時点の光回線を検討すると良いでしょう。

まとめ

ドコモ光は「ドコモ光セット割」によるドコモスマホの月額料金割引が使えるため、「ドコモユーザーにもっともおすすめの光回線」であると言えます。

また、ドコモ光を契約する際はプロバイダと申し込み窓口を選択しますが、数ある選択肢の中でおすすめのものとその理由は以下のとおりです。

これらのプロバイダと申し込み窓口であれば、ドコモ光を安く・速い通信速度で利用することが可能です。

また、ドコモ以外のキャリアでスマホを契約している人は、以下の組み合わせでの光回線の契約がおすすめです。

まずは使っているスマホとのセット割が使えるかどうかを基準に光回線を選ぶといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました