プロバイダ&光回線の徹底比較!失敗しない選び方とおすすめ7社を公開

プロバイダ 比較 インターネット

プロバイダは光回線をインターネットに繋ぐために不可欠です。

とはいえ、「種類が多くてどれが良いのかわからない……」とお悩みの方もいるでしょう。

そこで本記事では、数多の光回線やプロバイダを比較してきた私がおすすめの7社を紹介します。

結論からお伝えすると、おすすめの光回線とプロバイダは、以下の通りです。

また、最適な光回線&プロバイダを選ぶためのチェックポイントは以下5つです。

おすすめの光回線7社を参考に5つのチェックポイントを当てはめるだけで、あなたにピッタリな光回線&プロバイダが契約できますよ!

*2021年10月時点の情報です。

最適な光回線&プロバイダを選ぶ5つのポイント!

インターネットを使うためには光回線とブロバイダを契約しますが、両者は別の役割をこなします。

光回線がユーザーが使える回線を提供し、プロバイダが回線とユーザーを繋ぐのです。

ただし、ほとんどの場合はどの光回線を選ぶかでプロバイダも決まります

光回線とプロバイダの別途契約よりも、光回線によってプロバイダが確定する一体型が主流だからです。

ということで、まずは最適な光回線を選ぶ5つのポイントを押さえてください。

最適な光回線を見極めることが、最適なプロバイダ選びにもつながります。

住んでいるエリアで使えるのか確認する

良さそうな光回線が見つかったとき、最初にすべきは提供エリアの確認です。

どんなに素晴らしい光回線&プロバイダでもお住いのエリアで使えなければ比較する価値はありません。

フレッツ光の設備を利用した光コラボは全国で使えますが、独自回線や電力会社系回線は使えるエリアが限られます。

【光回線の提供エリア比較表】

回線名 提供エリア
ドコモ光 全国
auひかり 戸建て…東海・関西・沖縄以外

マンション…全国

ビッグローブ光 全国
NURO光 北海道・関東・東海・関西・中国・九州
楽天ひかり 全国
enひかり 全国
コミュファ光 東海
eo光 関西
BBIQ光 九州
ピカラ光 四国
メガ・エッグ光 中国
J:COM NET 北海道・関東・関西・九州

対応エリアの情報は大まかなので、必ず公式ホームページから自分の住所で光回線を使えるのかを確認してください

実測値で通信速度を比較する

通信速度といえば「最大通信速度1Gbps」のような表記がほとんどです。

しかし、最大通信速度は理論値なので、実際に表記された通信速度が出るわけではありません

通信速度を比較する際は、Twitterやみんなのネット回線速度でわかる実測値が参考になります。

おすすめ7社の実測値をもとに出した平均通信速度を、以下の表にまとめました。

【おすすめ7回線の平均通信速度】

回線名 下り 上り
ドコモ光 254.58Mbps 198.02Mbps
auひかり 383.15Mbps 316.04Mbps
ビッグローブ光 256.75Mbps 201.91Mbps
NURO光 480.41Mbps 423.87Mbps
ソフトバンク光 303.55Mbps 201.23Mbps
楽天ひかり 189.74Mbps 174.7Mbps
enひかり 313.24Mbps 264.37Mbps

※通信速度の参考:みんなのネット回線速度

特に以下の理由で確実に高速通信がしたい方は、ぜひ実測値で比較してみてください。

高速通信が必要な例
  • オンラインゲームをしている
  • 4Kや8Kの動画を別の端末で同時に視聴したい
  • 仕事で重いデータのやりとりが多い

同じ回線なのに他のユーザーの実測値より大きく劣る場合、Wi-FiルーターやLANケーブルなど周辺機器を見直せば改善の余地があります

プロバイダ選びで実測値が変わる

実測値を上げるには、光回線だけでなくプロバイダ選びも重要です。

優秀なプロバイダを選べば、実測値のアップが期待できます。

ドコモ光とauひかりの平均通信速度を全プロバイダと最速プロバイダで比較しました。

【平均通信速度の比較(下り)】

全プロバイダ 最速プロバイダ
ドコモ光 254.58Mbps 306.51Mbps
auひかり 383.15Mbps 513.89Mbps

※通信速度の参考:みんなのネット回線速度

通信速度はauひかりの方が速いようです。ただ、ドコモ光も十分な実測値が出ているので、快適にインターネットを楽しめます。

また、安定した通信速度を求める方には、v6プラス(IPv6 IPoE + IPv4接続方式)対応のプロバイダがおすすめです。

自動で混雑しない道を選んで通信するので、時間帯問わずに通信速度が安定しますよ!

スマホセット割が使えるかチェックする

スマホとのセット割が使える光回線なら、通信費の大幅カットが可能です。

大手キャリアの対象プランをご利用の場合、月々最大1,100円の永年割引が適用されます※各大手キャリアが提供している格安プラン(ahamo、povo、LINEMO)は割引の対象外。

家族2人でセット割りを使えば年間26,400円もお得です!

大手3キャリアのセット割を以下の表にまとめました。

【セット割比較表】

キャリア セット割 内容 使える光回線 家族の適用
ドコモ ドコモ光セット割 月々最大1,100円の永年割引 ドコモ光
勝手に割り

(ahamo対象)

月々110円の永年割引 enひかり
au auスマートバリュー 月々最大1,100円の永年割引 auひかり

ビッグローブ光 など

auセット割

(1回線まで)

月々最大1,320円の永年割引 ビッグローブ光

DTI光 など

ソフトバンク (ワイモバイル) おうち割光セット 月々最大1,100円の永年割引 ソフトバンク光

NURO光

UQモバイル 自宅セット割 月々990円の永年割引 ビッグローブ光
勝手に割り 月々110円の永年割引 enひかり
BIGLOBEモバイル 月々220円の永年割引 ビッグローブ光
donedone ネットスマホ割 月々220円の永年割引

※税込料金

本記事でおすすめしているビッグローブ光enひかりは格安SIM対象のセット割も充実していますよ!

キャンペーンとキャッシュバックの適用条件は読み込む

光回線やプロバイダはそれぞれお得なキャンペーンを実施しています。

ただし、キャンペーン内容だけでなく適用条件にはキッチリ目を通してください

以下のような条件の影響で、お得な申し込み先は変わります。

注意すべきキャッシュバックの条件
  • 必須オプションの有無
  • キャッシュバックの申請・受け取り時期時
  • キャッシュバックの受け取り方法
  • 途中解約時のペナルティ

実際にドコモ光の窓口でキャンペーンの適用条件を比べました。

【ドコモ光の窓口比較】

窓口 キャッシュバック 必須オプション 受け取り時期
ネットナビ 20,000円 なし 翌月末
GMOとくとくBB 20,000円 ひかりTV for docomo(2年割)


DAZN for docomo

5カ月後
ぷらら 15,000円 なし 5カ月後
@nifty 20,000円 スカパー!

または
ひかりTV for docomo(2年割)

12カ月後

ドコモ光なら必須オプションがなく、受け取り時期が最も速い代理店ネットナビがおすすめです。

実質月額料金を比較してお得な回線を選ぶ

本当にお得な光回線を知りたいなら、実質月額料金を計算するのが大切です。

インターネットを使う際は、光回線の月額料金の他にも多くの出費があるからです。

実質料金を計算してみると、キャンペーンやセット割がどれほどお得なのか目に見えてわかります

実質月額料金の計算方法

契約期間内の費用総額−割引額÷契約月数

費用総額 割引額
・月額料金

・契約事務手数料
・工事費
・オプション料金

・スマホセット割
・キャッシュバック金額
・キャンペーンの割引額

自分が適用できるキャンペーンやセット割を考慮して計算しましょう。

他人が計算した実質料金も参考になりますが、条件の違いにより自分が契約した場合と大きく異なる可能性があります

【光回線&プロバイダの徹底比較】おすすめ7社はココだ!

今までさまざまな光回線やプロバイダを比較してきた結果、おすすめできるのは以下の7社でした。

それぞれの特徴を紹介します。

ドコモユーザーなら「ドコモ光」がお得かつ快適

画像引用:ネットナビ

ドコモ光はドコモ光セット割が使える唯一の回線です。

ギガライトとギガホプランの利用者は、スマホ料金が最大月々1,100円割引されます。

光回線とスマホの契約者が同じなら自動適用となり、手続きの手間もありません。

【ドコモ光の基本情報】

戸建て マンション
提供エリア 全国
プロバイダ 24社から選択
最大通信速度 1Gbps

(一部エリアで10Gbpsの提供あり)

契約期間 2年
月額料金 5,720円 4,400円
契約事務手数料 3,300円
工事費 19,800円

→実質無料

16,500円

→実質無料

セット割 ドコモ光セット割(最大20回線まで)
キャンペーン

(ネットナビ)

工事費無料+dポイント2,000ptプレゼント
最短で翌月振り込みの20,000円キャッシュバック
モバイルWi-Fiレンタル無料

※税込料金

そしてドコモ光のプロバイダの中で最もおすすめなのはGMOとくとくBBです。

料金・速度・利便性を総合的に評価して非常に優秀でした。

dポイントも貯まります。

ドコモ光のプロバイダ24社を徹底比較

ドコモ光のプロバイダは24社から選べます。

大きくタイプAとタイプBの2種類に分かれますが、基本的には200円ほど料金が安いタイプAがおすすめです。

タイプBはプロバイダの価格設定で料金が高いため、高いからと言って特別に性能が良いわけではありません。

速度や利便性は、以下の表で比較しました。

【ドコモ光のプロバイダ比較】

タイプ プロバイダ 平均速度

(下り)

v6プラス 無料レンタルルーター
A GMOとくとくBB 298.1Mbps
plala 255.32Mbps
@nifty 218.38Mbps
BIGLOBE 239.01Mbps
ドコモnet 277.25Mbps
DTI 216.2Mbps
BB.excite 224.75Mbps
エディオンネット 270.12Mbps
hi-ho 118.68Mbps
IC-NET 165.85Mbps
Tigers-net
andline 186.71Mbps
SYNAPSE 238.62Mbps
TikiTiki 180.34Mbps
ネスク 211.56Mbps
01光コアラ 297.48Mbps
SIS
楽天ブロードバンド 141.61Mbps
B OCN 255.5Mbps
@TCOM 250.19Mbps
AsahiNet 306.69Mbps
TNC 290.92Mbps
WAKWAK 131.69Mbps
ちゃんぷるネット

※通信速度の参考:みんなのネット回線速度

GMOとくとくBBの平均通信速度は全体で第2位、料金が安いタイプAの中では第1位です。

v6プラス対応ルーターが無料レンタルできるので買い替えの必要もなく、利便性も申し分ありません

ドコモ光×GMOとくとくBBをさらにお得に使いたい場合、ぜひネットナビからお申し込みください。

auユーザーにはスマホ割×キャンペーン充実の「auひかり」

画像引用:フルコミット

auユーザーにはauスマートバリューが適用できるauひかりがおすすめです。

スマホ+電話の契約で1回線あたり月々最大1,100円が永年で割引されます。

【auひかりの基本情報】

戸建て マンション
提供エリア 東海・関西・沖縄以外 全国
プロバイダ 8社から選択
最大通信速度 1Gbps

(一部エリアで5・10Gbpsの提供あり)

契約期間 3年 2年
月額料金 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
4,455円
契約事務手数料 3,300円
工事費 41,250円 33,000円
セット割 auスマートバリュー(最大10回線まで)
キャンペーン 工事費相当の割引
最大60,000円のキャッシュバック
乗り換えで最大55,000円の上乗せキャッシュバック

※税込料金

そして、auひかりの魅力は独自回線による通信速度の速さです。

光コラボ回線よりも混雑しにくく、他の大手回線と比べてもトップクラスの平均通信速度を誇ります。

【auひかりvsドコモ光&ソフトバンク光】

回線名 下り
auひかり 383.15Mbps
ドコモ光 254.58Mbps
ソフトバンク光 303.55Mbps

※通信速度の参考:みんなのネット回線速度

auひかりの中で最もおすすめするプロバイダはSo-netです!

auひかりはプロバイダ関係なく素晴らしい実測値なので、充実した無料オプションも評価しました。

環境によっては、平均以上の実測値が出るようです。

auひかりのプロバイダ7社を徹底比較

auひかりのプロバイダは8社ですが、代理店フルコミットから申し込める7社でプロバイダ比較します。

どのプロバイダも月額料金は同じです。

【auひかりのプロバイダ比較】

平均通信速度 無料期間 メール

(無料)

セキュリティ

(無料)

無料訪問サポート
So-net 406.35Mbps 1カ月 4アドレス

容量無制限

24カ月
BIGLOBE 368.5Mbps 1カ月 5アドレス

5Gまで

2カ月
au one net 392.59Mbps なし 5アドレス

5Gまで

2カ月
ASAHIネット 319.68Mbps 1カ月 6アドレス

容量無制限

@nifty 361.91Mbps 1カ月 1アドレス

5GB

3カ月
@TCOM 297.28Mbps 1カ月 1アドレス

容量無制限

DTI 559.18Mbps 1カ月 1アドレス

5GBまで

So-netの平均通信速度は第2位です。

安定しやすい独自回線で400Mbpsの平均通信速度はとっても快適です。

またSo-netは訪問サポートやセキュリティソフトなどの無料オプションの充実度も高いプロバイダです。

詳細の確認は、必須オプションなしで最短翌月に高額キャッシュバックが受け取れるフルコミットがおすすめです!

光回線だけでも50,000円、電話とセットなら60,000円のキャッシュバックが受け取れるフルコミットから申し込みをご検討ください。

auひかりがエリア外なら「ビッグローブ光」が最適

画像引用:NEXT

auひかりがエリア外ならビッグローブ光がピッタリです。

auひかりと同様にauのセット割が使えます。プロバイダはBIGLOBEの1種類のみなので、迷わずに済みます。

【ビッグローブ光の基本情報】

戸建て マンション
提供エリア 全国
プロバイダ BIGLOBE
最大通信速度 1Gbps
契約期間 3年
月額料金 5,478円 4,378円
契約事務手数料 3,300円
工事費 19,800円

→実質無料

16,500円

→実質無料

セット割 au・BIGLOBE・donedone・UQモバイル
キャンペーン 新規工事費実質無料
最大40,000円キャッシュバック
IPv6対応レンタルルーターが6ヶ月間無料

※税込料金

ビッグローブ光の特徴は、4社5種類のセット割が使えることです。

auはもちろん格安SIMユーザーにもおすすめできます。

環境にもよりますが、通信速度もしっかりと出ているようです。

【ビッグローブ光のセット割一覧】

スマホキャリア 割引名 内容
au auスマートバリュー スマホ料金から1回線ごとに月々1,100円割引
auセット割 ビッグローブ光の料金から月々1,320円割引
BIGLOBEモバイル ビッグローブ光の料金から月々220円割引
donedone ネットスマホ割 ビッグローブ光の料金から月々220円割引
UQモバイル 自宅セット割 スマホ料金から1回線ごとに月々990円割引

さらにビッグローブ光とBIGLOBEモバイルの同時契約なら、12カ月間ビッグローブ光の月額料金から3,300円割引されます。

BIGLOBEモバイルと同時契約の月額料金(12カ月間)
  • 戸建てタイプ…2,178円
  • マンションタイプ…1,078円

ビッグローブ光は何度でも引越しが無料な点も嬉しいですね!

最大44,000円キャッシュバックが受け取れる代理店NEXTからのお申し込みがお得です。

速度重視で比較するなら「NURO光」がおすすめ

画像引用:NURO光

NURO光は最大通信速度が2Gbpsという通信速度に優れた光回線です。プロバイダはSo-netのみです。

【NURO光の基本情報】

戸建て マンション
提供エリア 北海道・関東・東海・関西・中国・九州 設備導入済みの一部マンションのみ
プロバイダ So-net
最大通信速度 2Gbps

(一部エリアで10・20Gbpsの提供あり)

契約期間 3年
月額料金 5,200円 2,090~2,750円
契約事務手数料 3,300円
工事費 44,000円

→実質無料

44,000円

→実質無料

セット割 おうち割光セット(最大10回線まで)
キャンペーン 初期工事費が実質無料

45,000円キャッシュバックがもらえる
設定サポート1回無料

※税込料金

実測値も非常に優秀でラグや遅延なくオンラインゲームを快適に楽しめます

さらにNURO光は通信速度だけでなく、基本料金の安さも魅力的です!

【おすすめ7社の月額料金比較表】

戸建て マンション
NURO光 5,200円 2,090~2,750円
ドコモ光 5,720円 4,400円
auひかり 5,390〜5,610円 4,455円
ビッグローブ光 5,478円 4,378円
ソフトバンク光 5,720円 4,180円
楽天ひかり 5,280円 4,180円
enひかり 4,620円 3,520円
NURO光以外の平均 5,404円 4,185円

※税込料金

戸建てタイプは相場より200円ほど安い月額料金です。

マンションタイプは、上限が2,000円台と相場より1,000円以上も安い破格で使えますよ!

ただし、利用できるのはNURO光設備導入済みのマンションだけなので、それ以外は戸建てタイプと同じ契約内容です。

とはいえ、評価が高いNURO光は提供エリアを順次拡大中のため、今後もマンションタイプを使える人は増えるでしょう。

ニューロ光のエリア

画像引用:NURO光

お得な45,000円キャッシュバックがもらえる公式ページから、NURO光の詳細をチェックしてみてください。

NURO光が範囲外なら「ソフトバンク光」がお得

画像引用:NEXT

NURO光がエリア外ならソフトバンク光がおすすめです。プロバイダはYahoo!BBだけなので、迷わずに済みます。

【ソフトバンク光の基本情報】

戸建て マンション
提供エリア 全国
プロバイダ Yahoo!BB
最大通信速度 1Gbps

(一部エリアで10Gbpsの提供あり)

契約期間 2年
月額料金 5,720円 4,180円
契約事務手数料 3,300円
工事費 26,400円
セット割 おうち割光セット(最大10回線まで)
キャンペーン 37,000円キャッシュバック(選べる)

新規申し込みで2年目まで月額料金を1,100円割引
乗り換えで他社解約金と新規工事費を還元

※税込料金

ソフトバンクユーザーはおうち割光セットが適用でき、スマホ1回線ごとに最大月々1,100円が割引されます。

条件は3点セットで月々550円のオプション加入です。

おうち割光セットの必須オプション
  • 光電話
  • 光BBユニットレンタル
  • Wi-Fiマルチパック

さらにワイモバイルユーザーにも月々最大1,188円割引を適用されます。

格安SIMのセット割で1,000円超もの割引がある光回線は、珍しいです!

「ソフトバンク光にかえてよかった」という口コミも多数ありました。

また他社の解約費用を最大10万円まで還元してくれる乗り換えやすさもソフトバンク光のメリットです。

お得に契約したい方は、選べるキャンペーンがあるNEXTの窓口からどうぞ!

格安SIMへの乗り換えも考えるなら「楽天ひかり」

画像引用:楽天ひかり

格安SIMと光回線の同時乗り換えを考える方には楽天ひかりがおすすめです。プロバイダは楽天ブロードバンド一択です。

【楽天ひかりの基本情報】

戸建て マンション
提供エリア 全国
プロバイダ 楽天ブロードバンド
最大通信速度 1Gbps
契約期間 3年
月額料金 5,280円 4,180円
契約事務手数料 880円
工事費 19,800円 16,500円
セット割 なし
キャンペーン 楽天モバイルと同時契約で

楽天ひかりの月額料金が1年間無料&3カ月間スマホ料金が無料

※税込料金

周りの環境にもよりますが、夜でも通信速度は出ていますね。

楽天モバイルと楽天ひかりをセットで契約すると、以下2つの特典があります。

楽天ひかりの特典
  • 楽天ひかりの月額料金が1年間無料
  • 楽天モバイルのスマホ料金が3カ月間無料

楽天ひかりの月額料金割引は合計63,360円お得です。

楽天モバイルはデータ使用量によって0〜2,980円と料金の幅がありますが、使ったデータ量だけ支払えば良いので、通信費が安くなりやすいです。

そのため、楽天ひかりのキャンペーンは70,000円キャッシュバックと同じようなインパクトがあります

さらに、楽天ひかりと楽天モバイル契約で楽天ポイントの倍率が+2倍です。

楽天ひかりのポイント

画像引用:楽天ひかり

誰でも使いそうなサービスを楽天に変えるだけで、非常にお得なポイ活動なります。

プロバイダを決め兼ねたら縛りなし業界最安値「enひかり」

画像引用:enひかり

「結局どの光回線が自分に合っているのかわからなくて不安……」という方にはenひかりがおすすめです。プロバイダは運営会社の縁人の独自のもの1種類のみです。

【enひかりの基本情報】

戸建て マンション
提供エリア 全国
プロバイダ 緑人の独自プロバイダ
最大通信速度 1Gbps

(一部エリアで10Gbpsの提供あり)

契約期間 なし
月額料金 4,620円 3,520円
契約事務手数料 3,300円
工事費 16,500円
セット割 ahamo・UQモバイル
キャンペーン なし

※税込料金

enひかりの最大のメリットは永年続く業界最安水準の月額料金です。

キャンペーン関係なく月額料金が安いため、永久にコスパ良く使えます

ほとんどの光回線は以下の理由で実質料金が安くなるので、2〜3年使うと割高になるでしょう。

短期的にお得な割引内容
  • 高額キャッシュバック
  • 初期工事費相当の割引
  • 最初だけ月額料金割引

enひかりは契約期間の縛りがない点にも注目です!

このように通信業界をリードする良心的なサービスなので、フットワーク軽く乗り換えられます。

まさに契約期間に縛られたくない人にはおすすめの光回線です。

光回線&プロバイダ比較検討するなら知るべき4つの注意点

光回線&プロバイダを比較する前に以下4つの注意点を押さえてましょう。

それぞれ詳しく解説します。

注意点①:解約金がかかる

一般的な光回線には2〜3年の契約期間が定められています。

そのため2〜3年に一度の契約更新期間に解約しないと、解約金を支払わなければなりません

【解約金の比較】

回線名 解約金
戸建て マンション
ドコモ光 14,300円 8,800円
auひかり 16,500円 7,700円
ビッグローブ光 11,900円(不課税)
NURO光 10,450円
ソフトバンク光 10,450円
楽天ひかり 10,450円

また、工事費残債があれば同時に請求されるので注意してください。

注意点②:工事が必要

設備導入がないマンションで光回線を引くためには、工事が必要です。

事前に大家さんや管理会社の許可を取っておきましょう。

特に共用スペースの工事や壁に穴を開ける工事を勝手にするとトラブルの原因になります

ついでに撤去工事が必要かどうかも確認するのがおすすめです。

解約時に撤去工事をする場合、基本的に解約金とは別で撤去工事費を請求されます。

注意点③:開通までに時間がかかる

光回線は開通までに時間がかかります。

最短で2週間、長ければ1カ月以上かかることもあります

ネットを使えない期間をなくすには、新しい光回線の開通日を確認してから、今までの光回線を解約するのがおすすめです。

ドコモ光やソフトバンク光は、開通まで無料でポケットWi-Fiを貸してくれます。

注意点④:乗り換えで引き継ぎできないサービスもある

主に以下2つのサービスは乗り換え時に引き継げない可能性があります。

引き継げない可能性があるサービス
  • プロバイダのメール
  • 光電話の電話番号

プロバイダのメールアドレスやデータは解約時に削除されるので、大切な情報は別の場所に保管してください。

電話番号はフレッツ光や光コラボ同士なら引き継ぎが可能です。

独自回線の場合、乗り換え先に引き継ぎの可否を確認してください。

プロバイダ比較についてよくある質問

最後に4つのよくある質問に回答します。

それぞれ解説します。

プロバイダの違いは?

提供している会社が異なります

よって実測値や独自サービスの違いもあります。

プロバイダ比較で意識したいポイントは?

光回線やプロバイダを比較する際に意識すべきは、以下5つのポイントです。

プロバイダ選びのポイント
  • エリア
  • 通信速度
  • スマホ割
  • キャンペーン
  • 実質料金

詳しくは「最適な光回線&プロバイダを選ぶ5つのポイント!」を参考にしてください。

大手プロバイダがおすすめ?

実績ある大手プロバイダはおすすめです。

口コミや評判が見つかりやすく、事前にサービスの質を確かめられますよ!

さらに設備増強にも力を入れている会社が多いので、使用人数が多くても安定した通信が可能です。

プロバイダは乗り換えられる?

プロバイダのみの変更ができるかどうかは、契約する光回線によって異なります

本記事で紹介したプロバイダ選択型の光回線では、ドコモ光はプロバイダを簡単に乗り換えられますが、auひかりは乗り換えられません。

プロバイダ一体型の場合、光回線ごと乗り換える形になります。

まとめ

光回線とプロバイダは一体型の契約が主流なので、どの光回線を選ぶかでプロバイダが決まります

光回線を選ぶ際は以下5つのポイントに注目してください。

たくさんの光回線を比較した結果、以下の7社がおすすめです。

それぞれの特徴からお得な窓口までを紹介したので、ぜひ参考にしてみてください。

快適なインターネットをお得に利用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました